人文学部 国際英語学科 ニュース

キャリア・スタディ・プログラムアーカイブ

キャリア・スタディ・プログラム

2021年3月1日をもって2022年度の企業採用活動が正式に解禁されました。そこで、航空業界と放送業界の2つに焦点をあてて、現在就職活動を進めている4年生2名と、これから準備を本格化する3年生2名に、それぞれの現状や抱負を述べてもらいました。

それでは、それぞれの活動の状況をみてみましょう。


国際英語学科4年(Iさん)
私は客室乗務員になるための就職活動をしています。3年生の春休みに広島空港のANAでインターンシップに参加した経験から、この業界についてより興味を抱きました。現在は、様々な航空会社の情報を調べたり、SPIやTOEICなどの各種検定試験の勉強をしたりしています。しかし、航空業界はコロナ禍において大きな影響を受け、昨年度は大手航空会社が新卒採用を中止したこともあり、この先の不安はとても大きいです。しかし、最後まで諦めずに悔いの残らない就職活動を行いたいと思います。

1st.jpg

国際英語学科4年(Nさん)
 私の志望職種はアナウンサーです。選考結果が届くたびに、この業界は本当に狭き門であるということを痛感します。受験に失敗したことが尾を引いて、1年生の時は将来の夢も目的意識もなく優柔不断な生活を送りました。しかし、2年生からは気持ちを新たにして、テレビ局のコンパニオン、報道部でのアルバイト、新聞社のリポーターなどを務めることにより、新たな道を切り開こうと努力しました。3年生の春休みにはキー局や準キー局のインターンシップにも参加しました。運よく日本テレビと名古屋テレビの書類選考を通過しましたが、引き続き全国の放送局に応募する予定です。絶対に内定をめざして頑張ります。

2nd.jpg


国際英語学科3年(Tさん)
入学当初は、将来について具体的な夢がありませんでした。しかし、CSPでエアラインを選んだことがきっかけで航空業界に興味を持ち、客室乗務員になりたいという大きな夢を持つことができました。高みを目指すことは決して簡単ではありませんが、その過程が自分に様々な可能性を与えてくれると信じて、TOEICや中国語に力を入れて日々勉学に励んでいます。コロナウイルスの影響で希望の職種に就くことが厳しくなったとしても、他の業界でも通用する力を身に付けるために気を引き締めて頑張りたいです。

3rd.jpg


国際英語学科3年(Kさん)
私は、幼い頃からの夢である客室乗務員をめざして勉強しています。英語に加えて、一年次に受講した韓国語も継続して学習するなど、自分の強みを増やすために、同じ夢を追いかける仲間と切磋琢磨しながら何事にも積極的に取り組んでいます。新型コロナウイルスの影響により、航空業界だけでなく見通しが立たない業界が他にもたくさんあります。厳しい状況がしばらくの間続くと思いますが、たとえどんなに時間がかかっても自分の夢を実現するまで諦めずに、できることを続けていきたいと思います。


2021年度採用においては新型コロナウイルスの影響により、航空業界や観光業界の新卒採用が中止されるという予期せぬ事態に追い込まれ、企業の採用活動が引き続き制約されることが予想されます。しかし、国際英語学科の学生たちはそのような困難にもめげず、長年抱いた自分の夢を実現するために地道に努力を重ねています。

Where there is a will, there is a way. (意志あるところには道がある。)と申します。強い精神力と並々ならぬ努力でこの窮状を乗り超えて、それぞれの目標を必ず達成して欲しいと学科教員全員が心から祈っています。

CSP(キャリア・スタディ・プログラム)については本学の関連ページをご覧下さい。

  • LINEで送る

12年生のときに自分が目指すキャリアについて学びながら英語の力を高める、国際英語学科の特色の一つ、CSP(キャリア・スタディ・プログラム)があります。ここでは、2年後期に履修するCSPⅢのティーチンググループ(担当:関谷)の取り組みを紹介します。

CSPⅢでは、英語を学ぶ様々な活動を自分たちの手で作り、先生役として他の受講生に指導する体験をします。具体的には、週末などに定期的に開催する短期集中英語養成コース (ITC: Intensive Training Course of English) に向けて準備を進めます。このコースには、CSPⅠの受講生(1年生)のほか、学科内外から希望者が参加します。毎週の授業では活動内容を考え、教材や必要な道具を作成・準備し、説明や司会進行のリハーサルをします。

実際の活動内容は多岐にわたり、Song Transcription(歌の書き取り)、Loudspeaker(ディクテーションとシャドーイングを組み合わせたグループ活動)、Discussionなどを行います。実際の準備の様子をご覧ください。

