2018年4月、新しい女学院、はじまる。

人生を深く、濃く。広島女学院大学

学長メッセージ
女性の一生が、より深く濃くなるために。

院長・学長 湊 晶子

 広島女学院はキリスト教を基盤とした人格教育を130年間刻んできました。
めまぐるしく変動する時代の中で自分を見失わないためには、
「ぶれない個・人格・自己」を確立する必要があります。
時代に合った教育を強化するために「新しい広島女学院」が始まります。

 人生を一本の木に例えれば、
大学時代はしっかりと根を張るための土台をつくる時です。
土台となる「ゆるぎない自分」を形成できた人は、
女性の一生涯のどの時代にも困難を乗り越え、根を張り、
枝を伸ばし自らのライフキャリアを豊かに全うできるでしょう。

 二度と戻らない本学での4年間、ビジョンとパッションをもって
自分に合ったミッションを見つけましょう。一人ひとりの挑戦に期待しています。

ライフキャリアツリー

院長・学長 湊 晶子

1932年生まれ。東京女子大学卒業後フルブライト奨学生としてホイートン大学大学院(神学修士)、NHK教育テレビ英語会話中級講師、ハーバード大学客員研究員、東京基督教大学名誉教授、東京女子大学教授・学長を歴任。2014年より本学院長・学長。2008年ホイートン大学より名誉博士号授与。2010年瑞宝中綬章受章。2016年ペスタロッチー教育賞受賞。専門はキリスト教史、女性史。著書『女性を生きる』他。二男一女の母。

ライフキャリアツリー

ライフキャリアとは?

人生のあらゆるシーンで、
幸せをつかむために。

人生をつくる要素は、仕事だけではありません。
地域との関係、家族とのつながりなど、
生涯のあらゆる場面で、さまざまなイベントが訪れます。
これらのライフイベントの全てを「キャリア」ととらえ、
自ら切り拓く力を身につけていくことが「ライフキャリア」という考え方です。
特に女性の場合、結婚、出産、育児、親の介護など、
さまざまな家庭環境の変化が、人生に大きな影響を与えます。
出産や子育てを理由に退職した女性の中で、
また正社員として復帰しているのは、ほぼ4人に1人。
女性が豊かな人生を送るためには、仕事の内容だけではなく、
どのような人生を選択していくのかを考えることが大切です。

〈女性のライフイベント〉

  • 就職
  • 結婚
  • 妊娠・出産
  • 育児
  • キャリアアップ
  • 介護
  • シニアライフ
△PageTop