人文学部 国際英語学科 ニュース

8月5日に第4回オープンキャンパスが開催されました。国際英語学科のプログラムをご紹介します。

猛暑の最中にもかかわらず、多くの高校生と保護者の皆さまにお越しいただきました。午前の学科紹介プレゼンテーションでは、在学生による国際英語学科のGSEコースと英語文化コースのそれぞれの学びの特徴や授業紹介、サークル・ボランティア紹介を行いました。証券会社に就職した卒業生による職業紹介や担当教員による留学プログラムの紹介も行われました。国際英語学科ではカリフォルニア2週間の短期留学やイギリスに1ヵ月の中期留学など、さまざまな留学が用意されています。

8.5 (1).jpg8.5 (4).jpg

午後からは河内清志先生による模擬授業「英語の世界」が行われ、私たちの日常を取り巻く英語がどのように世界中に広まったのかを楽しく学びました。また、「英会話カフェ」では在学生やネイティブの先生と一緒にイギリスのクッキーやハワイのポテトチップなどでアフタヌーン・ティーを楽しみながら、キャンパス・ライフや授業のこと、留学のことなどを自由に相談することができます。

8.5 (3).jpg

8.5 (2).jpg

体験コーナーでは『不思議の国のアリス』をモチーフにしたレジン・アクセサリーを作りました。イギリスの児童文学作家ルイス・キャロルが知り合いの少女、アリス・リデルのために書いた奇想天外な物語をイメージしながら、時計、うさぎ、薔薇の花、トランプなどをちりばめた素敵なアクセサリーが生まれました。たくさんの参加者に来ていただき、高校生の皆さんのセンスの良さに驚かされるイベントとなりました。

次回のオープンキャンパスは8月26日(日)です。模擬授業では波多野五三先生による「接客業で使う英語にチャレンジしよう!」、体験コーナーでは「カリグラフィーや英語スタンプでうちわを作ろう」を予定しています。皆さまのご来場をお待ちしております。

  • LINEで送る

8月1日~3日まで、「オープンセミナー」(集中授業)を実施しました。オープンセミナーを通して本学の授業方針や授業内容を体験し、それらを十分に知ったうえで入試として出願することもできます。

今回は「英米ふしぎ発見!」というテーマのもと、1日目には観光、食生活、レジャー、映画など、英米の「ふしぎ」をグローバルな視点から学びました。2日目にはプレゼンテーションの準備を行い、3日目にはグループで発表を行いました。もう少し詳しくそれぞれの授業をご紹介しましょう。

picture A.JPG

Each of the four sessions covers a different topic related to English-speaking cultures. Hatano-sensei gave a very engaging opening session which discusses the importance of English in the world today. Then he taught a session that offered a 'virtual tour of London', giving the students an idea of some of the key cultural sites and buildings in the United Kingdom capital. Herbert-sensei taught a class on British Food Culture, which I am sure made everyone hungry. Then, on Day 2, Sekitani-sensei gave students a window through which to view American culture by exploring Disney movies. Then Dormer-sensei taught a class that explores American leisure time, and especially important issues of images of young women on Television.

4つの授業はそれぞれ英語圏の文化に関連した内容を扱いました。1日目の波多野先生の授業では、現代における世界での英語の重要性について学び、ロンドンツアーの疑似体験をしましたね。Herbert先生の授業では、イギリスの食文化について学びました。授業を受けてきっとお腹が空いたのではないでしょうか。2日目の関谷先生の授業ではディズニー映画を通して、アメリカ文化への窓が開かれました。続いてDormer先生の授業ではアメリカでの余暇について、特にテレビにおける若い女性のイメージというテーマにクローズアップしましたね。

picture B.JPG

All of the students worked hard, and in their teams they selected topics related to the four lessons on which to create a presentation. The range of topics shows how varied and deep the students' interests were, with presentations on direct/indirect speech, comparison of British and American culture, America's vegetable consciousness, an analysis of Japanese and British culture, British food culture, and the changes in British and American children's television in recent decades. Each and every student worked hard as a team to do their part, and as you can see from the photos, the final presentations were very interesting. Well done to all participants!

いよいよ3日目、グループでの発表です。グループで話し合って決めたテーマについて、限られた時間で集めた情報をいかに分かりやすく面白く伝えるかが問われます。発表から皆さんの興味が実に多岐にわたり深いものであることがうかがえました。例えば、英米文化の比較分析、アメリカ人の野菜への意識、近年の英米における子ども向けテレビ番組の推移など、皆さん本当に熱心に取り組みました。

picture.C2.jpg

長時間だと思っていたオープンセミナー、終わってみればあっという間でしたね。ぜひ大学で学んだことを生かして、これからの自分の勉強に生かしていってほしいですね。3日間、お疲れ様でした。

  • LINEで送る

The 1:1 Guidance sessions are an important part of the first year student's development. It provides a good opportunity for individual students to meet with their tutor and discuss any problems they might be having. The transition from high school to university is never easy, but here at Hiroshima Jogakuin University, our aim is to support students as much as possible.

1対1ガイダンスはGSEコースの1年生の英語力の発展に役立つセッションです。学生は先生の個別指導を受けることで、さまざまな問題について発言し、相談することができます。高校生から大学生へと変化することは簡単ではありませんが、広島女学院大学では学生のサポートに力を入れています。

Photo 1.JPG

Every GSE student is different, and they all have different problems, concerns and challenges. In the 1:1 session, the GSE students can share their worries and concerns with their tutor, who in turn can build personalized plans of action to make sure students can overcome their personal challenges and meet their goals.

GSEの学生はそれぞれ個性的で、抱えている課題や問題もさまざまです。1対1ガイダンスで先生に問題を相談することで、次にどのように問題に取り組めばよいのかを明確化し、目標に向かってチャレンジする力になります。

Photo 3.JPG

We discuss how students are managing their workload, and might spend time discussing a specific assignment or class. Just as important, we discuss how students are finding being a new member of the HJU community, and there might even be a few personal problems or issues to discuss. GSE students have a big challenge to improve their English, and so often we will make personal English study plans for TOEFL and/or TOEIC, and then reflect on progress in later 1:1 meetings. So far the freshman GSE students are all working hard towards their individual goals, and doing their best!

ガイダンスでは学生がどのように時間を使って課題に取り組むかなどを話し合ったりもします。広島女学院大学の新しいメンバーとなって行くにあたり、問題にぶつかった時にはその相談も受けます。また、英語力を向上させるため、TOEFLやTOEICの勉強方法についての指導も行っています。現在、GSEコースの1年生たちは、それぞれのゴールに向かって一生懸命努力しています!

Photo 2.JPG

  • LINEで送る