人文学部 国際英語学科 ニュース

海外研修アーカイブ

「海外インターシップ」の研修の現地での様子を紹介する第2弾です。今回はK.M.さんに、留学生活の様子を伝えてもらいます。


カリフォルニア州サンディエゴに来て3週間が経過しました。
それぞれの学力に合ったクラスで8月29日から本格的に授業が始まりました。こちらの写真がその風景です。

17.授業風景.jpeg
writingの授業についての説明の後、授業が始まりました

選択授業では、アクセント、TOEFL対策、リーダーシップの三種類から選択することができました。その中で私はアクセントの授業を選択しました。ホストファミリーや先生に自分の意見を伝えるときアクセントの違いから英語がうまく伝わらないことが多く、自分の意見をはっきり伝えられるよう正しいアクセントを身につけたいと思ったからです。

今学期は日本人の留学生が多いため、意識していないと日本語をたくさん喋ってしまうので、皆それぞれの日常生活の中でも英語をしゃべるよう習慣付け、ボランティアやサークル活動に参加し、他国の留学生や現地の人と交流し英語を話す機会を積極的に増やしているように感じます。

2_f8f09834da985017c4f610d7a95f5c76.jpeg
オーシャンサイドビーチでビーチバレーや海水浴をし、学生同士の交流を深めました

8月28日は大学のイベントでビーチに行きました。サンディエゴのオーシャンサイドビーチは映画『トップガン』のロケ地としても有名で、ビーチのすぐ近くにはトップガンハウスもあります。サンディエゴのビーチはその地域の特色でもあるため、ビーチをきれいに保つためのボランティア活動も頻繁に行われているそうです。

その他にも、まだまだこれから学内・学外で沢山のイベントや活動があるので、この機会にたくさんのことを経験し、後悔がないよう一日一日を過ごしていこうと思います。


留学生活もまだ始まったばかりです。うまくいかないことも、壁にぶつかることもあると思いますが、仲間やホストファミリーの力を借りながら一つ一つ乗り越えて行くことを経験し、成長してほしいです。

前の記事

「海外インターンシップ」留学報告①

  • LINEで送る

国際英語学科では、3年ぶりに夏の海外研修を実施することになりました。その一つが、アメリカでの4ヶ月の研修「海外インターンシップ」です。今回は9名の学生がこの研修に参加し、8月中旬にアメリカに出発しました。これから12月の留学終了までの間、現地から学生たちに留学生活を報告してもらいたいと思います。

トップバッターはY.H.さんです。留学先の大学でオリエンテーションを終えた様子を報告してもらいましょう。

10.大学オリエンテーション集合写真.JPG
大学のオリエンテーションで世界中から集まった学生と集合!

「海外インターンシップ」の研修としてアメリカ合衆国、カリフォルニア州サンディエゴに来て一週間が経過しました。サンディエゴ国際空港に到着後は、ホストファミリーと対面しました。授業はまだ始まっておらず、8月22日(月)から4日間オリエンテーションが行われました。初日は学力レベルに合ったクラスに振り分けるためのプレースメント・テストがあり、リーディング、リスニング、ライティングの試験を受けました。この4日間のオリエンテーションでは、カリフォルニア州立大学サンマルコス校に留学しに来た他の国の留学生と交流する機会が多くありました。グループごとに大学内のキャンパスツアーも行われ、大学の広さに圧倒されました。

12.教室風景 大学オリエンテーション.JPG
教室で様々な説明を受けて学生生活の準備を行います

まだ、授業が始まっていないのでキャンパスは静かでしたが、来週からは授業開始とともに閉まっていた施設も開き、イベントが多く行われるそうなので楽しみです。オリエンテーション最終日には、大学の寮にあるプールで留学生向けのプールパーティーが行われました。フルーツやお菓子が配られ交流を楽しみました。

11. ランチ風景 大学オリエンテーション.JPG
屋外でランチを楽しみながら、学生同士で交流を深めます

私のホームステイ先ではルールがあり、水が高価なため、洗濯は一週間に一回です。部屋を使用していない時は基本的にドアは開けた状態にします。出かける際は何処へ行くのか、帰る際は何時に帰り、ご飯はいるのかを連絡する必要があります。夕食の時間は家庭によって決まっていたりします。

この一週間生活してみて、アメリカでは車を使用している人がほとんどで、バスに乗っている人や歩いている人はあまりいないことに驚きました。また、自分の意見をはっきり言う大切さを感じました。ホストファミリーは必ず私に意見を聞いて下さり、困った事があれば大学のスタッフやホストファミリーの人が必ず助けてくれます。もちろん相談するとなれば英語なので上手く伝わらない事も多くありますが、大半は理解してもらえています。今は自分自身が言いたいことに自信をもってストレートに話すようにしています。

来週から授業が本格的にスタートします。これから4ヶ月、良い学びに繋げていけるよう1日1日を大切に過ごし頑張ろうと思います!


