人文学部 日本文化学科 ニュース

10月5日(金)、京都リサーチパークで開催された、産学協同ポスターセッションで、国際教養学科2年生の前川結香さんと平嶋ゆきさんが発表しました。日本を代表する企業の方々と他大学の上級生の中での、プレゼンテーションでした。

前川結香さんの発表題目は、「瀬戸内しまなみ海道の方言のリアル」。この夏の日本語フィールドワークでの実地調査を踏まえての発表です。教科書をはじめとする文献に示されている方言の境界線と、自身の実地踏査によって得た方言分布のデータが異なっていることを、しまなみ海道の地図や実地調査の結果をポスターで示しながら伝えました。4つの島ごとの備後方言と伊予方言の使用状況を示した表が効果的で、これは後の質疑応答の論議につながっていきました。座学のみに終わらず、現地に足を運んで調べ、それを元に自分自身が先行研究に照らして考え、そして発信することの大切さが、よく伝わる発表だったと思います。

京都発表1.jpg

平嶋ゆきさんは、「満足度UPで外国人旅行者6,000人を実現しよう」と題してポスターセッションを行いました。この発表にもスウェーデンとフィンランドでのフィールドワークで学んだことが生かされています。平嶋さんのポスターでは、使用する色も聞き手の反応を考えて吟味されていました。また、中心となるポスターに加えて、強調点をクローズアップした補助資料の掲示も工夫点です。「QRコードを多言語対応に」というメッセージが次の企業の方々の発表テーマに結びつくものでもあり、続いて話された方々が発表内容を随所で引用してくださり、この点でも場にふさわしいテーマ選びであったと感じています。

京都発表3.jpg

質疑応答の時間には、二人ともたくさんの質問やアドバイスをいただけ、活発で和やかなやり取りを通して学びが深まったのも、うれしいことでした。二人の発表内容と発表する姿から、広島女学院大学の学びの特色が、聞いてくださった方々に伝わったと実感しています。また、他の方の発表に対して積極的に質問もでき、自由閲覧の時間には多くの企業人の方々と交流できたのも大きな収穫でした。

京都発表2.jpg

京都発表4.jpg

発表に慣れた他大学の上級生と名前をよく知っている企業で活躍されている方々、そして経験豊富な有識者に囲まれての発表とあって、たいへん緊張し、発表まではどきどきで、また食事もあまり食べられなかったようですが、二人ともそんなことを感じさせない立派な発表でした。難しい質問にも間を置くこともなく即時に答えていたことも印象的です。聞いてくださった方々からのうれしい評価と励ましの声もいただいています。同時に、洗練された内容の各企業のポスターや上級生の流暢な発表から、学内の井の中の蛙にとどまらず、学外に出て刺激を受けることの大切さにも気づかされ、授業での発表がよくできたと自己満足していてはいけないと痛感したそうです。チャンスを生かし、実の場での発信に自ら取り組んでこその貴重な気づきです。

京都発表5.jpg

テクニカルコミュニケーター協会会長の綿井雅康先生は、講評で、学生発表を評価してくださった後で、次のようにおっしゃいました。「聞くというのは、受け入れることではなく、聞き手が自分の頭の中にストーリーを作ること。聞き手にどんなストーリー(作文)を作らせたいのかを意識して発表しないといけない。何を聞き手に残したいのかを考えて話すことが大切。よく分かっている人の説明が、実はいちばん分からない。9割9分は捨てて、整理して再構成して話さないと伝わらない。あれもしゃべりたい、これもしゃべりたいという気持をおさえて、逆算して聞き手に何を残したいかから構成を考えること。時系列そのままに話したりするのではなく、まず結論から、あるいは大事な事柄から、また、まず聞き手をつかんでから細部に入るなどの工夫が必要。」-聞くという行為の本質をふまえたこの貴重なアドバイスを、今後に生かしたいと思います。

