国際教養学部 国際教養学科 ニュース

今年も夏に実施される国際教養学科の海外フィールドワークにむけての事前学習がはじまっています。

海外フィールドワークは、国際教養の必要性をまさに肌で感じることができる貴重な体験です。
昨年度のイギリス研修について担当教員のハーバート先生よりのレポートをご紹介します。

イギリスでの海外英語研修を終えて、9ヶ月がたちます。
イギリス人の私から見ると、学生のイギリス文化に対する気づきはとても面白いものでした。

古く美しいイギリスの街並み、雨ばかりの気候、食事が思ったより美味しく、とくにデザートは美味しかったこと、パブが社交の中心であること、色鮮やかで美しいイングリッシュガーデン、美術館が無料ですばらしいこと・・・イギリスに対してこのような印象を持つことは、いたって容易に想像がつくことです。


FW_British1.jpg

しかし、学生の気づきには新たな発見がありました。

有田瀬菜さんは、イギリス人がしょっちゅう「ありがとう」と言うことに気づきました。お客さんはどこでも店員に気さくに話しかけます。上田真菜さんは、イギリス人がとても親切だと言っていました。はたして「おもてなし文化」は日本のみの誇りで、イギリスに優るものなのか?と考えるようになりました。イギリス人がよく感謝を表すのを目の当たりにしました。

坪中南美さんと田中里奈さんは、イギリス人のユーモアセンスの高さに気づきました。彼女たちのホストファミリーはいつも冗談を言っていました。また、イギリスと日本のコミュニケーションスタイルの違いも知りました。イギリス人はすぐに自分の意見をいうし、ボディタッチで親密さを表します。

矢野瑞穂さんは、イギリス人の多くがアウトドアを楽しんでいると感じました。日本よりもっと歩いている人が多く、健康的なライフスタイルを過ごしている印象を持ちました。

FW_British2.jpg

参加した学生は、英語力向上のみならず、世界に心を開き視野が広がる、よい経験をしました。まさに「国際教養」を体感する研修でした。
今年の海外英語研修はアメリカで実施します。学生がどんな気づきを持ち、「国際教養」的な体験をしてくれるのか楽しみです。

John Herbert
2015年海外英語研修担当教員

  • LINEで送る

4月22日・23日に国際教養学科オリエンテーションキャンプが「グリンピアせとうち」で実施されました。

上級生オリキャンリーダーが主体となり、さまざまなゲームやフォークダンス、クイズなどを通じて、同級生や教員と交流がはかれるように企画しました。瀬戸内の海をのぞむ緑豊かなキャンプ場でのレクリエーションは、新入生の緊張をやわらげ、楽しい時間を共有することができました。

LA_ori_camp.jpg

オリキャンリーダーの一人、3年生の伊藤鈴奈さんのメッセージです。

レクリエーションを通じ、新入生がまだ話したことがない同級生と関わる機会や先生方との交流の場を作りました。オリエンテーションキャンプを通して、大学生活のスタートをより良いものにできるよう努めています。

LA_ori_camp2.jpg

新入生の皆さん、いかがでしたか?
これから始まる大学生活が実り多きものとなりますよう、国際教養学科の教員、先輩で、これからも応援していきます!

  • LINEで送る

3月20−23日に東京(早稲田大学)にて行われた日本地理学会春季学術大会において、国際教養学部第1期卒業生・吉岡咲紀さん(アジア・アフリカ研究メジャー)が研究発表を行いました。
吉岡さんは卒業論文で取り組んだ神石高原町豊松の営農団地に関する研究報告を行いました。
発表タイトルは「広島県神石高原町豊松地区における営農団地に関する一考察:入植者と地元農家の関係から見る産地維持要因」です。

これまでに吉岡さんは研究対象地である神石高原町に通い、地元農家のみなさんや自治体関係者の方々に聞き取り調査を行ってきました。
報告では、これまで批判的に捉えられてきた営農団地が種々の要因によって地域農業の担い手として機能している事例を明らかにしました。
会場は農業・農村地理学を専門とする研究者で溢れ、質疑応答もふくめて有意義なものとなりました。

sha1.jpg

地理学会は主として研究者や大学院生の研究発表の場であり、学部生の発表は多くはありません。
そのなかでも会場の雰囲気にのまれず、吉岡さんはこれまでの成果を堂々と発表しました。


sha2.jpg

吉岡さんは本学在学中、インドFWプログラムだけでなく、自らアフリカや南米のボランティア活動にも出かけるなどグローバルな視点で農村社会を見つめてきました。
最終的に卒業論文において、日本の農業・農村という彼女の関心に立ち返り、地域農業の担い手について独自の視点から調査を行ったことは、アジア・アフリカ研究メジャーの醍醐味を体現しているといえます。

最後に、神石高原町の農家の皆様、自治体関係者の皆様をはじめ吉岡さんの研究にご協力いただいた全ての方々に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

伊藤千尋(国際教養学部講師・アジア・アフリカ研究メジャー担当)

  • LINEで送る