人文学部 国際英語学科 ニュース

人文学部国際英語学科では1年生の5月と1月に学内でTOEICテストを全員が受験します。

大学に入って間もない頃の5月にはTOEICを受けることも初めてで、緊張や不安でうまく解答できないこともあります。けれど、約一年、大学でさまざまな英語の授業を受け、さらに授業外でも問題集を解いたり、ネイティブの先生たちと交流を深めていくうちに、1月の試験で驚くほど成績を伸ばすことができます。今回はTOEIC試験で大きく成長した2年生のインタビューを通じて、TOEICのスコアアップのコツを紹介します。

IMG_0827.JPG
伊藤愛未(英語文化コース)

TOEICスコアは自分のスキルアップと、将来の就職活動に役立つため、必要だと思います。5月に初めてTOEICを受けた時と比べ、半年後の1月に受けた際には175点もスコアを伸ばすことができました。勉強方法としては参考書や単語帳を買い、問題を解いたり、単語を覚えたりしました。特に単語を覚える際、例文を覚えるようにすると効果がありました。地道にコツコツと勉強することが大事だと思うので、毎日少しずつ解いたり、一度解いた問題をもう一度解き直すことがスコアアップへの道だと思います。将来の目標はTOEICで600点以上取り、英検2級に合格することです。

IMG_0830.JPG
小西菜奈(英語文化コース)

TOEICの受験は自分の英語力を自分で見直すために重要だと思います。最初5月に受験した時は190点でしたが、1月に再度受験した時には455点を取ることができ、結果、265点もアップしました。1年生の後期から行われるCSP(キャリア・スタディ・プログラム)の授業内で、その週に解いてきたTOEICの問題集を毎回先生が確認し、アドバイスをくれるのでやる気になれました。自分もまだまだですが、続けていくことに意味があると実感できました。継続は力なりなので、あきらめずに頑張りましょう。将来は世界中いろいろな国を自分の英語を使って旅をしたり、現地の人と交流したいと思っています。

IMG_0832.JPG
讃井美帆(英語文化コース)

1年生の5月にTOEICを受けた時は415点でしたが、半年後の1月には580点を取ることができ、165点アップしました。TOEICスコアは就職活動に役立つため、重要だと覆います。また、自分の今の実力をはかることが出来る点でも大事です。参考書の問題を何度も解いて、気になったところは忘れた頃に見るという風に勉強しました。1番効果があったことは大学の授業だと思います。外国人の先生の言葉を聞いていくうちにどんどんリスニングの力がついたと思います。ですので、授業はしっかり聞いてください。絶対にリスニングは伸びます。そして、2回やっても間違う問題があるかもしれないので、参考書を少なくとも2回は解いてみてください。今後の目標はTOEIC800以上を3年生中にとるということ、英検準一級までをとることです。

13464.jpg
Mao Sugeta (GSE)

When I entered this college, my TOEIC score was about 430, and in the test I took this spring, I scored 635 points. Nowadays, many people take the TOEIC test, because it is used as evidence of English ability in many job applications, education institutions, and other places besides. This is very important. However, improving English skill through studying for TOEIC is more important than the score. At first, I bought textbooks for TOEIC. One is a strategy guidebook which is named "TOEICL&Rテストこれ一冊で600点は取れる". I mastered tips and points, and I studied using another textbook which official sample quizzes are written. Also, I memorized many words, and I listened to the podcast and NHK RADIO JAPAN for listening. At first, I'm not good at listening, so, I couldn't listen to the radio all. However, I was able to get used gradually. I think that having high motivation to topic is very important and as mentioned above, we can improve various English skill such as listening and reading by studying english for TOEIC. My personal targets for the future is to get 770 in toeic, also, I want to be able to use English fluently in daily life by making use of toeic study.

