HIROSHIMA JOGAKUIN UNIVERSITY

木村 那津美

「ありがとう」の言葉が嬉しい
 英語力プラス行動力を磨いて

2018.03.01

YOUR COLORFUL FUTURE

客室乗務員

高橋 裕子さん 全日本空輸株式会社勤務

国際教養学部 国際教養学科 2017年卒業

客室乗務員として世界を飛び回る高橋 裕子さん。乗客の安全を守る「安全業務」と快適な空の旅を提供する「サービス業務」を行う上で、学生時代の経験が活きているという。どんな学生生活だったのか、話を聞いた。

自分で調べて自分で手配。英国での研修が人生を変えました
自分で調べて自分で手配。英国での研修が人生を変えました
客室乗務員は小学生の頃からの憧れの職業でした。高校生の時は具体的にどうすればなれるかと真剣に考え、ネイティブの先生が多く、海外研修制度も充実している広島女学院大学を選びました。最も深く濃い経験ができたのが、イギリスでの語学研修とインターンシップ。航空券の手配、語学学校の申し込み、週末を利用した国内旅行や帰路に立ち寄ったパリ旅行の計画など、すべて自分で取りまとめ実行しました。
きっかけの多いキャンパス。チャンスを活かすかどうかは自分次第!
きっかけの多いキャンパス。チャンスを活かすかどうかは自分次第!
様々な状況に合わせ柔軟な対応が求められる仕事なので、自分で考え行動できた英国での経験は、今につながっています。また、就職対策として取り組んでいたのがTOEIC(R)LISTENING AND READING TESTのレベルアップ。大学では対策講座があり、ネイティブの先生との何気ない会話で、リスニングや会話力を伸ばせました。すべての経験が将来につながると思い、積極的に機会を求めた学生時代でした。
様々なお客様に寄り添い、学び続ける人でありたいと思います
様々なお客様に寄り添い、学び続ける人でありたいと思います
全日本空輸株式会社に就職し、研修を経て国内線乗務からスタート。今は国際線への乗務もしています。常にお客様に寄り添うことを心掛け、多くの笑顔に出会えたらと思っています。今後は中国語なども学んで、仕事に活かしていきたいですね。自発的に行動し、学び続けること。大学時代からの変わらぬ姿勢で、これからも取り組んでいきます。

先生からのメッセージ

波多野 五三先生/人文学部 国際英語学科教授。英語教育学を専門とする。高橋さんのゼミの担当教員として、イギリスでの研修や卒業研究を指導した。

国際英語学科には、自分がめざすキャリアについて理解を深めるとともに、特に興味のある業種や職種に関して英語で学ぶ、ゼミ形式のキャリア・スタディ・プログラムがあります。一緒に夢を叶えましょう。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

ページトップへ