国際教養学部 国際教養学科 ニュース

アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート②
社会系

2017年度アジア・アフリカフィールドワークの渡航先は、広島女学院大学では初のアフリカ、ザンビア共和国です。
国際教養学科3・4年生6名が参加しています。
(※2018年度からは生活デザイン学科地域デザインにおいて同様のフィールドワークを行います。)

学生による3・4日目の研修内容のレポートをお届けします。

**********

ザンビア滞在3・4日目も素敵な体験ができました✨

8月29日
3日目の午前には、現在ザンビアで国際協力の活動に携わる日本人の方にお話を伺いました。前日にお話を伺った商社の方とはまた違ったザンビアの捉え方を感じることができ、日本人としてのアフリカへの関わり方について、私たちの考えの幅が広がりました。

午後には、首都ルサカより車で約3時間、伊藤先生が調査をしている農村に移動し、お世話になりました。首都ルサカより標高が低いため気温も高く、育てられる穀物も違っていました。
村の家族からは温かいもてなしを受け、子供たちと日が暮れるまで遊びました。また、ザンビアの女性たちのファッションの一部である髪結いにも挑戦しました。

Day3-4 P1.jpg

Day3-4 P2.jpg

夜には、電気がない村で満点の星空を見ることができ、自然を体一杯に感じることができました。

8月30日
4日目には「Sleeping Cow」と名付けられたバオバブの木(牛が寝ている形をしているため)や現地の学校などを見学しました。

Day3-4 P3.jpg

また、生まれて初めて動物(ヤギ)の屠殺を見ました。お昼ごはんには、そのお肉をありがたく戴きました。

Day3-4 P4.jpg

夕方には村から車で約1時間のところにあるシアボンガという町に移動しました。大きな湖の湖畔にある小さいけれど賑やかな町です。

明日は地元の人が利用するマーケットに行く予定なので、より近くから現地の生活を学ぶことができそうです☀

3年 大上真依

**********

農村部の滞在は、日本では体験できないような新しい体験ばかりだったようです。
予定されている様々な活動に加えて移動時間も長く、特に農村部は暑かったため体力的に辛いときもあったと思うのですが、学生は思う存分ザンビアでの経験を楽しんでいます。
後半の研修でも、彼女たちが何を感じ、何に戸惑い、そこから何を得ていくのか、引率教員として楽しみで仕方ありません。

引率 伊藤千尋

バックナンバー
アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート①

次の記事
アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート③

  • LINEで送る