人文学部 国際英語学科 ニュース

The world is becoming smaller, as we often hear. This means that learning English is more important than ever, and being a global thinker, with the ability to communicate across cultures, will help people in their work and personal lives in the future. This is why at HJU, many students are able to take an opportunity to live and learn in a different country.

In this article, the final instalment of a two-part series, we hear from three recent returnees from the United States and China. As we will see they have all had different experiences, and seen and done different things. What is consistent among all of them, however, is that they have had profound and heartfelt educational, cultural and interpersonal experiences. Not only can we share in a few of their many treasured memories, but readers who are thinking about studying abroad with HJU can get some ideas about what it might be like.

よく言われているように、世界は小さくなってきています。ということは、英語を学ぶことはこれまで以上に重要になり、異なる文化を持つ相手ともコミュニケーションを図る能力を持ち、世界について考える人になることは、将来仕事や生活の上で役立つはずです。こうした目標を持って、広島女学院大学では多くの学生が海外で生活し、学ぶ機会を得ています。

今回のウェブニュースでは、留学に関する報告の後編として、アメリカと中国での留学を終えた3人の学生たちの経験を紹介したいと思います。三者三様に異なる経験をし、様々なものを見て、体験しました。しかしどの学生も、教育、文化、人との交流において充実した経験を得たということは共通しています。彼女たちの貴重な思い出のいくつかを読み、広島女学院大学生の留学がどのようなものかを感じてみてください。

I studied abroad at Shandong University in Shandong Province, China for half a year, with classes being in English. Shandong University is a very large university, with many students, including international students from various countries. From science to humanities, you can select classes in your field of interest from each faculty. The learning style is very student-focused. The pace is very fast, but also, the teachers take care of the students, so I never worried about not being able to understand or being left behind. Furthermore, because many people there were interested in Japan, I was able to make many friends. I was struggling with Chinese communication when I was out of school, but the local people welcomed international students and made me feel very comfortable. The language is Chinese, of course, but most things are also available in English, and there were many opportunities for interaction with international students. This means that it is an environment where you can learn English easily. Also, unlike many other countries, local prices are cheap and it is quite close to Japan, so I think that there are also practical advantages to studying in China. (S.N.)

私は中国の山東省にある山東大学に半年間留学し、英語で授業を受けました。山東大学はとても大きな大学で、中国人の学生の多さはもちろん様々な国からの留学生がきていました。理系から文系まで自分の興味ある分野の授業をそれぞれの学部から選べることができます。授業は学生を中心として進められていました。進みはとても早いですが、先生も学生の様子を気にしながら授業を進めてくれるので、分からないことがあり置いていかれてしまうという不安は全くなかったです。そして、日本に興味を持つ人が多いので沢山の友達を作ることができました。学校外での生活では中国語のコミュニケーションに苦労しましたが、街の人は留学生を歓迎してくれており、とても過ごしやすかったです。言語はもちろん中国語ですが、ほとんどの場面で英語が通じ、留学生との交流も多いので十分に英語を学ぶことが可能な環境です。また、他の国と違い物価も安く、日本との距離が近いので経済上の利点もあると思います。

Sakura China.jpg

"The Public Buildings in China are huge!" (S.N.)

I studied at Bowling Green State University in Ohio for two semesters. Classes focus on social sciences and humanities, including world history, sociology, psychology, and communication. In addition to the lessons being conducted in English, there are more preparations and assignments than at Japanese universities, so I think that I am in a tough environment in a good sense. As for extracurricular activities, there are many on-campus events and student groups, so I think there are many opportunities to interact with Americans and other international students. (K.E)

私はオハイオ州のボーリング・グリーン州立大学に2学期間留学しました。授業は世界史、社会学、心理学、コミュニケーションなど、社会科学と人文科学を中心に履修しました。授業が英語で進められることに加え、日本の大学より予習や課題などの量が多いので、良い意味で厳しい環境に身を置けていると思います。また、課外活動についてもキャンパス内でのイベントや学生のグループが多いので、アメリカ人や他の留学生と交流ができる機会が多いと思います。

Kaho.jpg

With fellow Japanese Club members take a break at BGSU.

