国際教養学部 国際教養学科 ニュース

本学では、「社会教育主事」資格取得希望者を主な対象者として、国立江田島青少年交流の家「野外活動指導者養成講座」プログラムに参加しています(2018年度からは生活デザイン学科地域デザインにて実施します)。

今年度は本学から10名の学生が参加しました。

この講座では、広島大学の学生らと一緒に、1泊2日の小学生キャンプを企画・立案し、実際に自分たちで運営することを目的としています。
11月25-26日、小学生キャンプを実施しましたので、その様子を報告します。

今回のキャンプは、「Wow!つながりの輪を広げちゃおう!~君は何を見つけられるかin江田島"愛"ランド~」というタイトルのもと、子どもたちにコミュニケーションの重要さ、楽しさを実感してもらおうという目的を設定しました。
野外活動1211-1.JPG
これも学生たちが子どもたちの抱える課題や環境を話し合い、生み出してきたコンセプトです。

初日はアイスブレク、ETAJIMA運動会、キャンプファイヤーを行いました。
野外活動1211-3.JPG

野外活動1211-2.JPG
小学生は江田島市、呉市、広島市など様々な学校から集まっています。
そのため、最初は緊張している子もいましたが、アイスブレイクを通じてあっという間に仲良くなっていきました。

野外活動1211-5.JPG

野外活動1211-4.JPG
運動会では、自然の素材を使った様々な競技が行われました。運動が得意な子も、そうでない子も、みんなで協力することで楽しめる競技ばかりでした。

野外活動1211-6.JPG
キャンプファイヤーでは、多くの人と関わり会えるようなゲームが盛り沢山。寒さにも負けず、みんな目一杯楽しんでいました。

2日目には、野外炊事を行いました。
野外活動1211-8.JPG

野外活動1211-7.JPG
みんなで協力して調理を進め、おいしいカレーと餃子が出来上がりました。


大きな怪我やトラブルなく、全てのプログラムが終了しました。

今回のキャンプ実施までに、学生たちは講座の時間以外にも集まって打ち合わせをしたり、交流の家を訪れシュミレーションしたりと、準備に奔走してきました。
子どもたちが楽しんでくれたという成果はもちろん、春学期・秋学期の講座を通じて学生たち自身にも成長が見られました。

担当教員:伊藤千尋

  • LINEで送る

今夏、アメリカ人の映像作家 カイル・ホイットニー氏が、映画"Under the Mushroom Clouds(仮題)"の撮影で来広されました。国際教養学科GSEメジャー4年生の中島さんが撮影に立ち会い、通訳をしました。

アメリカ人映像作家、被爆者の声を世界に!

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-PeacePark-r.jpg

夏休みに、ホイットニー氏の通訳として、10名以上の被爆者にお会いしました。

「生死は紙一重だった。」「一生脳裏から離れない光景を見た。」「被爆証言をした夜は眠れない。」「今も悪夢で夜中に飛び起きてしまう。」

私達が何となく通り過ぎている町のあちこちに被爆者の悲しみの思い出が詰まっている事がわかりました。お会いした皆さんは、今も心と体の痛みに耐えながらも、生かされている事に感謝し、将来の目標に向かって今日も笑顔です。

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-Hiroko-r.jpg
【Hiroko】

アメリカではホイットニー氏が被爆者の声を拾う事に批判もあり、同行予定だったスタッフも急きょ来日を取りやめました。猛暑の中、機材を一人で抱え「お会いできて嬉しいです。」満面の笑顔が印象的でした。

完成後、広島国際映画祭出品予定です。

国際教養学科GSEメジャー4年 中島美幸

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-inside hifukusho-r.jpg
【被服廠にて, Military Supplies Factory】

Translating for hibakusha (atomic bomb survivors) was an eye-opening experience. I had the privilege of translating for Mr.Whitney, an American filmmaker working on a documentary, which allowed me to learn about the experience of hibakusha. Their stories of life and death inspired me to think deeply about their experience, and learn about how they are still suffering.

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-interviewing-r.jpg

For example, on the morning the A-bomb was dropped, the truck meant to take Iwao to the center of the city for work never came, so he survived. Despite his guilt, he still works to educate people about what happened.

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-Iwao-r.jpg
【Iwao, Hiroko(successor), Mr.Whitney and I, at okonomiyaki shop (owner of this shop were atomic bomb orphans)】

Kazuko was severely burned and lay motionless on the ground. She was mistakenly picked up by a truck that collected corpses after the bombing because they thought she was dead. Her life has not been easy, but I was impressed by her generosity and commitment to giving back to the community.

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-kazuko-r.jpg
【Kazuko and I】

And Lee's life was saved when he got off the tram one stop before the bomb hit, so he survived. In interviewing Lee I found that he has persisted despite discrimination against him for his past.

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-Lee-r.jpg
【Lee and Mr.Whitney】

All of these stories show a slight difference that divided their fate between life and death. Meeting over ten hibakusha for this project completely changed the way I see hibakusha and Hiroshima city. Regardless of their harsh experience and old age, all of them were cheerful and energetic. They inspired me to see things differently, and understand the true experience of hibaksha and how active they are in society. Each part of the city we pass by is filled with hibakusha's traumatic memories, but I learned that their lives include so much more.

GSE 4th year, Miyuki Nakashima

  • LINEで送る

8月11、12日の2日間でITC という英語だけで活動を行う合宿を行いました。

ITCは Intensive Training Course of English の略です。今回で第4回になりました。

ITC4th-1-r.jpg

1日目はWho Am I?という芸能人の写真やアニメキャラクターの名前を当てる活動、Song Transcriptionではカーリー・レイ・ジェプセンの曲を聞き取り、Fruit Basket、The Game of Telephone (伝言ゲーム)、Para-comics、映画のあらすじを元にして続きの話の劇をするSkit Wannabe、Secret Friendsを行いました。Skit Wannabeは恋愛ものを題材にしていたのでとても盛り上がりました。

ITC4th-2-r.jpg

2日目はLoud Speakerでは落語についての対話文を聞き取り、Pictionaryでは動物を扱ったクイズ、Discussion、最後にSpeechを行いました。

ITC4th-4-r.jpg

初日の朝はとても緊張していましたが、時間が経つにつれみんなリッラクスして活動を楽しんでいました。

ITC4th-3-r.jpg

皆さんの次の参加をお待ちしています!

  • LINEで送る