Webp.net-resizeimage.jpg

活動づくり・準備の様子1201910月撮影)

Webp.net-resizeimage.jpg

活動づくり・準備の様子220197月撮影)

参加者の興味が持ちそうな素材は何か、機材や道具の準備はどうするか、わかりやすく見やすいワークシートはどう作るか、活動中はどうやって英語で指示をするかなど、考えるべきことはたくさんあります。過去に先輩たちが作った優れた素材は、現受講生がよりよいものを作るために参考にするという形で受け継がれています。

Webp.net-resizeimage.jpg

Discussionの活動に使われたワークシート1

Webp.net-resizeimage.jpg

Webp.net-resizeimage.jpg

Discussionの活動に使われたワークシート2

今回はITCの活動の様子そのものではなく、作り上げていくまでの過程について紹介しました(実際の活動の様子については過去の記事、「ITC短期集中英語養成コース」をご覧ください)。

CSPティーチンググループでは、すでに学年の垣根を越えて活動をしていますが、将来的には教育現場で活躍する本学の卒業生や、その生徒さんたちとも協力して一つの学びのコミュニティを築いていきたいですね。

  • LINEで送る
キャリア・スタディ・プログラム

大学生は、大学での授業以外にも様々なことに取り組んでいます。今回の記事では、国際英語学科3年生にこの夏に体験した旅行代理店でのインターンシップの様子を報告してもらいます。

このインターンシップは、キャリア・スタディ・プログラム(通称CSP)で1年次後期から2年次末までの1年半、7つの業界ごとにクラスに分かれてその業界の知識を修得し、英語力を高め、その集大成のCSPインターンシップとして、企業や団体での職業体験を行ったものです。7つの業界のうちの一つが観光業で、今回のインターンシップでは2名の学生がひろでん中国新聞旅行で研修を行いました。

インターンシップでは、カウンター業務や、取引先への営業の同行、旅行の企画、子供向けの英語学習プログラムの教材づくりなど、様々な部署の仕事に携わり、教室の中での学びではわからない、旅行業界の業務の多様さに触れることができたようです。

それでは、2名の学生の体験談をご紹介します。

Internship1.jpg

カウンター業務でお客様への接客や案内を行い、コミュニケーションの難しさと面白さを体感しました。

私は今回のインターンシップで、笑顔で挨拶や接客を行うことやどんな業務でも常にお客様の立場で物事を考えることに最も力を入れました。その結果、インターンシップで自分の長所であるコミュニケーション能力をさらに磨けたと同時に考える力を十分に養うことができ、自分自身の成長に繋がりました。

またインターンシップを通して、旅行業界の知識はもちろん、働く上で大切な知識など多くの事を学ぶことができました。その中でも、ツアー企画や観光案内など様々な業務を実際に体験させて頂いた際、どの業務も会社の利益とお客様のニーズの両立を大切にしていることが分かりました。

インターンシップで学んだ多くの事を就職活動や社会人になった際に生かし、会社にもお客様にも貢献できる人材になりたいです。(H.H.さん)

Intership3.jpg

旅行会社主催の子供向け英語学習プログラムの教材の準備の様子。

私は旅行業に興味があり、今回のインターンシップでは旅行業の業務理解を深めることを目標として参加しました。以前から旅行業について調べていましたが、実際にインターンシップで営業部や商品企画部の業務を体験することで知ることができた業務が多くありました。社員の方々からお客様と接する際の心得や仕事のやりがい等のお話をうかがい、ホスピタリティの精神を持つことが大切であるということを学びました。

また、ツアープランニングを体験し、広い視野で考えることが必要であると気づき、様々な資料から観光スポットを見つけ出したりお客様のニーズを考えたりと試行錯誤しながら完成させたことで柔軟な思考力を身に着けることが出来たと感じます。

今回のインターンシップで多くの経験と知識を得ることができ、学んだことをこれから活かしていきたいです。(Y.M.さん)

Internship2.jpg

インターンシップで学んだことを踏まえて、自ら旅の企画を行い、プレゼンテーションを行いました。

二人とも、それぞれ目的意識を持って今回のインターンシップに臨み、観光業界の仕事だけでなく自分自身に関しても多くの発見があったようです。

新型コロナウィルス感染症の流行により、人との関わりを持つことが難しく、また観光業が大きな影響を受けていることもあり、インターンシップの実施も危ぶまれていましたが、そのような中でもひろでん中国新聞旅行の皆様のおかげで2週間の研修を実施することができました。

今回の研修で感じたこと、学んだことを、これからの学生生活や就職活動などの様々な場面で活かしてほしいと期待しています。

  • LINEで送る