広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 入試情報
  3. 特待生入試
  4. 特待生入試 -授業料減免対象の入試

特待生入試

1.募集人員

人文学部

学科 募集人員
国際英語学科(GSEコースは除く) 2
日本文化学科 2

人間生活学部

学科 募集人員
生活デザイン学科 2
管理栄養学科 2
児童教育学科 2

2.趣旨および概要

特待生入試は、本学での学修に強い意欲を持ち、成績優秀な者に対して、入学後の勉学を奨励するものです。

  • 1. 特待生入試は専願です。
  • 2. 選抜方法は全学科、一般入試前期A日程(GSEコースを除く)を利用します。各学科A日程全志願者の成績上位20%以内であることを条件に、そのうちの上位者2名に奨学金を給付します。
  • 3. 奨学金は入学年度の授業料相当額とし、給付は学納金納入時の授業料減免をもって実施します。なお、授業料以外の学費(入学金、施設維持資金等)は納入しなければなりません。
  • 4.特待生入試に不合格であっても、一般入試前期A日程の合格基準に達しているものは、一般入試前期A日程の合格者とします。
    その場合は専願としません。
  • 5.チャレンジ制度:オープンセミナー入試、AO入試、指定校制推薦入試、公募制推薦入試(A・B・特芸方式)ですでに入学予定の者でも出願することができます(検定料は必要)。

3.出願資格

出願できる者は、次の1および2~8の各号のいずれかに該当する女子とします。

  • 1. 合格した場合、必ず本学に入学する者
  • 2. 高等学校または中等教育学校を卒業した者および2018年3月卒業見込みの者
  • 3. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者および2018年3月修了見込みの者
  • 4. 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者および2018年3月31日までに修了見込みの者、またはこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者
  • 5. 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定または指定した在外教育施設の当該施設を修了した者および2018年3月31日までに修了見込みの者
  • 6. 文部科学大臣の指定した者
  • 7. 高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定に合格したものを含む。)
  • 8. その他相当の年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると、本学において認めた者

4.出願手続

インターネット出願登録完了後、入学検定料を納入し、締め切りに間に合うよう出願書類を提出してください。
身体に病気・負傷や障がい等がある志願者で受験上および修学上の配慮を必要とされる場合は、事前相談を受け付けています。
対応に時間を要することもありますので、できる限り早い時期に入試課までご相談ください。本学では支援の充実をめざしていますが、設備等の関係上困難な場合があります。出願の段階で入学後の修学・学生生活支援についてご説明します。

インターネット
出願期間

2018年1月5日(金)~1月22日(月)

出願登録締切最終日: 午前11:00まで

検定料納入締切最終日: 午後3:00まで

出願書類
提出期間

郵送受付:2018年1月5日(金)~1月20日(土) 締切日消印有効
窓口指定受付日:2018年1月22日(月) 午前9:00~午後4:30

出願書類

写真 たて4cm×よこ3cm、最近3か月以内に撮影したものを、裏面に名前、出願番号を明記し、同封すること。
誓約書 所定用紙No.1-特 ※志願者本人が記入のこと。
調査書 出身学校長が作成し、厳封したものを提出すること。
大学入学資格検定又は高等学校卒業程度認定試験合格者は「合格証明書」および「合格成績証明書」を提出すること。免除科目がある場合は、免除科目の修得証明書(調査書)を提出すること。
一般入試前期B・C日程と併願し同一封筒で出願の場合は、1部提出でかまわない。
大学入試センター試験利用入試A日程を併願し同一封筒で出願の場合は、1部提出でかまわない。
チャレンジ制度利用申請書 オープンセミナー入試、AO入試、指定校制推薦入試および公募制推薦入試(A・B・特芸方式)ですでに入学予定の者が受験する場合に提出すること。
切手 362円分の切手を同封すること。

上記の書類を市販の角形2号封筒(24.0cm×33.2cm)に同封の上、送付用宛名ラベルを印刷し、記入後、封筒に貼り付け、速達簡易書留にて郵送してください。
※同一期間内に併願可能な入試日程・制度については各入試日程・制度ごとに宛名ラベルを作成し、出願書類をまとめ、一つの封筒に同封しての郵送が可能です(写真については出願件数必要、調査書は1通で兼用可)。

例)特待生入試、一般入試前期B日程、大学入試センター試験利用入試A日程を併願する場合、それぞれの宛名ラベル、写真3通、切手1通分(362円分)、調査書1通、センター試験成績請求票を用意。特待生入試の封筒に一般入試前期B日程、センターA日程の宛名ラベルを同封して郵送。

入学検定料 30,000円
インターネット出願登録完了後、入学検定料を納入すること。

併願者の検定料優遇

一般入試前期B・C日程と併願する場合、2出願目以降は15,000円になります。

特待生入試 30,000円

2出願目 15,000円

3出願目 15,000円

出願上の注意

  • 1. 一旦納入した検定料および出願書類は、いかなる事由があっても返還できません。

5.試験日・試験会場

試験日 2018年1月30日(火)
試験会場 本学、福山、岡山、松江、周南、松山、福岡、那覇

※ 出願時に試験会場を選ぶこと。出願後の会場変更は認めません。

受験上の注意

「入試に関するよくある質問」もご参照ください。

試験場の下見 本学会場では、試験の前日、校内への立入りと試験場(校舎)を確認することは出来ますが、校舎内への立入りはできません。
試験当日 1. 十分に余裕をもって会場に到着し、学内で配布する「試験会場案内図」を参照して各試験室に入室してください。 2. 試験室へは試験開始15分前に入室し、受験番号を確認して着席してください。 3. 受験票は必ず持参し、机の上に置いてください。 4. 試験時の解答には鉛筆(シャープペンシルも可)を使用してください。 5. 試験会場には時計がありません。各自で時計を持参してください。なお、計算機能や辞書機能をもつ時計等は使用できません。 6. 携帯電話等は身につけてはいけません。係りの指示に従ってください。 7. 遅刻は、試験開始後30分まで認めます。 8. 試験開始後30分以上経過しないと退室できません。 9. 監督者の指示に従わなかったり、不正行為等をしたときは退場を命じ、失格とすることがあります。 10. 試験科目の選択間違いは無効とし、失格とします。 11. 昼食が必要な場合は各自でご用意ください。