京都発表6.JPG

心配された台風の影響もなく、充実したセッションは盛会のうちに終了しました。会場を出ると、吹く風が心地よく感じられる、京の秋の夕暮れでした。 二人の発表と京都でのセッションで学んだことは、授業でもシェアし、他の学生のみなさんにも伝え、共有し、共に学びを深めたいと考えています。また、さらに多くの学生のみなさんが、様々なチャンスをとらえて、このような実の場で積極的に発信し、力を伸ばしてほしいと願ってやみません。

京都発表7.jpg

  • LINEで送る

「日本語教育」は、「国語教育」とどう違うのでしょうか。 「国語教育」は、基本的に日本語を母語とする人たちへの教育を指すのに対して、「日本語教育」は、日本語を母語としない人たちに日本語を教えることを指します。 日本文化学科では、日本語教育に携わる日本語教師を養成する課程があり、卒業生が、国内外で活躍しています。  

8月26日のオープンキャンパスでは、渡邊ゆかり教授が、日本語教師のお仕事について具体的にお話ししました。

日本語教師1.JPG

例えば「図書館にピーターラビットの本が置いてありました」と「図書館で本を読みました」の「に」と「で」の違い。日本語を母語とする人は、日常生活の中で培われた言語感覚で、使い分けの判断をしていますが、外国の方をはじめ日本語を母語としない人には、この使い分けがたいへん難しいのです。日本語教師には、この使い分けを論理的に説明する力が求められます。日本文化学科では、少人数での学びの中で、このような言葉の力をしっかり培っていきます。 日本の内なる国際化は急速に進展しています。日本語教師は、これからの日本において、様々な場で大切なお仕事になっていくはずです。海外で、あるいは日本で、日本語を教えるお仕事に携わってみませんか。また、国語教師にも、日本語を母語としない人がいる教室で教える機会が確実に増えつつあります。日本語教育の知見は、きっと国語科の指導にも役立つことでしょう。  

午後は、足立直子准教授の指導による体験コーナー「本の紹介ポップを作ってみよう!」。

日本語教師2.JPG

参加のみなさんには、幼い頃に読んだ絵本を題材にしたポップづくりを通して、「人を惹きつける言葉選び」を楽しんでいただきました。

日本語教師3.JPG

  • LINEで送る

8月23日(木)、国際教養学会主催の平和学習会を開催、日本文化学科、国際教養学科、生活デザイン学科の1~4年生、7名が、本川小学校の平和資料館を訪れました。

本川見学1.jpg

本川小学校は、爆心地から最も近い小学校で、約400名の子どもたちと10名の教職員の尊いいのちが一瞬にして奪われています。平和資料館は、原爆の被害を受けた状態そのままに残されており、被爆の悲惨さについて学び・考えられるところです。また、本川小学校は「はだしのゲン」が通っていた小学校のモデルとされています。 私たちは、小学校のみなさんのあたたかい手書きの言葉で迎えていただき、ボランティアガイドさんの丁寧で思いのこもったお話をうかがうことができました。

本川見学2.jpg

参加者の感想を拾いながら、私たちがこの場所に立って、考えたこと、思いを巡らせたことをお伝えしたいと思います。

本川見学3.jpg

私は、呉市で生まれ、小学校まで呉市の小学校に通っていましたが、全学年の教室に「はだしのゲン」が置いてあったのを覚えています。幼いながらも、この本を通して原爆の恐ろしさや平和の大切さを学びました。本川小学校のことも知っていましたが、実際に足を運んだのは今回が初めだったので、とても緊張しました。今回の見学を通して、普通の生活を送れることがどんなに幸せなことであるかを改めて感じました。被爆当時の学校は、教室らしさが跡形もなく、勉強するための机や椅子さえもなかったという事実がとても悲しかったです。

一瞬にして尊い多くのいのちを奪うとともに、生き残った人々を苛酷な状況に追い込んだ原子爆弾。ここで何があったのかを知ることの大切さを参加者全員が感じました。

本川見学3-2.jpg

原爆の熱線がどれほどの熱さだったのか、熱線を浴びた瓦を実際に見せてもらった。たった3秒でこれほどの黒さになる熱さだったと知ることができた。これを再現するためにガスバーナーで焼いたところ、1500℃ではこのようにならず、1800℃以上でようやくこのようになると知った。当時の水が入ったままの、800℃から1000℃で変形したガラス瓶も見せていただいた。被爆時は、それ以上に火災も起きていたため想像もつかないほどの熱さだったことがわかる。

