広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 就職・進路
  3. 内定者メッセージ

内定者メッセージ

学科から探す

幼児教育心理学科

一人ひとりを見つめ、寄り添うことのできる保育士に

人間生活学部 幼児教育心理学科

西原 瑠香さん

内定先:三原市職員(保育士)

出身校:広島県立三原高等学校

「先生が忍者になりきっているから子どもたちが楽しそうにしているのね!」私が実習中に指導の先生から言われた言葉です。子どもが大好きで、将来は保育士になるぞ!と思い日々の勉強に励みました。「保育」はただ単に⼦どもと接するのでなく、遊びを通して⼦どもの成⻑を支援することが求められます。絵本一つにしても子どもの発達に合わせて選択する等、4年間、その専門的な学びに保育の深さを実感しました。これからは、子どもたちに毎日の登園が楽しみになるようなクラスを作っていきたいです。(2018年取材)

子どもと保護者が安心できる場を作りたい

人間生活学部 幼児教育心理学科

林 芹菜さん

内定先:広島市役所(行政事務)

出身校:広島県立広島観音高等学校

子どもやお母さんを支える仕事は"保育士"だけではない、と4年間の学びを通して「保育」を別の角度から捉えるようになりました。仕事と子育てを両立する上で問題となる待機児童やワンオペ育児。母親が抱える育児に関するストレスは子どもにも影響を与えます。様々な環境のもと、行政の社会的な支援が求められています。現在、広島市でも子どもと保護者をサポートするための様々なサービスが行われていますが、より多くの⽅にこのサービスを活用していただきたいと思い、⾏政職を志望しました。将来的には、⼦どもと保護者の⼼がより密接につながる機会を提供できる企画の立案など、社会貢献していけたらと考えています。(2018年取材)

児童の自主性を尊重する教員を目指して

人間生活学部 幼児教育心理学科

浜見 知里さん

内定先:広島県 小学校教諭

出身校:広島市立沼田高等学校

幼い頃から"先生"という職業に憧れを持ち、子どもと関わる仕事に就きたいと考えていました。様々な実習を通して、子どもたちの頑張りや真剣な表情、思い切り楽しむ姿など、一人ひとりが生き生きと活動する姿を間近で見たり、共感したりすることができ、教員の魅力をより一層強く感じました。就職に関して悩むこともありましたが、温かく指導してくださる先生方、励まし合える仲間がいたからこそ、最後まで諦めずに教員採用試験を乗り越えることができたと思っています。4年間の大学生活の中での多くの出会い、恵まれた環境に感謝し、子どもの心に寄り添い、柔軟に対応できる先生になりたいです。(2018年取材)

先生と友人の支えで乗り越えた教員採用試験

人間生活学部 幼児教育心理学科

笠間 千尋さん

内定先:広島県 小学校教諭

出身校:山陽女学園高等部

「小学校教育実践研究会」に所属し、教員採用試験に向けて3年次から本格的に準備しました。先生方には学習指導案の作成・模擬授業・面接等の対策をして頂き、時には厳しい指導もありましたが、本当に温かく支えて頂きました。自分自身を見つめ直す機会にもなり、大変勉強になりました。また、一緒に頑張った友達や励ましてくれた方々には大変感謝しています。これから広島県の小学校教諭になりますが、感謝の気持ちと笑顔を忘れず、自分が経験して学んだことを児童に伝えたいです。(2017年取材)