広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 就職・進路
  3. 内定者メッセージ

内定者メッセージ

学科から探す

幼児教育心理学科

先生と友人の支えで乗り越えた教員採用試験

人間生活学部 幼児教育心理学科

笠間 千尋さん

内定先:広島県 小学校教諭

出身校:山陽女学園高等部

「小学校教育実践研究会」に所属し、教員採用試験に向けて3年次から本格的に準備しました。先生方には学習指導案の作成・模擬授業・面接等の対策をして頂き、時には厳しい指導もありましたが、本当に温かく支えて頂きました。自分自身を見つめ直す機会にもなり、大変勉強になりました。また、一緒に頑張った友達や励ましてくれた方々には大変感謝しています。これから広島県の小学校教諭になりますが、感謝の気持ちと笑顔を忘れず、自分が経験して学んだことを児童に伝えたいです。(2017年取材)

自分のめざす保育士像を明確に持ち、公務員試験に臨んだ

人間生活学部 幼児教育心理学科

惣田 佑美さん

内定先:東広島市職員(保育士)

出身校:広島県立賀茂高等学校

幼少期から保育士になることが夢でした。保育所・幼稚園・小学校での実習や、自分らしい表現力や子ども理解の視点が求められる授業を通して、なりたい保育士像が明確になり、公立の保育所を目指したいと強く思いました。悩んだ時、先生方に背中を押して頂いたり、周りに支えてもらい、恵まれた環境の中で過ごした大学4年間は、私にとって自信になる貴重な学びとなりました。この学びを糧にし、支えてくれる存在がいることに感謝し、思いやりのある温かい保育士を目指していきたいです。(2017年取材)

福祉や心理など多角的な学びにより、自分の保育観を持つことができた

人間生活学部 幼児教育心理学科

岡本 美華さん

内定先:学校法人善通寺学園 善通寺幼稚園

出身校:清水ヶ丘高等学校

幼い頃から幼稚園の先生に憧れていました。講義では、幼児教育について福祉や心理などさまざまな角度から学び、保育の場において必要とされる実践的技能や知識を身につけることができました。幼稚園、保育所、施設実習を通して自分の課題を見つけ自身の保育観について見つめ直すことができました。また、あやめ祭実行委員に入り、仲間と協力し責任を持って大きな行事を成功させることができ、達成感を味わいました。4年間を通して毎日が楽しく、多くを学び、とても充実した大学生活でした。これから学んだことを生かし、子ども一人ひとりの良さを捉えること、そしていつも笑顔を大切にしていきたいと思います。(2017年取材)

一人ひとりの良さを捉えられる保育をめざして

人間生活学部 幼児教育心理学科

長岡 沙耶香さん

内定先:学校法人呉山手教会学園 山手幼稚園

出身校:広島県立呉三津田高等学校

子どもと関わる仕事がしたい、そう思って幼児教育心理学科に入学しました。幼稚園、保育所、施設、小学校実習で、さまざまな子どもとかかわった末、幼児期の子どもと関わることのできる幼稚園で働きたいと考えるようになりました。また、先生方の子どもへの関わり方を見て学び、自分はどんな保育がしたいのか明確にすることができました。現場では、実習で学んだことを生かして、一人ひとりの良さを捉え、それをしっかりと認めることを大切にしていきたいと思います。(2016年取材)