人文学部 日本文化学科 ニュース

7月4日の木曜チャペルで、国語科授業実践研究Ⅱの受講生が、原爆詩を群読しました。今回で、5回目の取り組みになります。 今年は、なくなった一人ひとりに名前があり、かけがえのない大切ないのちだったことをテーマに詩を選び、一瞬にしてその人生を奪う、核兵器の非人道性を、今一度心に刻みたいと考えて詩を読みました。

朗読1.JPG

群読の最後には、サーロー節子さんが、昨秋の本学でのご講演で亡くなった学友一人ひとりの名前が記された横断幕を掲げてお話しされたことにふれました。そして、ICANがノーベル平和賞を受賞した際のサーローさんの演説の、「広島と長崎で非業の死を遂げたすべての人々の存在を感じていただきたいと思います」、「その一人ひとりには名前がありました。一人ひとりが誰かに愛されていました。彼らの死を無駄にしてはなりません」という言葉を引用しました。

朗読2.JPG

群読を聞いてくださったみなさんからいただいた感想を、いくつかご紹介します。

○原爆が落ちる前は、普段の私たちと同じ普通の朝を過ごしていたこと、一人ひとりに普通の朝があったことを忘れてはならないと思った。

○濃密な20分間だった。先輩の心に訴えかけるような群読が、8月6日の広島と9日の長崎の情景を目に浮かばせた。「名前のない名簿」の詩、「小さな骨」の詩で、私は泣きそうになった。これから夏が来る。8月になる前に、今一度、戦争や原爆について学び直したいと思う。 

○情景が頭に浮かび、8月6日の追体験をしているようで、とても恐ろしかった。なくなった人にも残された人にも、一人ひとりに心の底からの叫びがあったのだとわかった。私は今、8.6平和学習のスタッフをしており、準備に取り組んでいる。悲惨なあの日を思い出したり、考えたりするのは辛いが、目をそらしてはいけないことだと思う。

○私の祖父は被爆しており、何度も被爆体験を聞いていて、原爆の恐ろしさを理解しているつもりになっていましたが、今日、先輩方の原爆詩の群読を聴いて、あらためて原爆の悲惨さ、悲惨な経験の重みを実感することができました。先輩方の声が合わさったことによる重みや場面によって変わる音楽、背筋がゾクゾクするような恐怖を感じました。今日の体験を思い出し、8月6日には平和について思いを馳せたいと思います。

○サーロー節子さんの「一人ひとりには名前がありました」という言葉が印象的だった。すべての人間に一人ひとり名前があることを意識すると、簡単に戦争なんてできないのにと思った。                      

  • LINEで送る

第2回オープンキャンパス(7/7開催)では、学科紹介に続き、日本文化学科2年生の森下直美さんと西岡聖奈さんが、安芸太田町での花田植え体験を発表しました。 発表では、早乙女の衣装を身につけたときのうれしさや着付けをしてくださった地元の方との交流の楽しさ、「表面はあたたかいが、中はひんやりとしている」初めて入った田の感覚の新鮮さ等が語られました。

オープン2-1.JPG

また、「この伝統をこれから先の世代まで受け継いでいく」という思いが力強く伝えられました。

オープン2-2.JPG

午後の体験コーナーでは、柚木靖史教授の指導のもと、高校生の皆さんに和綴じ本作りに取り組んでいただきました。

オープン2-3.JPG

オープンキャンパススタッフの学生たちと交流しながら、本の中に息づく日本文化を感じていただけたのではと思います。

オープン2-5.JPG

暑さ厳しい中、お越しくださった皆様に心よりお礼申し上げます。

オープン2-4.JPG

                     

  • LINEで送る

7月3日(水)の放課後、国語科、家庭科、英語科の教員を目指す学生有志13名(1~4年生)と教員3名で、教員採用試験のグループワーク演習を行いました。

グループワーク1.JPG

演習時間は、約2時間、過去に出題された課題に、実際の試験同様の進行で取り組み、その後、それを検討するという内容です。 入室から退室まで、張り詰めた空気の中で、参加した学生たちは、精一杯発言し、また、他者の意見を真剣に聞いて、課題解決のための方法を探りました。

グループワーク2.JPG

検討会の場でも活発な意見交換がなされ、試験に向けていい準備ができたと感じています。 4年生のみなさんは、今回の経験を生かしてグループワークで力を発揮し、一次試験合格を勝ち取ってください!! また、下級生のみなさんのこの演習を生かしたこれからの学びにも、期待しています。

ク゜ループワーク3.JPG

                      

  • LINEで送る