Kaho Eguchi 980.jpg
Kaho Eguchi (GSE)

I took the TOEIC test for the first time in May 2018, when I scored 975. I was a little surprised because I hadn't expected to get a high score. I took the test again recently and got 980, and I was quite pleased about that. Now, I have been learning English at home for a long time, and I studied abroad in the United States when i was in High School, so I think this contributed to my score, but also I think there are some general strategies that work for test takers targeting all levels. One tip is to try and stay calm throughout the test. This is easier said than done, but even if you miss something, especially when listening, just stay focused on the next question and don't panic. Also, this may sound obvious, but make sure to get a good night of sleep in before the test, and arrive early so that you are not rushing. Try to read through the answer options while you are listening, and especially eliminate any answers that are obviously wrong. Good luck and I wish you all the best with your tests!

14579.jpg
Yui Yamada (GSE)

My previous TOEIC score was 480, from when I took the test in April/May 2018. My current best TOEIC score is 645, from when I took the test in March 2019. I don't think the score is the most important thing. I think that developing my communicative English for research, study, speaking and learning with others and for my future job is the primary goal. However, GSE students have to get a specific target score each year. For this reason, I work towards improving my score and meeting my targets. .I studied the listening part through Post-cat and "世界一わかりやすいTOEICテストの授業" (textbook). Also, I use two books, "金のフレーズ" and "文法 特急" to study for the reading part. I think you have to find a way to study that you can stick to in the medium and long term. In my personal experience, I don't like to read a long explanation, so I used three textbooks which have short explanations. I have two targets now. First, is to get 700 in TOEIC, and second is to get 650 in TOEFL. I will work hard to reach my targets. If you have any tips or suggestions, I would be happy to hear them, too!

  • LINEで送る

4月27・28日の2日間グリーンピアせとうちでオリエンテーションキャンプを実施しました。

オリエンテーションキャンプとは、1年生が交流を深めるためのものです。上級生のオリキャンリーダーが外レク、あやめレク、先生レクといった、さまざまなレクリエーションを準備し、運営します。

IMG_1545.jpeg

最初はグリーンピアへの道中、バスレクを行いました。バスレクでは自己紹介から始まり、校歌や賛美歌を歌いました。そしてミニゲームの国あてゲームをしました。景品をめざし、がんばりました。

グリーンピアに到着してから最初に行ったのは外レクです。外レクでは、風船を様々な方法で運んだり、カルタをしたり、ヤクシーというダンスをリーダーと一緒に踊り、運動を通して、より多くの人と交流を深めました。

image.png

あやめレクは、ジェスチャーゲーム、方言当てゲーム、豆うつしゲームなどたくさんのゲームを回って、得点を稼ぎます。時間内にできるだけ多くを回り、高得点を目指すのは大変ですが、先生と1年生が協力しました。

IMG_1767.jpeg

お腹もぺこぺこになったところで、バーベキュータイムです。
新しい友達、先生方と一緒にテーブルを囲み、美味しいお肉や、魚、野菜などいっぱい食べて、皆さん楽しそうでした。

IMG_1765.jpg

先生レクは、これから4年間お世話になる先生方についてもっと知ろう、というレクリエーションです。先生に質問をして、クイズに答えます。二つ目のゲームでは、パズルを組み立てて、その国の有名な建物と、国名を答えます。先生の趣味や好きな映画など、先生のことをより知ることができました。

image3.png

オリキャンを通して先生、先輩と1年生が交流でき、とても良い経験になりました。

オリキャンリーダーとしてこの一年間さまざまなレクなどを考え、本番でも成功することができ、オリキャンリーダーになって良かったと思いました。

そして一番に、不安がいっぱいある1年生に楽しんでもらい、たくさんの友達も作って、これからの大学生活を楽しみに思ってもらえればと願っています。

IMG_1571.jpeg

オリキャンリーダー 国際英語学科2年 梶谷亜美、平沢成奈

  • LINEで送る

前回に引き続き、国際英語学科の新しい海外研修である「海外研修事前指導」の研修の模様をお伝えします。

カリフォルニア州での2週間の短期留学の後半では、カリフォルニア州立大学サン・マルコス校での授業に加え、近隣のミラ・コスタ・カレッジでの日本文化紹介プレゼンテーションと日本文化体験コーナーを実施しました。日本文化体験では折り鶴を折ったり、英語の名前を漢字に置き換えて和紙に筆ペンで書き、オリジナル・ブックマーカーを作ったりしました。