I studied at Bowling Green State University in Ohio. There are many students at this university, there are various majors, and you can choose from many classes. I studied not only International Studies (with a focus on Japan) but also subjects touching upon issues in human development and even family relationships. I especially enjoyed taking classes in women's studies. In addition, since we are studying abroad in various countries, we can communicate not only with Americans but also with people from different countries. There are lecture classes, but there are also discussion-type classes, so I think you can do many things that you cannot do in Japan. (M.S)

私はオハイオ州のボーリング・グリーン州立大学に留学しました。この大学には学生が多いこともあり、様々な専攻があり、多くの授業の中から選ぶことができます。私は、国際関係学を日本に着目して学び、人間開発や家族関係に関する諸問題を扱う科目も履修しました。その中でも女性学に関する授業は、特に興味深いものでした。さらに、様々な国からの留学生がいるため、アメリカ人とはもちろん、それ以外の国の出身の人たちともコミュニケーションをとることができます。講義授業もありますが、ディスカッションタイプの授業もあり、日本ではできない体験がたくさんできると思います。

Mao A Group Photo with Mnay Friends.jpg

As this picture shows, lifelong friendships and treasured memories are part and parcel of study abroad.

Mao Playing Games with the Japanese club.jpg


As you can see from the above reports, studying abroad is a wonderful experience. These Hiroshima Jogakuin University students have had many wonderful educational, cultural and social experiences. We look forward to welcoming their return home on campus and hearing about their other experiences! Don't forget to check our website to see more details about opportunities to visit and study in other countries.

以上の報告から感じられるように、留学は素晴らしい経験です。これらの広島女学院大学の学生は、教育、文化、人々との交流において多くの素晴らしい経験をしてきました。 キャンパスで彼女たちの帰国を歓迎し、他にもどのような経験をしたのかを聞くのが楽しみです!今後もこうした海外研修や留学を随時報告していきたいと思いますので、ぜひ定期的に国際英語学科のウェブサイトを訪れてみてください。

前の記事

Living and Learning Abroad: Student Experiences (Part I)

  • LINEで送る

One of the most exciting and interesting opportunities for Hiroshima Jogakuin University students is to study abroad. Studying abroad allows students to not only improve their English but as we will see, experience many things and meet many people. In this article, the first of a two-part series, we hear from two of our students who have recently returned from the United States.

広島女学院大学の学生にとって最も刺激的で興味深い機会の1つは、留学です。留学によって、英語力を向上させるだけでなく、これからご紹介する報告の中にもあるように、様々な経験をし、たくさんの人と出会い、交流する機会を持つことができます。これから二回にわたって留学を終えた学生の声を紹介したいと思いますが、今回は、本学の交換留学制度でアメリカの大学に派遣され、留学を終えた2名の学生の報告をご紹介します。

Yui Japanese Culture Club Members at UTM.jpg

Among many friendly classmates at the University of Tennessee at Martin

I studied at the University of Tennessee Martin (UTM). Since this university is not very large, most classes are conducted in small groups. As a result of that, I am close to my teachers and my classmates, so I think it is an environment where we can easily ask questions and exchange ideas. In addition, UTM has Japanese classes and a Japanese club, so you can engage with students who are interested in Japan. As a teaching assistant, I was involved in the running of classes, and for the first time, I was able to think about Japanese and Japanese culture from an outside perspective. In addition, there are sports events that anyone can participate in every season, and you can engage with other students in your favorite sports (I participated in volleyball.) There are many other events, so I think you can get to know local students and culture in a way that is suited to you! (Y.Y.)

私はテネシー大学マーティン校(以下、「UTM」)に留学しました。この大学はあまり大きくないので、ほとんどの授業が少人数制で行われます。そのため先生や友達との距離も近いので、質問がしやすい環境だと思います。また、UTMには日本語のクラスや日本語のクラブがあるので、日本に興味のある学生さんとたくさんかかわることができます。ティーチング・アシスタントとして授業にかかわらせてもらった中で、私は初めて日本語や日本の文化について日本国外の視点で考えることができました。更に、季節ごとに誰でも参加できるスポーツイベントが行われていて、自分の得意なスポーツで他の学生とかかわることができます(私はバレーボールに参加しました)。そのほかにも様々な行事があるので、自分に合った方法で現地の学生や文化に触れることができると思います。

Yui Watching American Football Game.jpg

College Football Games are a BIG deal in the United States, thousands of people attend!