すでにアメリカと日本の文化の違いにも気づき、驚きもあったようですね。今週からいよいよ授業が始まります。積極的に学びや活動に取り組み、英語力も含め大きく成長してもらいたいと思います。

次の記事

「海外インターンシップ」留学報告②

  • LINEで送る

今回は、まもなく出発する夏の海外研修の1つ、Global Village Field Experience(GVFE)Ⅰについて、事前授業で行っている準備の様子や学生の声をお伝えします(先日実施した「保護者対象説明会」の様子はこちら)。

1st year GSE (Global Studies in English) students are currently busy getting ready to join the GVFE fieldwork, which will be held in Vietnam during August. In the fieldwork, we will be joining students from universities in Vietnam and the United States and visiting a variety of different places, to learn about the local culture and the importance of community development.
(Global Studies in English(GSE)コースの1年生は、8月に行うベトナムでのGVFEフィールドワークに向けて準備に邁進しています。このフィールドワークでは、ベトナムとアメリカから参加する大学生と共に、さまざまな場所を訪問し、現地の文化とコミュニティ開発について学びます。)

Photo A (1).jpeg
Interviewing community members is a core skill for practising community development.
(コミュニティ開発においてインタビュー・スキルは重要!現地の人々へインタビュー中。(2019年度実施時の様子))

In classes, we have been preparing for this exciting and challenging fieldwork experience. Not only are students learning about sustainable and community development, as well as some background information about Vietnam, but they have also been actively practising skills such as interviewing local NPO groups and community leaders, which will be important for understanding the community when we are in Vietnam.
(このフィールドワークは参加する学生とって大きな挑戦となるものですが、そのために事前準備を授業で行います。まずは、ベトナムの基本情報や持続可能なコミュニティ開発について学びます。さらに、現地でNPOやリーダーの方々にインタビューを行う際、十分に理解を深められるよう、インタビュー・スキルを実践的に学びます。)

I asked two of our students to share their thoughts about our preparation, and their hopes and expectations for the upcoming fieldwork.
(二人の学生に、フィールドワークに向けての今の思い、準備、期待することなどを聞いてみました。)

"In our recent classes, we started by thinking about Globalization from various perspectives, and especially, reflecting on how a country like Vietnam has changed. We learned to be critical about ideas like 'development', and ask who gets to decide what development takes place, and who it benefits. We also had a chance to communicate with previous participants and local experts, to help us prepare. I'm looking forward to meeting Vietnamese students, community members, and also people from the United States. It will be the first time for me to use English in such a situation, but with the support of staff and others, I am hopeful that it will be a positive experience for me." (Y.Y.)
(授業では、グローバル化についてさまざまな視点から学び、特にベトナムのような国がどのように変化してきたかについて考えてきました。「開発」という言葉を批判的な視点で捉え、誰が、どのような開発を行う決定権を持つのか、誰がその恩恵を受けているかについて考えました。また、過去にこのフィールドワークに参加した人々や現地の専門家と話す機会もありました。ベトナムの大学生や現地の人々、アメリカからの参加者と会うのが楽しみです。フィールドワークのような場で英語を使うのをは
初めてですが、さまざまなサポートを受けながら、充実した経験にしたいと思っています。)

Photo B (1).jpg
Group work with people from around the world is one of the key features of the fieldwork experience.
(世界中の人々とグループワークを行う機会があることも、このフィールドワークの魅力です。(2019年度実施時の様子))

"As YY said, we've spent some time learning and thinking about globalization and development. However, we've also been practising practical skills such as interviewing by meeting a local NPO and speaking to local community leaders here in Hiroshima. I'm excited to travel to Vietnam this August, because I have heard from previous participants that it was a transformative experience, and as well as learning about local culture and development, I can make international friendships that will continue into the future." (R.V.)
(これまでにグローバル化と開発について学んできました。さらに、広島のNPOや地域で活動する方々と話をする機会を通して、インタビュー・スキルなどの実用的なスキルの習得をめざして実践的に練習を重ねてきました。ベトナムでの活動がとても楽しみです。過去の参加者から聞いた話では、このフィールドワークは、ベトナムの文化や開発を学ぶだけでなく、自分を変える体験になり、さまざまな国の出身の人々と一生涯の友人になれるそうです。)

Photo C (1).jpeg
HJU students with their many new friends in Vietnam. As RV says, GVFE is a chance to make international friendships that will last a lifetime.
(GVFEで生涯にわたる友人をたくさん作ろう!(2019年度実施時の様子)

Thank you so much to YY and RV for sharing their experiences. I'm looking forward to sharing our many stories when we return from Vietnam!
Y.Y.さん、R.V.さん、ありがとうございました。後日研修中やその後の様子をお伝えしたいと思います。どうぞお楽しみに。

  • LINEで送る