人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

地域デザイン領域

今回の「グローカルフィールドワーク」では、横浜にあるシルク博物館を訪問しました。

横浜は、開港以来、日本を代表する港町として繁栄し、中でも、当時の主要な輸出品であった生糸の集積地として発展しました。日本の各地から横浜へ運ばれた生糸は、世界各国に輸出されました。蚕糸業から絹製品の製造、輸出にいたるまで、幅広く学ぶシルクについて学ぶ機会を持つことができました。シルク博物館の訪問にご対応いただき、シルク博物館の館長、学芸員、職員のみなさまに深く感謝いたします。

学生の感想

シルク博物館1.JPG
(シルク博物館1)

シルク博物館は、横浜開港百年記念事業として、1959年3月に開館した場所です。ここでは実際に生きている蚕(かいこ)を観察することができ、どのように繭を作るのかなど普段見ることができないものが見られます。実際に蚕を観察できるだけでなく、繭を作る蚕を見ることができ、機械を使って蚕が作った繭の糸を集める様子も見られて、とても貴重な体験をさせていただきました。(3年生 O.K.さん)

シルク博物館2.JPG
(シルク博物館2)

横浜は、日本の開国後当初に開かれた港で、シルクの生産地ではなく、集積地として栄えました。しかし、現在では、国産のシルクは減少するいっぽうで、中国の生産量が世界一位となっています。シルクは、動物性の天然繊維に含まれます。化学繊維は、そのシルクをめざして作られています。1頭の蚕から一本0.02ミリと細い糸が採れ、1,300mのシルクを採ることができます。蚕のさなぎは、釣りの餌として利用されたり、蚕のふんから染料を採ったり、肥料としても利用されるなど、蚕は、さまざまな用途で使用されます。(3年生 D.A.さん)

シルク博物館3.JPG
(シルク博物館3)

この研修では、蚕の特性、蚕の成長過程などを、実際に観察して、絹の原材料である生糸の生産について学びました。蚕の飼育から製糸までの多くの工程と手間を知り、蚕の命を犠牲にしていることを知りました。改めて、衣服の手入れやリユースの重要性に気付かさました。蚕の命をいただいていることに感謝しながら、絹製品を大切に使用していきたいと思います。(3年生 S.T.さん)

シルク博物館4.JPG
(シルク博物館4)

シルク博物館の一階では、シルクに使う糸を作る蚕の生態や機械を使った糸巻きの様子、シルクの歴史等が展示されています。子どもにも分かりやすい解説や機織り体験等で、シルクや生糸の貿易への理解を深めることができます。
二階の「シルクのあゆみ」という展示スペースには、日本の和服が時代ごとに展示されており、美術館のような雰囲気で衣服の歴史を辿ることができます。
学芸員の方からお話を聞きながら観察できたので、より詳しく知ることができ、普段できない貴重な体験をたくさんすることができ、とても良い研修になったと感じました。(3年生 K.Yさん)

横浜スタジアム.JPG
(横浜スタジアム前で)

シルク博物館に向かう途中で、横浜スタジアムの前を通過しました。研修期間中は、試合がありませんでしたが、横浜のど真ん中にある横浜スタジアムは、迫力があって、とても綺麗な外観でした。


歴史、ファッション、建築、街づくりなど幅広い学びをフィールドワークでは得ることができます。様々なプロジェクトや課外活動に参加している学生の話を聞きたい人はぜひイブニングオープンキャンパス(10月28日)においでください。少人数での対応なので、在学生としっかり話がしてもらえます。

また、公募制入試対策講座を10月9日に開催します!学科教員が講師となり、実践的なアドバイスをしますので、受験を考えている人はぜひご参加ください!

