人文学部 国際英語学科 ニュース

海外研修アーカイブ

8月に2週間、ベトナムで環境問題や教育問題について学ぶGSEコースの海外研修、Global Village Field Experienceが実施されました。

GSEの学生たちはどんな冒険に遭遇し、何を学んだのでしょうか。引率したRobert Dormer先生が紹介します。

A.jpg

8人のGSE生が無事にベトナムでの研修を終え、新しい経験や考えを身につけて帰ってきました。Global Village Field Experienceはまず前期の授業でベトナムの国際化、持続可能な環境問題などの解決法、文化的な違いなどについて掘り下げ、特にクアンナム省について学習することから始まります。8月16日から17日にかけて、学生たちは関西空港へ向かい、さらに飛行機でフエへと飛び立ちました。写真からもわかるように、学生たちはとってもワクワクしています!

Although tired, 8 students have recently returned from Vietnam with a great deal of new ideas and experiences fresh in their minds. The Global Village Field Experience program began in the classroom, where we used Vietnam as an example to learn about key global issues such as globalization, sustainability, cultural differences, and start to build some in-depth knowledge of the specific contexts in and around Quang Nam province. On August 16th and 17th, the group set off first for Kansai Airport, and then by air to Hue. As you can see from the photos, the students were understandably excited.

D.jpg

ベトナムでもっとも古い首都の一つであるフエに到着すると、学生たちは初めての景色、音、匂いに驚いていました。親切で楽しいガイドであるフイさんのおかげで、私たちはなぜフエの歴史地区がユネスコの世界遺産に登録されているのかを学びました。その後、ポメロという果物の農家へ行き、どのように農業を行っているのか話を聞きました。

Arriving in Hue, one of the ancient capital cities of Vietnam, students were immediately struck by the many new and different sights, sounds, and smells. I'm personally very happy to report that a multitude of new and exciting tastes were a constant theme throughout the visit! Under the informed, kind, and always funny leadership of our guide Huy, we were able to understand why Hue's old district is a UNESCO World Heritage Site. Later on, we visited a traditional pomelo home, and spoke with the family about their largely self-sustaining vegetable farming.

E.jpg

次の日、多くの孤児たちを愛情あふれる家族へと送り出していることで高い評価を受けているドク・ソン・パゴダ孤児院へ行きました。学生たちは子供たちとそうめんを調理し、折り紙を折ることで日本文化の紹介をしました。パゴダの尼僧たちは子供たちと一緒にオーガニック食品を作り、それを売ることで利益を上げています。私たちもそこでおいしいヴィーガン(卵や乳製品も使わないベジタリアン料理)のランチをいただきました。広島女学院大学の学園祭、あやめ祭では学生がホットチョコレートを販売し、その売り上げをこの施設に寄付しています。施設の子供たちが作ったお香もあやめ祭で見ることができますよ。詳しい情報を知りたい人はぜひウェブサイトをのぞいてみてください。https://www.ducsonorphans.org/ 

The next day in Hue began with a visit to the Duc Son Pagoda orphanage, which is simply an amazing institution with a wonderful record of providing loving homes to many disadvantaged children. Our students were able to share Japanese culture by cooking somen and teaching children how to make some origami patterns. The nuns at the pagoda, along with the children, farm a lot of organic foods, and sell the surplus for a profit. We were able to join them for a healthy vegan lunch which was delicious. There will be a small fund-raising sale of hot chocolate at the school festival for this amazing organisation, and you can see some of the incense made by the children. If you want to know more you can visit their website at https://www.ducsonorphans.org/.

K.jpg

次に向かったのはもう一つの世界遺産ホイ・アンです。伝統的なベトナムの建物やフランス植民地時代の建物、中国や日本の建物が立ち並んでいるこの街を巡りました。次の日は池やマングローブに囲まれたカム・サムを訪れ、その地域の資源を活用した持続可能な地域発展計画であるAsset-based community developmentについて学びました。

Our next destination was Hoi An, which has an old town which is entirely listed as another World Heritage Site. We were taken on a tour throughout this pedestrianised city, which has ancient Vietnamese, French colonial, Chinese, and Japanese buildings (the Japanese bridge can be seen in the pictures below). The next day we visited the Camh Than community project based around the river basin and mangroves. This was a great opportunity for the students to learn about ABC development.

M.jpg

L.jpg

その後、私たちは現地の少数民族の暮らすチャム島へ移りました。保護されたサンゴ礁を眺めたり、シュノーケリングをすることで、学生たちは授業で学んだ環境保護の「持続可能性」(sustainability)を実生活の中で体験することができました。さらにそのコミュニティでホームステイし、持続可能な観光とはどんなものなのかを目の当たりにしました。

We then moved on to Cham island, home to one of the indigenous minority groups, by speedboat, which was quite exciting. Through viewing the Marine Protected Area, and even snorkelling around a protected coral reef, students could see in real life some of the concepts about sustainability we had been working with in class. We also stayed the night in community-based homestays, which are excellent examples of sustainable tourism, and had a long walk around the community the next day.

