人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

学生生活アーカイブ

10月28日にテレビでも話題となった、広島女学院大学のキャンパス内で、初めての試みであるハロウィンイベントという催しが行われました。

生活デザイン学科の学生がプロジェクトリーダーとなり、様々な学科、学年の学生と協力して、企画・運営したものです。そこで、生活デザイン学会学会誌編集部のT.Kさん(3年)とN.Mさん(2年)の2人が、リーダーへのインタビューと当日の報告レポートを書いてくれたので紹介します。

221111_design_1-1.JPG
<生活デザイン学科の授業の様子>

プロジェクトリーダー学生 竹内さんへのインタビュー

Q.なぜこのイベントを開催しようと考えましたか?

A.入学してからコロナ禍により大学生活で印象に残る思い出が無かったため、学生たち自らで、学校全体を盛り上げる活動をしたいと思ったからです。

Q.いつから準備を始めましたか?

A.ハロウィンイベントの発案なども合わせて8月下旬ぐらいです。

Q.イベントを企画・開催する中で大切にしたことは何ですか?

A.普段できないイベントだからこそ、とにかくハロウィンフェスタの雰囲気を楽しんでもらうことです。

Q.イベントを企画・準備・開催する中で大変だったことは何ですか?

A.1つ目は、実行委員の構成メンバーは学科学年がバラバラなので、スケジュールがなかなか合わなかったことです。オンラインミーティングを行いましたが、顔合わせが出来ず不安でした。
2つ目は、学内装飾をしたことです。空きコマを利用して、シールやその他の飾り物を学内のあちらこちらに付けることが大変でした。また、ヒノハラホール1階がフォトスポットになっており、たくさんの風船を膨らますことも大変でした。

Q.イベント開催にあたり、来年以降の目標はありますか?

A.来年も、ぜひ学生主体のイベントや季節ごとのイベントを増やして欲しいです。また、今回のようにハロウィンフェスタも継続してくれると嬉しいです。

Q.学生に呼びかけたいことをお願いします。

A.大人数で活動することが好きな人や、学校生活で達成感を味わいたい人は、ぜひイベントを主催してほしいです。初めは不安でも、学生が動けば教職員の方も支援してくださるので大丈夫です!

竹内さん、たくさんの質問に答えて下さりありがとうございました!

当日の様子

当日はキッチンカーやフォトスポット、カチューシャ貸出などがあり、ハロウィンを楽しめる工夫が多くありました。また教職員の皆さんがお昼休みには仮装をしてパレードをしており、参加し、楽しむ人が学生だけではないイベントであるところが大きな特徴です。

221111_design_2.jpg
フォトスポットのあるヒノハラホールの様子

221111_design_3.jpg

221111_design_4.jpg
キッチンカーと学生たちの様子

221111_design_5.jpg
教職員による仮装パレードの様子

221111_design_6.jpg

221111_design_7.jpg
学内の装飾の様子

このように学校全体を巻き込んでのイベントになり、普段とは違う1日を過ごせた人も多いと思います。
また、学外の皆様にも、広島女学院大学の魅力や自由さが伝わったのではないでしょうか...!ハロウィンフェスタは今年初めて開催しましたが、大盛況に終わりました。
私は、学生が自ら「何かしたい!」という気持ちさえあれば、実際に何でもできてしまうというところが広島女学院大学の魅力だと思います。残りの学生生活をより濃いものにしていきたいです。


T.Kさん、N.Mさん、ありがとうございました。生活デザイン学科の学生を中心としたたくさんの想いが色々な人の協力により形となり、本当に良い1日でした。

次の学生が活躍するイベントは11月13日のあやめ祭ですね!
生活デザイン学科ではヒノハラホールで教職員と学生のフォトコンテストや、ランバスホールでのファッションショー、様々なプロジェクトが模擬店を企画しています。

大学祭オープンキャンパスも開催されますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

☆HJUきものリメイクラボ☆公式インスタグラムで2022年度のリメイク商品の情報を配信中!

  • LINEで送る

大学では後期が始まりました。夏季休暇中に学外での課外活動をした生活デザイン学会学会誌編集部の学生から報告が届いたので紹介します。


こんにちは、学会誌編集部3年 I.I です。今回、私は広島県廿日市市吉和にあるプロテスタント教会「吉和インマヌエル宣教センター」の日曜礼拝に参加させていただきました。
礼拝の様子は、本学で行われる礼拝様式と同じようだったので馴染みがありました。大まかな流れは、賛美歌を一同で歌い、牧師先生のメッセージがあり、最後に賛美歌を一同で歌って終わるというものでした。牧師先生のメッセージも聖書の御言葉を分かりやすく語っておられました。

このセンターは、2016年に設立され、一般の教会とは少し違い国際的な交流に力を入れておられるようです。
日曜日礼拝などはもちろんありますが、聖職者たちの育成プログラムとして海外から講師を招きセミナーなども開かれています。クリスチャンの人々が集まり、集会やイベントが行える場所にするため「教会」ではなく「宣教センター」という名前がついているのだと伺いました。
今まではコロナ禍のためイベントを行えずにいたようですが、再始動のための準備をされているそうです。

