人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

被服・ファッション領域

以前の学科ニュースでもご紹介した通り、今年度はあやめ祭が3年ぶりに開催され、本学科のファッション系学生によるファッションショーも実施されました。今年は「再び登場する」という意味を込めて「Curtain call」というテーマで、22名の学生が衣装制作に取り組みました。

ninkitouhyou202203.jpgninkitouhyou202202.jpg(ショー終了直後の集合写真です。撮影時のみ、マスクを外しています)

12月からは大学図書館フリースペースで展示を行い、学内ポータルサイトと展示会場で人気投票を行いました。127名から投票があり、ファッションショーを見た感想や展示会場で楽しんでくれた様子などの声もいただきました!

今年も人気投票の上位作品を紹介します。

第2位は2人いました。1人目は、「私のウエディング」と題し、理想のドレスデザインをカタチにした数戸れなさん(3年)の作品です。トレーンが印象的で、シルエットにもこだわった力作でした。

ninkitouhyou202206.jpg

同じく第2位は、待望の有観客でのショーに出演で自由参加だからこその気合を見せた4年生の島谷海那さんの作品「TIAM」です。さわやかな緑色のドレスを身にまとい、舞台に立つ姿はまるで妖精の女王のような、ファンタジーな雰囲気でした。

ninkitouhyou202204.jpg

そして、第1位は古本涼華さん(3年)の「Luminous」です。繊細なレースをふんだんに使った、オフホワイトのドレスが多くの学生達の心をとらえたようです。制作中はうまくいかなくて、くじけそうになった時もあったようですが、最後まで丁寧に仕上げました!

ninkitouhyou202205.jpgninkitouhyou202201.jpg(ドレスと最優秀賞の賞状と一緒に)

ランクインした作品はもちろん、どの作品も一生懸命作っていましたね。制作の様子は学科公式インスタグラムツイッターで紹介しています。さかのぼって見ていただくとまた違った発見があるかもしれません。

また、古本さん含む3名の学生のファッションショーについてのインタビューがキャンパスニュース最新号(2023年1月発行)に掲載されていますので、こちらもぜひご覧ください!

そして、3月21日(火・祝)開催予定の春のオープンキャンパスではこれらの作品を含む、今年のファッションショーの衣装がそろい踏み!ぜひ実物も見に来てください!

  • LINEで送る

生活していくうえで、色彩は欠かすことのできない要素の一つです。これを思い通りに使えるようになれたらいいと思いませんか?生活デザイン学科では、色彩についてどんな風に学ぶことができるのでしょうか。学生から紹介記事が届きましたのでご紹介します。


こんにちは、学会誌2年のT.Sです。今回ご紹介させていただく授業は、「カラーコーディネート演習(2年後期)」です。現在履修中のため、15回の授業全体についてご紹介することはできませんが、授業でどんなことをやっているのかをお伝えできればと思います。

この授業は色彩について様々な視点から学びます。最初は色の見え方から入ります。その後「色相」「明度」「彩度」といった色の三属性、カラーシステム、色彩心理、色名、色彩調和などといった流れで学びます。(11回目までの内容のため、他にも学べる内容があると思います。)
また、この科目は実務経験のある外部の先生が教えてくださいます。基本的に講義形式で行われ、カラーカードで演習を行います。色彩検定3級のテキストが教科書になっており、主に3級の内容と+αで3級以外のテキスト内容を行っています。今年度はオンラインで実施されたため、授業後にQuestion(当日の授業内容について)が配信され、そのQuestionに答えて出席確認といった流れで学んでいきます。

講義内容は先生が丁寧に教えてくださるので、「わからない!」ということはないと思います。カラーカードを使った演習では、時間を取ってくださるので置いてけぼりにされることはありません。なので自分で考えて並べることができました。画面内でも先生がカラーカードを並べた結果を提示してくださるので、どこが当たっていて、どこが違っていたのかを確認することができます。カラーカードを使った演習は、最初は難しいですが、回を重ねるごとに正答率が少しずつ上がるので練習あるのみだなと実感できました。
特に私が好きだった回は、カラーシステムのトーンについてです。色の色調によって呼び名がそれぞれあり、「色の明るさ・暗さ」、「鮮やかさ・くすみ」などを知ることができたからです。テキストを参考にすると、色調の変化を知ることができるのでなお楽しいです。

この授業は色彩に興味のある方はもちろん、テキスト内にインテリアやファッションにおいての色の使い方が記載されているため、ファションやインテリアに興味のある方にもおすすめだと思います。さらに、3級のテキスト内容に沿っていますので、色彩検定に興味があるまたは3級を受ける予定・受ける方にもおすすめの授業だと思います。

seide-sikisai01.jpg

(私の授業ノートです。イラストを描いてイメージしやすく工夫しています。)

seide_sikisai02.jpg

(課題でカラーカードを自分で並べた様子です。)


T.Sさん、ありがとうございました!以前、課外活動の紹介で色彩検定UC級を取得したT.Sさんですが、この学びを活かして、後期には色彩検定3級にチャレンジし、こちらも合格しました!おめでとうございます!

seide_sikisai03.JPG

(次は2級にチャレンジすることを考えているそうです!)

授業や課外活動を通して、色々な知識や技術を身に付け、資格に挑戦したり、コンテストに応募してみたりと主体的な学生生活が生活デザイン学科では可能です!