P.jpg

最後に私たちはダナンに滞在し、ソン・トラ半島の保護区でコミュニティがその地域を発展させるために行っている取り組みを学び、その活動がアカアシドゥクラングールという猿の保護に直結していることを知りました。さらに学生たちは現地の学生と一緒にさまざまな文化や自然を巡るグループワークに参加しました。次の日にはベトナムの学生たちと一緒にフォン・ナム村を訪れ、伝統的な生活やその価値について学びました。ベトナム最後の夜、私たちはベトナムの学生たちと一緒にディナーを食べ、ドラゴン・ブリッジから花火を見ました!次の日に私たちは日本に、広島に戻ってきました。どの学生も一生懸命に努力し、冒険し、学ぶことができました。

After returning to the mainland, we spent the remainder of our time in DaNang. First, we had a tour around the protected area of the Son Tra peninsular, where we learned how a small group had achieved an amazing amount of community cooperation, leading the government to change their practice of development in the area. The results were made very clear to the students when we viewed the Red Douc monkeys thriving in their natural habitat. The following day, students met and worked with groups of students from the local university, where they went on an exciting scavenger hunt which took them to many cultural and natural highlights. The next day, with their new friends, they had a guided tour of Phong Nam village, and ancient and traditional home, with the leader of the village showing us their way of life and values. In disbelief that our final evening in Vietnam had arrived, students from Japan and Vietnam had a final dinner, before heading to the Dragon Bridge to see the fireworks and fire breathing! The next day we returned to Japan, and finally, Hiroshima. Every participant deserves praise for their hard work, adventure, and determination.

S.jpg

  • LINEで送る

イギリスのマンチェスターで実施される国際教養学科の「海外英語教育インターンシップ」。(※2018年度開設される国際英語学科「海外研修Ⅱ」に引き継がれます。)

この研修では、1か月に渡りホームステイをしながら語学学校で英語を学び、現地の小・中学生に英語で日本語・日本文化を教える経験をします。

研修の様子を4回シリーズで紹介します。最終回は、小・中学校でのインターンシップのレポートです!

小・中学校でのインターンシップ

St Monica RC High Schoolにて

マンチェスター市内から北に位置する、St Monica RC High Schoolを3日間、訪問しました。

初日には、先生方の朝のミーティングに参加させていただきました。職員室には、先生方一人一人のデスクはなく、棚があるだけで、先生方が集まる談話室のような感じでした。

3日間とも授業観察をしました。国語や歴史、外国語の授業を見学しました。黒板ではなく、ホワイトボードで映像やスライドを用いて行う授業が一般的でした。どの授業にも、ペアワークやディスカッションが多いので、生徒たちは積極的でした。

St.Monica high school①.jpg

ワークショップの時間では、日本語を教えました。体を動かしながら日本語の挨拶を教えたり、日本の紹介をしながら簡単な表現を教えたりしました。

St.Monica high school②-r.jpg

St.Monica high school③.jpg

Navigation Primary Schoolにて

Navigation Primary Schoolという小学校を2日間訪問しました。元気の良いわんぱくな子どもたちがたくさんいました。

算数と国語の授業を見学しました。1クラスに複数の先生方が教えている授業もありました。

この学校では、日本語に加えて日本文化も教えました。福笑いや書道をしました。福笑いでは作った顔をまねし、書道では「日本」や「英国」など書いて、楽しく日本文化を体験していました。とても楽しんでくれたのですが、写真が撮影できなかったので、残念です。

Navigation primary school②.jpg

田中

この研修を終えて

事前に授業内で徹底した準備のおかげで無事研修を終えることができました!

このフィールドワークを通して、多くの異文化を直に経験しました。街に出かけるときやステイ先でのコミュニケーションなど、毎日が学びの時間でした。また、行動をする際には、自分自身で考えて判断しないといけないので、行動力を身につけることができたと思います。

現地の子どもたちに日本について教えることで、広島女学院大学での英語教育の学びをさらに頑張ろうとモチベーションが高まりました。

最後に、2人で力を合わせて、特に大きな問題もなく無事帰国できたことがなによりも嬉しいです。ありがとうございました。

中原 舞苗
田中 茉代

バックナンバー

研修③~エクスカーション~

  • LINEで送る

イギリスのマンチェスターで実施される国際教養学科の「海外英語教育インターンシップ」。(※2018年度開設される国際英語学科「海外研修Ⅱ」に引き継がれます。)

