国際教養学部 国際教養学科 ニュース

海外英語教育インターンシップ 研修レポート①~ホームステイ先での生活~
英語系

2017年8月18日~9月21日、イギリスのマンチェスターで国際教養学科の「海外英語教育インターンシップ」が実施されました。(※2018年度開設される国際英語学科「海外研修Ⅱ」に引き継がれます。)

3年生の田中さん、2年生の中原さんが参加し、1か月に渡りホームステイをしながら語学学校で英語を学び、現地の小・中学生に英語で日本語・日本文化を教える経験をしました。

このフィールドワークは引率なしで、航空券や保険の手配もすべて学生が行います。人に頼らず自分でカスタマイズすることで、経験をより深く自分のチカラにすることができる研修です。

今年の研修の様子を「ホームステイ先での生活」「語学学校」「エクスカーション」「学校でのインターンシップ」の4回に分けてレポートします!

ホームステイ先での生活

私のステイ先は移民の家庭で、おばあさん、その息子さん家族が住んでいました。3人の子供たちもいて、毎日が明るい家庭でした。

マンチェスター市内から北に、バス1本で30分のところで、バス停も家の前にあり、とても便利でした。他の国の学生さんも滞在しており、一緒に英会話を楽しむことができました。夕食の時間には、ホストマザーのおいしい食事をいただきながら、一日の出来事を報告し会話を楽しみました。

ホームステイ(田中) ①.jpg

毎週日曜日には、親戚が集まり、パーティーを開いていました。時には誕生日パーティーもありました。その時はたくさんの子供たちが来るので、日本のお土産を渡すととても喜んでくれました。

ホームステイ(田中)②.jpg

約4週間の滞在が終わり、いよいよお別れのとき、おばあさん、子ども達から一段とあついハグをしてもらいました。最後の最後まで見送ってくれ、とても嬉しかったです!

田中

私のステイ先はマンチェスターの南に位置しており、バスで45分程掛かる所にありました。日本で言うアパートように連なった家で、2階建でレンガ風の可愛らしい家でした。ホストファミリーはお母さんと成人の息子さん、そして黒猫が1匹いました。

ホームステイ(中原).jpeg
ステイ先近くの風景

ホストファミリーと会話をする機会は、残念ながらあまりなかったのですが、お出かけも含めて行動は基本自由だったので、近くの公園やバス停に行き、様々な人に声を掛けて会話を楽しみました。リスに遭遇することもありましたよ。

リス.jpeg

街で出会った人々は国や年齢によって話し方やイントネーションなどまちまちで、その違いに気づくことができ、有意義な経験ができたと感じています。

中原

次回は、語学学校での授業や放課後のマンチェスター散策の様子について紹介します。

次の記事

研修レポート②~語学学校~

  • LINEで送る