センターには、日本人の方だけでなく、韓国人の牧師先生やスタッフの方もおられ、賑やかな雰囲気でした。
昼食には韓国料理が出ましたが、韓国料理になじみのない方でも食べられるくらいの辛さで、とてもおいしかったです。

他にも、遠方から来られた方や、イベントのために集まった方のためのゲストハウスもありました。
私は、特に建物とその後ろの風景が心に残っています。緑あふれる山の中にある別荘地の狭い道を抜けると一気に広い教会の敷地が広がっていました。そこには青と白が基調となっている建物が太陽の光で輝いているようでした。
また、建物の裏手には山々の壮大な風景が広がり、気持ちの良い風が山から吹いてきます。教会の中もエレガントな雰囲気で、結婚式なども行える事を想定した内装にしているそうです。

自然豊かな環境に包まれた場所なので、たまに気分転換としても訪れやすい場所ではないかと思いました。
機会があれば足を運び、ぜひ礼拝に参加してみてください。

【礼拝時間】
日曜礼拝 午前10時30分から
水曜礼拝・金曜礼拝 午後7時から

外観.jpg
写真1 吉和インマヌエル宣教センター 外観写真

礼拝堂.JPG
写真2 礼拝堂

ゲストハウス.JPG
写真3 ゲストハウス

エントランス.JPG
写真4 エントランス

カフェ.JPG
写真5 カフェ


I.Iさん、レポートありがとうございました。少しなじみがないと思う場所も、建築や文化など学びの視点を変えてみると新しい発見や興味を持てるポイントが生まれそうですね。

イブニングオープンキャンパス開催中!

在学生とのお話や、学生作品を展示した実習室を見学して、広い視野を身に付けるきっかけを得てみませんか?平日夜の落ち着いた雰囲気で学内を見学できます。
申し込みはこちらから!

  • LINEで送る

学会誌編集部の学生から、課外講座の紹介記事が届きました。


こんにちは!学会誌編集部2年のT.Sです。
今回私は、色彩検定・カラーコーディネーター検定受験者支援講座についてご紹介します。

この講座では、色彩検定は、1級、2級、3級、UC級の4つ、カラーコーディネーターはスタンダードクラス、アドバンスクラスの2つの級・クラスに合わせてメールマガジンによる小テストや模擬試験を配信してくれる講座です。

私は、夏季検定の色彩検定のUC級合格に向けてはじめて支援講座を受講しました。受験支援講座の受講募集は、4月中旬に学内ポータルでありました。
最初は検定を受けるために応募したのではなく、色彩検定に興味があったので応募しました。「支援期間中に学んで、次回の検定に向けて勉強できたらいいな」といった程度の考えでした。
しかし、受験支援講座を体験してみて考え方が変わりました。受験支援講座では先ほども書きましたが、週に1回小テストが配信されます。小テストの答えは次週配信という形式でした。
また、試験が近くなった頃に、模擬試験が2回配信されました。

220726_UCkyuu01.jpg
(模擬試験では過去問を解きました)

体験してみて良かったことは2つありました。1つ目は、小テストが週1で配信されるため、自分が苦手としている単元と勉強不足である単元を理解できた所です。はじめに力試しとして簡単な問題が配信されました。その後、徐々に専門的な問題が配信されるようになりました。私は、振り返りも兼ねて、何度か過去に配信された小テストを繰り返し勉強しました。

220726_UCkyuu03_1.jpg
(勉強中の様子)

2つ目は、模擬試験を体験できる所です。実際に過去の問題を解くことができ、対策を練ることができました。1回目の模擬試験では、200点中128点でした。合格ラインが160点だったので、合格は難しいラインでした。そのため挫折しかけたのですが、悔しかったので間違った所を勉強し直して2回目の模擬試験に挑みました。2回目の模擬試験では、168点を取ることができました。また、検定の前日にもう一度模擬試験を解いた結果、1・2回とも180点以上取ることができました。そのため、少しだけ安心して試験に挑むことができました。

220726_UCkyuu02.jpg
(間違えた問題は繰り返して解きました)

受験支援講座に応募していたため、さまざまな問題を解くことができたことと、1人だと挫折しかけたと思うので、支援してくれる先生や同じ検定を受ける人がいると思うと心強かったです。
色彩検定、カラーコーディネーターの勉強がしてみたい、資格を取りたいと思う生活デザイン学科の在学生の方は、現在ポータルサイトで受講生を募集しているのでぜひ応募してみてください!一緒に頑張りましょう!


T.Sさん、ありがとうございました。課外講座をうまく活用して、自主的に学びを深められて良かったです。先日、結果発表があり、T.SさんはUC級に見事合格したとのことでした。
これらの学びは資格取得だけでなく、普段のデザインに関する課題やコンペの応募の際にも役立つと思います。これからも色々なことに挑戦していってくださいね。

現在、7月31日(日)に行われるオープンキャンパスの事前申し込みを受け付けています。色彩について学んだ学生のさまざまな作品をたくさん展示しています。ぜひ見に来てください。

  • LINEで送る