まさに想像を絶する高熱です。焼けただれた瓦やガラス瓶を目にすると、核兵器の非人道性を感じないではいられません。

平和資料館は、被爆した建物というだけでなく、被爆された方々のお墓であることを知った。原爆の熱線は、コンクリートの校舎の中の木材が焼けるほど強かったことも、実際に見て理解できた。

私たちが立っているこの場所で、亡くなった方々がそのまま焼かれ、埋葬されたことを知り、また、校庭の臭いを消すために大量の石灰がまかれ、それが地層のようになっているというお話をうかがって、言葉ではとても言い表せない気持ちになりました。

本川見学4.jpg

本川小学校は、当時の公立小学校の中でも、最新の技術を駆使して立てられており、水洗トイレが設置されるなど設備が整い、また、関東大震災をふまえて、災害が起きても崩壊しないようにとコンクリートを用いて建てられた、当時からすれば先駆的な建物だったそうです。しかし、原爆は、想像以上の破壊力で広島の街を変えてしまいました。本川小学校も窓ガラスは窓枠を残して吹き飛ばされ、ところどころ亀裂の入ったコンクリートのみになった写真がありました。ケガ人が大勢運びこまれ、グラウンドは火葬場とされていたそうです。そのグラウンドの土に混じった人骨の展示を見ました。子どもたちが遊んだりしていた場所にあったと思うと恐ろしいと感じました。けれど、なくなった人を一人一人埋葬することもできないくらい広島はたいへんな状態にあったことがよく分かりました。 また、原爆によって孤児となってしまった子どもたちが生き延びるために盗みをしたというお話は、本当に悲しいと感じました。自分たちの家族の生活もままならない中で、それ以外の子どもの面倒を見ることはできない困窮した生活であったというお話をお聞きし、「原爆はそのあとが本当の地獄の始まり」という意味が分かりました。

原爆が投下された後の広島の街の中で、人々がどのような状況に置かれていたのか。亡くなった多くの人々が埋葬されたその土の上の子どもたち、街にあふれていた原爆孤児。子どもの目線に立つと、戦争の悲惨さと愚かさが、よりいっそう見えてくるように感じます。

私の祖母は被爆者であり、戦後の厳しさを、幼い頃から祖母に聴かされていた。祖母は、両親がおらず、小学校も卒業せずに働き始めたと言っていた。戦後、月日が経ってから生まれた私たちにとって小学校を卒業することは当たり前のことだが、戦時中や戦争直後の人々にとっては当たり前のことではないと改めて感じさせられた。戦争は、命や街をなくしてしまうのはもちろんだが、生活そのものもなくしてしまうものだと思う。戦争や原子爆弾がなかったら、その人には別の人生があっただろうと考えると、戦争は悲しいものだと感じる。平和公園の石碑に刻まれている「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから」という言葉に恥じないよう、さらに平和や戦争のことを学び、戦争のない国をつくっていきたいと思う。

本川小学校での学習の後、私たちは爆心地に立ちました。

本川見学5.jpg

「はだしのゲン」の学校で見たこと、考えたことを振り返りながら、平和公園の慰霊碑を巡り、最後に被爆二世のアオギリの前に立ってアオギリの歌を聴いた後、解散しました。

本川見学6.jpg

学徒動員の碑を改めてじっくり見ることができ、たくさんの学生が学業でなく工場での労働を強制され犠牲になったこと、広島だけでなく他県の学生も犠牲になったことを感じた。 アオギリの歌は幼稚園の頃から知っていて、大学生になって改めて聴くと心に響くものがあった。「これから生まれてゆく、広島を大切に」「広島のねがいはただひとつ、せかい中のみんなの明るい笑顔」

本川見学7.jpg

あの日と同じ8月の太陽の光を浴びたアオギリの葉が、夏の風に揺れていました。

本川見学8.jpg

 

  • LINEで送る