前の記事:生活デザイン学科フィールドワーク報告①

  • LINEで送る
地域デザイン領域

今回は、夏休みに実施された夏期のフィールドワークについてレポートします。

生活デザイン学科の「グローカルフィールドワーク」という科目では、公共政策、地域活性化、グローバル化について、その実情を調査し、観察し、より良い社会、地域の創出について学ぶことを目的としています。

IMG_2026羽田空港到着.JPG

IMG_2069船と港.JPG
IMG_2058ランドマークタワー.JPG

前期の授業で、フィールドに関する事前学修を行い、9月4日(日)から9月8日(木)まで、横浜・鎌倉にフィールドワークを行いました(学生7名、引率教員1名)。
これから数回にわたって、その様子の一部を報告します。


香りの文化

現在、香水やフレグランスに関心を持つ学生は多いですが、日本の伝統的な香りの文化に関しては、ほとんど学ぶ機会がありません。そこで今回は、日本のお香の文化を学ぶ体験をしました。松栄堂は、創業300年という長い歴史のある香りを扱うお店です。京都の本店を中心に全国に店舗を有し、2020年に、横浜店がオープンしました。今回は、この松栄堂横浜店を訪問させていただきました。松栄堂のみなさま、ありがとうございました。

IMG_2055松栄堂3.JPG
(松栄堂にて)

学生の感想

今回、日本のお香の歴史や松栄堂の歴史を学びました。匠の心を守り継ぎつつ、時代の変化に合わせ新しい香りを創造し続ける世界を知りました。飛鳥時代からの日本のお香の歴史を学び、お香の種類も教えていただき、自分好みのお香を調合させていただきました。実際に、お香を調合してみると、調合した香りがひとりひとり全然違っていて、人それぞれ好みが全然違うことも分かりました。(3年生 O.Kさん)

IMG_2041松栄堂1.JPG
(香り袋つくり)

お香は、平安時代などの貴族社会では、主に上位にいる人たちが使用していました。しかし、江戸時代中期から末期では、お線香(今でもよく見かけるスティックタイプのもの)が生まれ、タイマーとしても使用されるようになりました。お香に使用される香料は、主に東南アジア中心に採れるもので、日本ではほとんど採れないなど、普段知らないことを学ぶことができました。(3年生 D.Aさん)

お店では、お香の香り楽しむことができ、そこで、香り袋を作る体験をさせていただきました。香り袋は現在人気があり、線香を使うことがあまりない人でも気軽に香りを楽しめるものでした。この香り袋を服やカバンの近くに置き匂いをつけることもあるそうです。名刺に匂いをつけることもあると知り、様々な用途があると分かりました。お店には、他にも興味深い商品が多くありました。店内はとても明るく、香りとともに視覚的にも楽しむことができました。横浜で和の香りを知ることができるのは意外でした。(3年生 T.Kさん)

IMG_2047松栄堂2.JPG
(松栄堂ショップにて)

IMG_2036ショップ探索(香水).JPG

IMG_2035ショップ探索(香水).JPG
(香水ショップ探索)


この他にも授業の様子は学科公式インスタグラム学科公式ツイッターでも配信中です!
ぜひフォローください!

次の記事:生活デザイン学科フィールドワーク報告②

  • LINEで送る

受験生の皆さん、そろそろ推薦入試受験の準備が始まる頃かと思います。指定校制推薦入試、公募制推薦入試で生活デザイン学科に入学した在学生に体験談を聞きましたので、紹介します。

指定校制推薦入試で入学したA.Oさん(3年)

Q.指定校制推薦入試を受験しようと思ったきっかけは何ですか?

A.高校2年生の頃、広島女学院大学を受験しようと考えていた友人から教えてもらいました。受験において少しでも早く合否が決まるということに安心感があったので、推薦に魅力を感じ受験しました。

Q.受けるまでに不安はありましたか?また、それをどう解消しましたか?

A. 面接で上手く話せるかが不安でしたが、自分で質問の候補をピックアップしてどう回答するかのメモをまとめたり、先生や友達にお願いして何度も練習して大丈夫と思えるまでひたすらシュミレーションを繰り返したりしました。

Q.受験科目は何でしたか?また、いつからどのように対策をしましたか?

A.小論文で受験しました。高校の授業で対策をしていたので、それを真面目にやっていました。

Q.面接はいつからどのように対策をしましたか?

A.高3から授業内で始まっていましたが、推薦入試受験が決まってから本格的に先生との練習や休憩時間に友達と一緒に練習し合っていました。

Q.面接はどんな印象でしたか?

