人文学部 日本文化学科 ニュース

神楽に親しみ、魅力を伝える -広島神楽定期公演-  

6月26日、日本文化学科地域文化交流委員会は、県民文化センターで広島神楽定期公演鑑賞会を実施しました。

県民文化センターには、「人文学入門」受講生の「神楽を次代に伝えていくための提言」をお伝えしており、この日もたいへん温かく迎えてくださいました。

神楽鑑賞1.JPG

当日は、北広島町の今吉田神楽団による山姥と葛城山の上演があり、華麗な舞いと楽の調べを堪能しました。

神楽鑑賞2.JPG

上演後は、貴重な神楽衣装も着せていただき、その重みを感じることもできました。

神楽鑑賞4.JPG

私たちは、この日の鑑賞会をふまえ、7月1日の放課後に、神楽の魅力についての座談会を持ちました。 「今回、初めて目の前で神楽を見ました」という Aさんは、次のように語っています。

映像とは比べものにならないほどの迫力で、一気に物語に引き込まれていきました。大太鼓、小太鼓、手打ち鉦、笛で、その物語の雰囲気をつくり、演者の舞いで一つの物語を完成させていく。舞台から熱気を感じました。また、会場にいる私たちがまるで物語に入り込んでしまったのではないかと思わせる、そんな空気を感じました。

神楽鑑賞3.JPG

まさに、伝統文化を「体感」しての感想だと思います。まだ神楽の舞台を直接には見たことのない多くの若い人みなさんに、ぜひお祭りや公演に足を運んでほしいと思いました。

神楽を見るのは2回目というBさんも、「同じ場にいる人の心が一つになっているような感覚になる」と言い、さらに次のように述べています。

神楽は、神楽団と観客を繋ぎ、観客と観客を繋ぐ。その瞬間、私はいつも感動と喜びを皆で共有しているようで嬉しくなる。神楽は人と人を結び、繋げる力がある。さらに、日本の神話や伝統を知り、興味を持つことができるのも神楽の魅力である。

神楽鑑賞7.JPG

また、「大学生になって、本格的に神楽を見たと感じた」というCさんは、衣装に着目して、次のように神楽の魅力を語りました。

一番に思い浮かんだのは、華やかな衣装だった。舞う度に衣装がひらひらと動いている様子を見ていると、とても惹きつけられる。衣装の早着換えも素晴らしいと思った。何度か変化したが、いつの間にか柄が変わっており、驚いた。

神楽鑑賞8.JPG

「終了後に衣装を着ることができ」たことも、Cさんにとって「とても嬉しい」体験だったようで、神楽を「より身近に感じ」ることができたそうです。

神楽鑑賞5.JPG

神楽鑑賞10.JPG

Dさんは、神楽団で長く活動を続けています。Dさんは、衣装について次のように言います。

神楽団や舞手の人は、衣装にこだわりを持っていることが多い。衣装には、役柄を表す役割がある。例えば、ある演目に楠木正成が登場するとき、楠木の紋章が刺繍された衣装を身につける。他にも一つ一つの刺繍や衣装の色を見ることも面白い。姫の衣装には蝶が刺繍してあったり、鬼の衣装には龍や虎の刺繍がしてあったりする。神楽の衣装は、色とりどりで、金色の中に黒や赤が入っていると、かっこいいと私は思う。

神楽鑑賞11.JPG

Dさんは、また、神楽は、「「舞」、「楽」、「飾り」の三つからなる総合芸術」とまとめています。

神楽鑑賞9.JPG

鑑賞と話し合いを通し、私たちは神楽の魅力についてより深く考えることができたように思います。さらに神楽にふれ、伝統文化に考える機会を重ね、これからも発信を続けていきたいと思います。 また、日本文化学科では、夏のオープンセミナーでも神楽の魅力にふれる場を設定しています。セミナー「踊ってみよう田楽!ふれてみよう神楽!~日本の伝統文化~」では、体験を通して伝統文化の魅力を体感し、その継承について考えます。高校生のみなさんのお越しをお待ちしています。

神楽鑑賞6.JPG

  • LINEで送る