この研修では、1か月に渡りホームステイをしながら語学学校で英語を学び、現地の小・中学生に英語で日本語・日本文化を教える経験をします。

今年度の研修の様子を4回シリーズで紹介します。3回目は、エクスカーションの様子です。

周辺地域へのエクスカーション

ヨーク

イギリスに来て初めての遠出は、8月26日(土)のヨークのツアーに参加することでした。

移動時間にはヨークに関するクイズや、近くに座った人に日本の飴をあげて交流を始めました。車窓から見る広大な草原や牛・羊の群れに驚きました。

到着後、城壁を歩いたり歴史的な建物を見学し、自由時間にイギリスの伝統的な家庭料理「ヨークシャー・プティング」を食べました。

YORK集合.jpeg

ヨークシャープディング.jpeg

湖水地方

9月2・3日(土・日)は文学者達が愛したことで有名な湖水地方を訪れ、ピーターラビットに関係する場所を巡りました。ウィンダミア湖はとても穏やかで快適な所でした。その湖をフェリーカーで渡り、ビアトリクス・ポターが77歳で亡くなるまで住んでいた「ヒル・トップ(Hill Top)」を見学しました。

ウィンダミア.jpeg

挿絵のモデルになった場所も確認できるようにしてあり、物語の世界観に浸ることができました。

サムエルの話-r.jpg  サムエルの話絵本-r.jpg

2日目は、絵本のシーンがそのまま再現されている「ビアトリクス・ポターの世界」というアトラクションを体感できました。ミュージカルも運よく最終日で行われており、英語での劇を観ることができました。

ピーターと母.jpeg

エジンバラ

スコットランドの首都エジンバラには3泊4日滞在しました。ニュータウンにあるホテルに泊まりながら、オールドタウンを散策しました。エジンバラ城内にある建物に沢山入って歴史を学び、丘からの絶景を堪能しました。そこからの眺めは街の作りがよくわかり、谷を挟んで全く違うことがとても印象的でした。その後、伝統芸能やマーケットを覗いて、ホリールード宮殿の見学もしました。

エジンバラ音楽.jpeg

スコット・モニュメントから街を望む。

エジンバラ.JPG

また、ウィスキーで有名なレストランで羊の内臓の肉を使った伝統食である「ハギス」を味わいました。

ハギス.jpeg

リバプール

マンチェスターから電車で50分のところに位置する港湾都市、リバプールを訪れました。
ここでは、リバプール大聖堂、チャイナタウン、リバプール博物館、ワールドミュージアムに行きました。

リバプール大聖堂は、写真1枚に収めることが難しいくらいとても大きかったです。

リバプール大聖堂.jpg

リバプールはビートルズの出身地としても有名なので、リバプール博物館には展示コーナーもありました。

港湾都市というだけあって、広大な湾が広がっていました。

リバプール.jpg

チェスター

イギリス中世都市、チェスターにも行きました。チェスターでは、チェスター大聖堂、城壁、時計塔を訪れました。

チェスターは歴史を感じる落ち着いた街です。白壁に黒木枠の特徴ある建物が並んでいます。この繋がった建物の2階に歩道があり、歩くこともできました。大道芸をする人も多く、至るところで盛り上がっていました。

チェスター時計台.jpg

大きな通りの中心には、立派な時計塔もあり圧倒されました。街を取り囲む長く続いた城壁も歩きました。

ロンドン

イギリス滞在中最後に、ロンドンを訪ねました。バッキンガム宮殿、ナショナルギャラリー、トラファルガースクエア、コヴェントガーデン、ハイドパーク、大英図書館、パディントン駅、大英博物館、キングスクロス駅、タワーブリッジ、ロンドン塔、ロンドンアイ、ビックベン・・・など、滞在期間は短かったですが、多くの観光名所をめぐりました。

やはり世界でも人気の観光都市ということで、多くの観光客であふれていました。バッキンガム宮殿では、かの有名な衛兵交代式を見ました。大英図書館では、実物のマグナカルタ、大英博物館では、ロゼッタストーン、エルギンの大理石を見ることができました。なかなか見ることができないものに触れ、よかったです。キングスクロス駅では、ハリーポッターで有名な9 3/4のホームも訪れました。世界遺産のビックベン、時計塔も見に行きました。大きな観覧車のロンドンアイとともにライトアップされていてきれいでした。

衛兵交代式.jpg

バッキンガム宮殿.jpg

大英博物館.jpg

まだまだ訪れたいところはありましたが、街ごとにその成り立ち、歴史、文化の違いを感じることができ、一つ一つ価値のある場所を訪れることができ、とても満足です!

中原

最終回は、学校でのインターンシップの様子を紹介します。

バックナンバー

研修レポート②~語学学校~

次の記事

研修レポート④~小・中学校でのインターンシップ~

  • LINEで送る