英米言語文化学科 文学部

高度な英語運用能力と異文化コミュニケーション力を養成。

国際化社会に対応できる高度な英語運用能力の習得をめざします。また、アメリカ、イギリスに留まらず、幅広く英語圏の文学や文化について学び、異文化コミュニケーション力を養います。

言語文化分野

語彙、音韻、文法、表現、構造といった言語学的な観点から英語にアプローチする言語文化分野。英語を研究するなかで、英語が備えている独自性を学びます。また、英語の文献を理解し、英語で自分の考えを表現できる英語力を養成。国際交流の現場で活躍できる力の修得をめざします。

文学文化分野

文学文化分野ではおもに、イギリスやアメリカの文学について学びます。単なる作品の鑑賞に留まらず、作品の背景にある文化や思想、社会、歴史などを考察し、イギリスやアメリカに対する理解を深めます。また、文学研究を通じて人間を学び、自己の探究や他者とのコミュニケーションについて考えます。

留学実績
(過去5年間)

  • 〈アメリカ〉
  • Pacific University
  • Evansville University
  • Randolph College
  • University of Tennessee at Martin
  • Bowling Green State University
  • College of St.Elizabeth
  • University of California Riverside
  • Hawaii Pacific University
  • 〈イギリス〉
  • University of London
  • Durham University
  • 〈韓国〉
  • 淑明(スンミョン)女子大学校
  • 〈中国〉
  • 山東大学

進路の方向性

  • 中学校教員(英語)
  • 高等学校教員(英語)
  • 大学教員
  • 学芸員
  • 専門学校教員(英語)
  • 児童英語教員
  • 日本語教員
  • 司書
  • 学校図書館司書教諭
  • NGO
  • キャビンアテンダント(フライトアテンダント)
  • グランドスタッフ(グランドホステス)
  • ツアーコンダクター
  • ホテルフロント
  • アナウンサー
  • マスコミ関係(出版社、新聞社、ラジオ・テレビ局など)
  • 事務従事者(総合職含む)
  • 販売従事者(総合職含む)
  • サービス職業従事者
  • 公務員
  • 大学院(国内・国外)への進学、留学 他

取得できる資格

  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 日本語教員養成課程修了証書
  • 司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事
  • 学芸員

特色ある教育(奨学金制度もあります)

DDP(デュアル・ディグリー・プログラム)奨学金制度も用意されています。

DDP(デュアル・ディグリー・プログラム)とは、最短4年半で日本とアメリカの2つの大学の学位(卒業証書)が取得できる画期的なプログラムです。2年間本学で学んだ後、提携大学に3年生として編入します。

海外研修プログラム

2年生を対象に、アメリカやイギリスなどで学ぶ「海外研修プログラム」を実施。

社会の現場で使える英語コミュニケーション能力の育成。

イギリスやアメリカの名門大学で学ぶ海外研修プログラムは、高度で実用的な英語コミュニケーション能力の育成を目的としています。このプログラムには、期間や研修先が異なる7つのプログラムがあり、学生は興味や都合に応じて自由にプログラムを選択できます。また、成績優秀者を対象とした給付奨学金(返還不要)制度を設置しています。

正規の履修単位として認定。国内プログラムも用意。

この海外研修プログラムでは、研修先での英語研修やインターンシップを本学における学修の一部とみなし、正規の履修単位(選択科目)として認めています。また、国内でも英語研修に参加することが可能で、2008年度は、夏期休暇中に広島インターナショナルスクールなどで英語集中トレーニングを実施しました。
科目名 研修先 研修期間 取得単位
アメリカ短期英語研修 エヴァンズヴィル大学 4週間(8月中旬~9月中旬) 4単位
アメリカ長期英語研修 エヴァンズヴィル大学 4カ月(8月中旬~12月中旬) 16単位
イギリス短期英語研修 ダラム大学 4週間(8月中旬~9月中旬) 4単位
イギリス長期英語研修 ダラム大学 4カ月(8月中旬~12月中旬) 16単位
ビジネスインターンシップ・インUK マンチェスター大学・現地企業 4カ月(8月中旬~12月中旬) 16単位
日本語インターンシップ・インUK チードル・ヒューム・
ハイスクールなど
4カ月(8月中旬~12月中旬) 16単位
英語集中トレーニング・インJAPAN 広島インターナショナルスクールなど 3週間(8月下旬~9月中旬) 4単位

(2008年度)

CALLシステム(コンピュータを利用した英語学習)
CALLシステム(コンピュータを利用した英語学習)

教室には、教員側とオンラインで結ばれているマイク付ヘッドフォンやモニター等の機器が完備。リスニングやスピーキングの学習環境が充実しています。また、コンピュータソフトを活用したTOEICの学習にも力を注いでいます。

英語劇
英語劇

毎年、世界的に活躍するイギリスの劇団ITCL(The International Theatre Company London)を本学のキャンパスに招き、英語劇を上演しています。本場の舞台と英語に触れることで、英語への関心を高めることができます。

ジョイントセミナー・ピースセミナー(平和学習)
ジョイントセミナー・ピースセミナー(平和学習)

アメリカの提携校を本学に招いて開催するイベントです。「平和」をテーマに、講演会やフィールドワーク、ワークショップなどを行います。世界の平和について考えることを通じて、学生同士が交流を深めます。