人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

地域での活動

10月14日(土)に管理栄養学科1年生の3名が、小学生の子供たち約30名と稲刈りを行うボランティアに参加しました。

この活動は、水田の昆虫を守る田んぼ作りの取り組みとして、数年前から行っています。5月に植えた稲を今回収穫する予定でしたが、雨が降ってしまい刈ることはできませんでした。子ども達はとても楽しみにしていたので残念でしたが、一緒に植えた稲の成長を見学することができました。

IMG_9921.jpg

今年は、肥料として入れた牛糞の効果が強く、稲が普通より成長してしまい倒れてしまったことを農家の方から教わりました。またその稲を一株だけ刈り、生のお米を試食させてもらいました。初めて生のお米を食べ、自分たちで植えたものを収穫する嬉しさを感じることができました。

IMG_9631.jpgIMG_9642.jpg

また、蓮根の収穫も見ることができました。たった4つの苗から一面に蓮根がなることを教わり、自然という力の偉大さを肌で感じることができました。

昼食の準備は、台所担当の子供たちと一緒に行いました。子供たちは、人参やじゃがいもを切ったり、鍋に水を入れるなどの作業をしてくれました。また、りんごをうさぎの形に切る作業も積極的に参加し、真剣な様子で切ってくれました。

昼食後に行った食育クイズでは、子ども達が主体的に参加できるよう、出題者も子供たちに任せ、私達はサポートにまわりました。全員が○か×に移動して答える形式にしたので、動きがあり前回よりも楽しんでくれていたように感じました。

016.jpg

子ども達からは逆に、カマキリやバッタの生体の仕組みや、カエルの種類などたくさんのことを教わりました。

今回の活動から、食の大切さや農作物を作ることの大変さを感じることができました。これから食と関わっていく上で、その食品の生産元から考えることも大切だと思いました。

11月中旬には収穫したお米を使って、子どもたちと餅つきを行います。ここでも、子供たちと積極的に関わり、色々なことを学んでいきたいと思います。

  • LINEで送る
管理栄養学会

管理栄養学会は栄養科学に関する学術的研究を行うことを目的に、研究発表会や講演会などの事業を行います。会員は管理栄養学科の学生、人間生活学研究科専攻生、卒業生及び教職員です。

管理栄養学会総会・春季講演会を6月17日(土)に開催しました。
総会では今年度の学会役員が承認されました。学会役員は1年から4年生の16名の学生と2名の教員で構成されています。今年度は下岡里英先生を会長として、より良い学会となるように運営をしていきます。
さらに、今年度からは、学生が学外で主体的によりよい活動ができるよう、管理栄養学会活動助制度が導入されることが承認されました。

この度の春季講演会は、広島女学院アイリス食の会20周年記念講演会と合同で行われました。
「筋肉の加齢変化(サルコペニア)の原因と対策方法~健康寿命を延ばすための体力作りについて~」と題して、筑波大学大学院 人間総合科学研究科 准教授 山田実先生にご講演をいただきました。

管理栄養学会2017spring.jpg

サルコペニアとは加齢により筋肉量や筋力が低下した状態であり、体を動かす筋肉だけではなく、食事を口から摂取する筋力・筋肉量にも大きく関わることを詳しく学びました。運動、栄養、口腔機能の3本柱を意識し、日常的にトレーニングすることで健康寿命を延ばすことができることを教えて頂き、管理栄養士としての大きな役割をまた一つ、痛感する貴重な時間となりました。

管理栄養学会2017spring-2.jpg

  • LINEで送る

管理栄養学科 食育サークルでは、災害時でも、より安心・安全な食事をしていていただくためのレシピを考案しています。
特に袋を使ったレシピ開発に力を入れています。

袋を使って、こんなにいろいろなものが調理できます!
CIMG3887.JPG

日ごろから備えておいた方がよい食品や便利な調理器具を用いたレシピを紹介します。日常の調理にも取り入れていただきたいと思います。

※PDFをクリックするとレシピが表示されます。

袋蒸しパン.pdf
袋蒸しパン.jpg

袋炊きごはん.pdf
袋炊きごはん.jpg

りぼんサラダ.pdf
りぼんサラダ.jpg

袋炊き込みごはん.pdf  ◆切り干し大根のサラダ.pdf

今後、まだまだレシピを掲載していきます!

  • LINEで送る