人間生活学部 生活デザイン学科 ニュース

HDF×HJU 地域振興デザインプロジェクト第2期ー③試合運営ボランティア
生活デザイン領域

広島ドラゴンフライズとのコラボグッズ制作も、3月の販売にむけて最終段階に入っています。

これまでの制作過程では、試合会場にも赴き、グッズ販売のボランティアやファンとの触れ合いを通して、グッズデザインに活かす取り組みも行ってきました。

東広島での試合運営ボランティアの様子を紹介します。

皆さんこんにちは!広報チームの岡田です。

昨年10月28日には、東広島運動公園体育館で行われた、広島ドラゴンフライズ対Fイーグルス名古屋の試合で、私をはじめとする1年生メンバー8名がグッズ販売のボランティアをしました。

当日は14時からの試合開始に合わせ、朝8時に集合し、グッズ販売会場の準備から始まり、レジや商品の説明、片付けなどをしました。

seide-HDF6.jpg

<設営、販売の様子>

試合運営ボランティアでの接客を通して、その商品が多く売れる理由やどういう商品をお客さんが求めているのかを学ぶことができました。

また、グッズ販売の合間には試合を見学しました。迫力のある試合に思わず大きな声を出して応援したり、一緒に見ているメンバーとゴールした瞬間に手を取り合って喜んだりととても楽しい時間を過ごしました。

この経験を活かしてよりよいコラボグッズができるようメンバー全員で頑張っています!

次回は企画会議の様子をご報告します。今後の活動報告もお楽しみに!

次の記事

④合同ミーティング

バックナンバー

②試合運営ボランティア

  • LINEで送る