IMG_0468.JPG

ミラ・コスタ・カレッジでは語学、経済、芸術などさまざまな分野の勉強をする学生が世界中から集まっています。国際英語学科の31名の学生たちは、このミラ・コスタ・カレッジで日本語を勉強しているアメリカ人学生と交流し、日本文化を楽しく、分かりやすく紹介するため、日本にいるときから準備を重ねてきました。

IMG_0455.JPG

日本文化紹介のプレゼンテーションでは、広島の地理、名産品、食文化、方言、そして原爆ドームや千羽鶴についてなどを英語で紹介しました。発表するのは、日本にいる間に行ったグループ別プレゼンテーションの発表会で、保護者、学生、そして教員からの投票により選ばれた上位グループ2組です。緊張しながらも、これまでの練習の成果を発揮し、とても明快で興味深い発表を行うことができました。厳島神社が縁結びの神様を祀っているという説明には、会場から驚きの声が上がり、広島の方言「ぶちええね」を紹介すると、会場のアメリカ人学生たちも一緒に「ぶちええね!」とリピートしてくれたため、とても活気のある雰囲気で発表を終えることができました。

All students (sea side) - コピー.JPG

課外活動としては放課後にオーシャン・サイドという海辺の地域へ行き、海に突き出した美しい埠頭を散歩し、さらにさまざまな食べ物や雑貨の屋台が並ぶサンセット・マーケットにも行きました。屋台ではアメリカ的なハンバーガーだけでなく、メキシコ料理、中東料理、中華料理、そして日本料理など、多国籍な食べ物が並び、アメリカの人種の多様さを実感させてくれます。

IMG_0600.JPG

最終授業では2週間のアメリカの中で気づいたこと、驚いたことなどをテーマとして日本とアメリカを比較し、グループでプレゼンテーションを行いました。

アメリカと日本の自動車の違い、売られている牛乳の違い、スターバックスの飲み物のサイズやお菓子の違いなど、アメリカに来なければ分からなかった発見について、興味深い発表が行われました。中にはアメリカと日本の家庭での会話やふるまいの違いをミュージカル・コメディ形式で発表し、大きな笑いと喝さいを浴びたグループもありました。発表の内容だけでなく、発表の見せ方も、日本にいる時とは違う、自由な発想や工夫が見られたことが印象的でした。

発表の後はフェアウェル・パーティーと修了式です。一人ひとり名前を呼ばれ、この2週間の研修の完了を証明する証書が手渡されました。みんな達成感のあるいい表情をしています!

All students (CSMSM).JPG

週末にはロサンゼルス旅行に行きました。残念ながら雨であったため、有名なハリウッドの看板を見ることはできませんでしたが、アカデミー賞の発表が先週行われたばかりの会場を見学し、ショッピングをしたり、ブロードウェイを歩いたり、数々の有名歌手、俳優の名前や手形が残された有名なチャイニーズ・シアターを見たりと、ハリウッド気分を満喫しました。

IMG_0825.JPG

帰国する日は、空港に向かうバスの前でホストファミリーたちと最後のお別れをしました。2週間、たくさんお世話になった家族との思い出がつのり、涙があふれてしまう学生も。"You're our family!" "You can come back anytime!"という言葉をかけてくれるホストファミリーもたくさんいました。食べ物の違い、生活スタイルの違いなど、さまざまな違いを感じながらも、それを受け入れたり、乗り越えたりしながら、楽しく有意義な留学体験ができたように思います。「もっとここにいたい。1年くらい留学したい!」と言う学生もいました。ぜひ、この体験をばねにして、広い世界に飛び出して行ってほしいと思います。

IMG_0822.JPG

バックナンバー

海外研修事前指導 in California(前編)

  • LINEで送る