人間生活学部 児童教育学科 ニュース

学外行事アーカイブ

4月7日(土)~8日(日)に、ろうきん森の学校で行われた「森のようちえん運営ボランティア研修」に参加しました。

今回は、NPO法人ひろしま自然学校のスタッフ、広島文教女子大学と広島女学院大学から森のようちえんに興味を持った学生が参加し、地域の幼児を対象とした森のようちえん活動を企画・運営するための事前打ち合わせをしました。本学からは3年生2名、2年生2名が参加しました。

今年度は4回(7/1、8/26、10/14、11/3)、活動する予定です。

1日目は、森のようちえん活動をされている古本敦子さんを講師に迎え、過去に実施した活動の事例を紹介していただきました。

2日目の朝、実際に森のようちえんを実践するフィールドを過去のプログラムに沿って歩きました。午後からは、今年度実施していく活動について(活動の日程、参加対象児の条件、参加費、活動時間帯、活動内容など)を意見を出し合って決めていきました。

jidou-morino.1.jpg

jidou-morino.2.jpg

jidou-morino.3.jpg

広島女学院大学は10/14の活動を担当します。1日の活動計画を立案し、準備と当日の活動を主導する予定です。
今回の研修を終えて、参加した学生は「自分たちで活動内容を考えて、準備して、実践する・・・ことは、大変かもしれないけれど、やりがいがあります。子どもたちが楽しく自然体験ができるプログラムを考えたいと思います。」と抱負を述べました。
  • LINEで送る

12月2日(土)中・四国保育学生研究大会(於:四国学院大学)で、加藤ゼミ4年生の高宮澪さん、松浦華さんが卒業研究の成果を発表しました。

研究テーマは、それぞれ「子どもの発達におけるメディアの影響に関する研究ー家族間コミュニケーションにおけるテレビの機能を中心にー」、「印象に関する研究」です。

youshin-hoikugakuseikennkyuutaikai.2017.3.jpg

学生らしい日常の生活からの気づきや自分の興味を研究のテーマにし、データに基づいて検証することができている、との講評をいただきました。

youshin-hoikugakuseikennkyuutaikai.2017.1.jpg
youshin-hoikugakuseikennkyuutaikai.2017.2.jpg
  • LINEで送る