人間生活学部 生活デザイン・建築学科 ニュース

2016年11月アーカイブ

インテリア・住居・建築領域

広島のインテリアデザイン系の関連企業、大学が参加して行われる毎年恒例のイベント「広島デザインデイズ 2016」において、学生対象コンペ_デザインリーグが行われ、生活デザイン・建築学科3年生の新田さつきさんが、デザインリーグ優秀賞を受賞しました。昨年に引き続き、2年連続入賞を果たしたことになります。

seikatu_89_2.jpg

作品名:「コミュニティセンター」
審査委員長:長谷川 演(株式会社アトリエテンマ代表取締役)

seikatu_90_1.jpgseikatu_90_2.jpg

このコンペは、大学・専門学校の建築・インテリア系の授業の課題作品を提出して競うコンペで、昨年から開催されています。今年は2名が優秀賞として表彰され、他に学生対象実施コンペ2名、一般対象実施作品コンペの入賞者2名も同時に表彰され、盛大な表彰式となりました。

新田さんの作品は、3年春学期の「住居・建築設計実習Ⅳ」のコミュニティセンターの課題作品で、空間が新しいと評価されました。

seikatu_87_2.jpgseikatu_87_3.jpg

生活デザイン・建築学科の住居・建築設計実習の内容の充実、課題作品のレベルの高さが今年も認められたことになります。

  • LINEで送る
インテリア・住居・建築領域

建築士課程3年生・4年生(「建築材料実験」受講者)が、安佐南区の生コンクリート製造工場へ見学に行きました。今回見学させていただいた「まるせ佐東工場」は2014年広島市土砂災害地域の近くにあり、その復興にも大きく貢献されている企業です。生コンクリートの製造工程、品質管理まで幅広く学ぶことができました。
普段は見ることのできない生コンクリート製造工場に行き、建築におけるコンクリートの重要性を肌で感じることができ、貴重な体験となりました。

seide-kenchiku-200.jpg
  • LINEで送る
生活デザイン領域

今年も、碧い石見の芸術祭主催「第3回石州和紙デザインコンペ」に挑戦しています。

本学科学生作品2点が一次選考を突破し、10月18日から石州和紙会館で開催の「優秀作品展2016」にて現在展示されています。

和紙の新しい可能性を見つけるべく、創意工夫を凝らした2作品、今年のテーマは「カジュアルな装い」です。

seide-jusyo04.jpg 「結び香」 上條希恵さん(1年生)

seide-jusyo03.jpg 「Sの腕時計」 塚野瑞貴さん、高畑成美さん(3年生)

seide-jusyo02.jpg 完成した試作品

島根県浜田市「石州和紙会館」にて11月20日まで展示されています。お近くに行った際にはぜひ足を運んでください。

  • LINEで送る