学科の学びについては、学科公式インスタグラムツイッターでも情報発信中!

ぜひフォローください♪


イブニングオープンキャンパス開催中!
平日夜に行っています。学生と行く実習室ツアーが好評です!

また、3月21日は春のオープンキャンパスを開催します。在学生に学生生活のリアルを話してもらう企画を考えています!

  • LINEで送る

前回に引き続き、生活デザイン学会学会誌編集部の学生による、あやめ祭の報告をお届けします。今回はヒノハラホールの展示、模擬店、キッチンカーについてです。

4.ヒノハラホール展示

こんにちは。学会誌編集部1年R.Sです。
当日午前は雨が降りましたが、たくさんの方がご来場くださったようです。大学祭といえば、大学生が主役かと思いきや、ご高齢の方からお子さんまで、幅広い年代の方がいらっしゃったので少し驚きました。特にヒノハラホール前のキッチンカーには長い行列ができていたのが印象的でした。

さて、私は、ヒノハラホールの1、2階の学科展示について紹介します。

1階では管理栄養学科、国際英語学科、生活デザイン学科の展示などがありました。

ayamesai202208.jpg

ayamesai202210.jpg
(ヒノハラホール1階の様子)

国際英語学科
海外研修や海外インターンシップの紹介の展示をしていました。

管理栄養学科
資生堂と連携した肌診断が行われていました。私も肌診断をしてもらい、肌のお手入れのアドバイスをいただきました。他にもアルコールパッチテスト、朝ごはんの推進の展示などもありました。管理栄養学科の学生が来場した方々に案内をしていました。

生活デザイン学科
生活デザイン学会執行部が主催する「Zoom 私だけのシャッター」という写真コンテストの展示を行っていました。来場した人全員が、投票できる参加型の展示で、空や動物、植物など様々な部門の美しい写真を見ることができました。これについてはこちらの記事もご覧ください。

2階には、日本文化学科、児童教育学科の展示がありました。

ayamesai202209.jpg
(ヒノハラホール2階の様子)

日本文化学科
ゼミの紹介や学生が作成した研究についてのパワーポイントの紹介の展示がありました。

児童教育学科
絵本の紹介や手作りのおもちゃ、ピカピカの泥だんごなど遊び心のあるものを展示していたり、おもちゃ作りや玉入れなどのゲームも用意したりしていて、お子様が楽しんでおられました。

他にもサークルや同好会の紹介も展示されていて、これはぜひ高校生の皆様に見ていただきたいなと思いました。

私はあやめ祭に初めて参加しましたが、学科展示を通して様々な学科の活動について知ることができました。この日はオープンキャンパスも同時開催だったので、来場した高校生もこれらの展示を見て、本学のことを知ることができたのではないでしょうか?また、この記事を通して、少しでも広島女学院大学のあやめ祭に興味を持っていただけたら幸いです。

5.模擬店、キッチンカー

こんにちは、学会誌編集部1年Y.Uです。
あやめ祭にはたくさんの出し物がありましたが、その中で私が取材させていただいたのは、アイリスカフェと模擬店とキッチンカーです。どのお店の方も丁寧に対応してくださいました。

最初は、あやめ祭実行委員主催の「アイリスカフェ」に取材をさせていただきました。

Q.カフェを出店するのに工夫した点はありますか?

A.あやめ祭がピンクのイメージなので看板や、お皿など女の子らしさが出るように工夫し、装飾の面では飾り付けも頑張りました。

とても明るく楽しそうな雰囲気のお店でした。

ayamesai2022011-1.jpg
(アイリスカフェの様子)

次に、模擬店の「きものリメイクラボ」に取材をさせていただきました。こちらは生活デザイン学科の学生が主催している着物リメイクプロジェクトの商品を販売していました。

Q.ディスプレイで工夫した点はどこですか?

A.お客さんに手に取ってもらいやすくなるようにつけ襟をハンガーに掛けたり、ポーチは手に取って生地を確認してもらうためにサンプルを置いたりと工夫をしました。また、試着してもらうことも想定した配置も心がけました。

お店では、付け襟を販売の学生さんもつけていて販売の工夫が見られました。

ayamesai2022012.jpg
(お店の様子)

ayamesai2022010-1.jpg
(販売準備をする学生の様子)

最後にキッチンカーの「Lavi`s Kitchen(らびずきっちん)」に取材をさせていただきました。

Q.今回出店するのに工夫している点はありますか?

A.三種類あるカレーは本来、値段がバラバラですが、700円均一にして工夫をしています。

現在コロナ禍でギャップのあることをしたく、東広島市にある店舗だけでなく、キッチンカーを始め、地元である広島県の食材を使ってカレーを作っているそうです。

ayamesai2022013.jpg
(キッチンカーの様子)

3年ぶりの開催で、どのお店の方も楽しそうな雰囲気であやめ祭を盛り上げておられました!


R.Sさん、Y.Uさん、ありがとうございました。1年生の2人もしっかりあやめ祭を楽しんでくれていたようで何よりでした。

3回にわたり、学生によるあやめ祭の報告を行いました。あやめ祭はあやめ祭実行委員会という学生団体が運営をし、学科、クラブ・サークル、教職員や他大学、学外の皆さんと一緒に作り上げています。来年度はさらにパワーアップして開催されることと思います。どうぞお楽しみに!

前の記事

【学生報告】3年ぶりのあやめ祭!②

  • LINEで送る