6.試験科目・配点・時間

人文学部 国際英語学科

科目 下の科目から1科目選択
  • • 英語(コミュニケーション英語I・II、英語表現I)※加点あり
  • • 資格・検定試験の成績利用※
下の科目から1科目選択
  • • 国語(国語総合)<古文・漢文を除く>
  • • 数学(数学I・数学A<場合の数と確率・図形の性質>)
配点 200点 100点
合計点 300点
時間 60分 60分

※「国際英語学科の資格・検定試験の利用について」を参照してください。


人文学部 日本文化学科

科目 必須
  • • 国語(国語総合)<古文・漢文を除く>
下の科目から1科目選択
  • • 英語(コミュニケーション英語I・II、英語表現I)
  • • 数学(数学I・数学A<場合の数と確率・図形の性質>)
配点 200点 100点
合計点 300点
時間 60分 60分

人間生活学部 生活デザイン学科

科目 下の科目から2科目選択
  • • 国語(国語総合)<古文・漢文を除く>
  • • 英語(コミュニケーション英語I・II、英語表現I)
  • • 数学(数学I・数学A<場合の数と確率・図形の性質>)
  • • 理科(化学基礎および生物基礎)
配点 各100点
合計点 200点
時間 各60分
または2科目で120分

人間生活学部 管理栄養学科

科目 下の科目から2科目選択
ただし、理科を選択した場合、化学と生物は選択不可
  • • 国語(国語総合)<古文・漢文を除く>
  • • 英語(コミュニケーション英語I・II、英語表現I)
  • • 数学(数学I・数学A<場合の数と確率・図形の性質>)
  • • 化学(化学基礎および化学)
  • • 生物(生物基礎および生物)
  • • 理科(化学基礎および生物基礎)
配点 各100点
合計点 200点
時間 各60分
または2科目で120分

人間生活学部 児童教育学科

科目 必須
• 国語(国語総合)<古文・漢文を除く>
下の科目から1科目選択
  • • 英語(コミュニケーション英語I・II、英語表現I)
  • • 数学(数学I・数学A<場合の数と確率・図形の性質>)
  • • 化学(化学基礎および化学)
  • • 生物(生物基礎および生物)
  • • 理科(化学基礎および生物基礎)
配点 100点 100点
合計点 200点
時間 60分 60分

※ 国際英語学科の英語資格・検定試験の利用について
資格・検定試験の成績を利用する場合の、基準となる資格(の成績)は以下の通りです。
「英語」を選択した場合も、資格・検定試験の成績の提出があれば、換算し5点または10点の高い資格・検定等を1つのみ加点します。
ただし、合計点は超えないものとします。

「英語」を選択した場合の加点

検定名称 5点を加点 10点を加点
実用英語技能検定(英検) 準2級 2級
CSE2.0 1,284点以上 1,980点以上
GTEC for STUDENTS 440点以上 520点以上
GTEC CBT 630点以上 740点以上
TOEIC(TOEIC-IPも可) 400点以上 550点以上
TOEFL iBT 30点以上 40点以上
TEAP 186点以上 226点以上

「資格・検定試験の成績利用」を選択した場合の換算

検定名称 満点に換算
実用英語技能検定(英検) 準1級以上
CSE2.0 2,304点以上
GTEC for STUDENTS 810点以上
GTEC CBT 1,250点以上
TOEIC(TOEIC-IPも可) 785点以上
TOEFL iBT 72点以上
TEAP 334点以上

7.試験時間割

人文学部 国際英語学科(GSEコースを除く)

第1時限
10:00~11:00
第2時限
11:40~12:40
第3時限
13:50~14:50
国語(選択) 英語(必須選択) 数学(選択)

人文学部 日本文化学科

第1時限
10:00~11:00
第2時限
11:40~12:40
第3時限
13:50~14:50
国語(必須) 英語(選択) 数学(選択)

人間生活学部 生活デザイン学科

第1時限
10:00~11:00
第2時限
11:40~12:40
第3時限
13:50~14:50
国語(選択) 英語(選択) 数学・理科の
うちから1科目選択者
13:50~15:50
数学・理科の
2科目選択者

人間生活学部 管理栄養学科

第1時限
10:00~11:00
第2時限
11:40~12:40
第3時限
13:50~14:50
国語(選択) 英語(選択) 数学・化学・生物・理科の
うちから1科目選択者
13:50~15:50
数学・化学・生物・理科の
うちから2科目選択者

人間生活学部 児童教育学科

第1時限
10:00~11:00
第2時限
11:40~12:40
第3時限
13:50~14:50
国語(必須) 英語(選択) 数学・化学・生物・理科の
うちから1科目選択者

8.合格発表

発表日 2018年2月12日(月)
  • 1. 受験者本人および出身学校長に合否を速達郵便で通知します。
    地域によって配達が発表日の翌日になる場合があります。
  • 2. 電話等による合否の問い合わせには一切応じません。
  • 3.合否確認の補助手段として、インターネットで合否結果を見ることができます。
    (ユーザーID・パスワードは受験票に同封します。)

9.入学手続

納入金手続期限 一括:2018年2月27日(火)
入学金、授業料・施設維持資金の1年次前期分

合格者には合格通知とともに、入学手続きに必要な書類を送付します。