A.緊張していて曖昧ですが、面接官の先生方は優しそうという印象はありました。時事関連の質問でニュースの意図をうまくくみ取れていない回答をしてしまったときに、優しく大丈夫だと言ってもらえたので、不安が少し和らいで、落ち着いて持ち直すことができたということを覚えています。

Q.推薦入試を受けるメリットは何ですか?

A.受験方法の選択肢が増える。早めに合格が決まるので、安心できる。学力に自信が無くても、頑張れば合格する可能性が高まる。

Q.受験を考えている人にアドバイスをお願いします。

A.推薦してもらえるよう、授業を頑張っていい成績を取っておくことだと思います。あと、面接練習はとにかくたくさんしておいて損はないと思います。たくさん声に出して練習することで本番にも耐性がつくと思います。
また、推薦で決まった人用の課題が大学から出るので、それを真面目にすることと、合格してもきちんと勉強は続けることです。

Q.受験を考えている高校生にメッセージをお願いします。

A.不安はあると思うけど、とにかくしっかりと答えることが出来れば案外何とかなります。

220920_design_1.jpg
(A.Oさんは最近マカロンがお気に入りだそうです!)

公募制推薦で入学したM.Yさん(2年)

Q.公募制推薦入試を受験しようと思ったきっかけは何ですか?

A.高3の11月の半ばごろに受験しようと思いました。それまでにオープンキャンパスに行ったり、ホームページを見たり資料請求もしていましたが、生活デザイン学科の学びの幅が広いことや、女子大生が過ごしやすい環境が整っていることに魅力を感じ受験を決めました。

Q.受けるまでに不安はありましたか?

A.面接時に答えが思いつかず、頭が真っ白になってしまうかもしれないことが不安でしたが、ホームページやパンフレットを読み込み、入学後の学生生活を具体的に想像し、文章化することや、何度も面接練習を行い、不安を解消しました。

Q.受験科目は何でしたか?また、いつからどのように対策をしましたか?

A.英語検定資格を利用したので、面接のみでした。高校在学中の頑張ったことが評価してもらえるので受験しやすかったです。

Q.面接はいつからどのように対策をしましたか?

A.12月頭ごろから対策を始めた。志望理由書を何度も読み、1文1文を詳しく説明する練習、理想の4年間を具体的にイメージし、説明する練習、自己分析に取り組みました。

Q.面接はどんな印象でしたか?

A.面接中、先生方が怖い、話にくいという印象はありませんでした。真剣に興味を持って話を聞いてくださいました。また、しっかりとリアクションを取ってくださり、リラックスして話すことができました。

Q.公募制推薦入試を受けるメリットは何ですか?

A.時期が他の推薦入試よりも遅いため、しっかりと対策を行えたことです。

Q.受験を考えている人にアドバイスをお願いします。

A.面接に備え、自己分析をすること。家族、友達、先生に、自分はどんな人ですか?と聞いてみると、自分では気づくことができなかった長所や性格に気づくことができると思います。また、しっかりと学生生活をイメージすること。入学後どんな授業を履修したいか、サークル活動、役員活動、行事など何に参加し、どんな力をつけたいか、卒業時にどんな女性に成長していたいか、今そのために始めていることはないかなど、自分の考えを深めておくといいと思います。
受験後は質問されたことを思い出し、考えを整理するといいと思います。また、私は一般試験の勉強を継続していました。

Q.受験を考えている高校生にメッセージをお願いします。

A.今全力で頑張れば素敵な女子大生生活が待っています!一緒に理想の大人な女性へ成長していきましょう。

220920_design_2.jpg
(M.Yさんのお母様から譲り受けた服でコーディネートしたお気に入りのショットです)


A.Oさん、M.Yさん、貴重な体験談をありがとうございました。
また、昨年度公開した公募制推薦入試体験談動画もぜひご参考ください。

220920_design_3.jpg
(クリックすると音声が流れます)

小論文が苦手、高校で対策されていない、という高校生には本学の公募制推薦入試対策講座の中で、課題小論文対策講座も開催します。

高1・2生の受講も可能です。申し込みはこちらから!

  • LINEで送る