Yui Cover Shot.jpg

With other international students from throughout Asia, Europe, and South America

Yui Rafting.jpg

Teambuilding and experiencing mother nature in the 'Great American Outdoors'

I studied at the University of Tennessee at Martin (UTM). The university has a variety of faculties, so you can take classes in the fields that interest you. I made decisions based on my being interested in agriculture and animal welfare. Not only lectures by the professors but also lively discussions among the students allowed me to engage with a variety of ways of thinking in addition to specialized content and expert knowledge. Many classes are small which gives the professors the time to help each student learn.

The International Affairs Division of UTM fully supports the lives of international students. They also actively provide opportunities for international students to interact with people both on campus and in the community. Thanks to the warm support of UTM, I had many wonderful, professionally delivered learning and cultural exchanges. (S.S.)

私はテネシー大学マーティン校に留学しました。この大学には様々な種類の学部があるため、自分が興味を持っている分野の授業を履修することができます。私は農業や動物福祉について興味があるので、それらの授業を履修しました。教授による講義だけではなく、学生内での活発なディスカッションにより、専門的な内容に加え多様な思考を学ぶことが出来ました。多くのクラスは少人数で行われるため、教授は学生一人一人の学習をサポートすることができます。UTMの国際課は留学生の生活を全面的に支援しています。また、学内や地域の人々との交流機会を積極的に提供しています。UTMの暖かいサポートのおかげで、私は多くの素晴らしい、専門的な学習そして文化的な交流をすることができました。

Sayaka One of the Many Sunsets Here.jpg

"I will always remember the beautiful sunsets on campus." (S.S.)

Sayaka Cherry Blossoms Blooming on Campus.jpg

The blooming cherry blossoms remind me of home, but also of the close relationship between our universities!

Sayaka Mural from Visit to Human Rights Center.jpg

A mural from a visit to a Human Rights Centre

Are you considering applying for the GSE or English Language and Culture courses at HJU? If so, then maybe you are also thinking about the opportunities for studying abroad, too. If you haven't already, visit our website and stay tuned for the next installment of reports from our returnee students.

今回の記事を読み、広島女学院大学国際英語学科のGSEコースや英語文化コースへの興味を持った方は、きっと海外で留学してみたいと思っているのではないでしょうか。ぜひ、国際英語学科のウェブサイトをぜひ訪れてみてください。そして、次回のウェブニュースでご紹介する留学体験談後編を楽しみにしていてください。

次の記事

Living and Learning Abroad: Student Experiences (Part II)

  • LINEで送る

<15日目>

いよいよサンディエゴを去る日を迎えました。

-------------------
Today is the day to go back to Japan. When we said goodbye to host family, my host family said, "We'll welcome you at any time." I felt very happy to hear that. Time flew as I had so much fun with this program. I experienced many good things in California. I want to visit again.

(今日は日本に帰国する日です。ホストファミリーが別れる時に、「いつでも戻ってきてね」と言ってくれ、とても嬉しかったです。この研修中たくさんの楽しいことがあり、あっという間に時間が経ちました。カリフォルニアで貴重な経験がたくさんできました。またいつか帰ってきたいです。)
-------------------

ホストファミリーとの別れは、涙の別れとなりました。学生もホストファミリーの皆さんも皆、お互いに良い思い出ができたようです。

D612831F-2CB2-41AE-BD33-416FBAAA423F.jpeg

IMG_1294.JPG

今回の研修では、保護者の皆様や、各方面の関係の皆様のご理解とご協力により渡航の日を迎えることができ、誰一人体調を崩すことなく、無事最後まで全てのプログラムを予定通りに行い、研修を終えることができました。また慣れない異国の地での苦労がありつつも、毎日前向きに研修に取り組んだ学生たちの頑張りを評価したいと思います。

学生たちには、このアメリカでの経験を糧に今後の学生生活の様々な場面でさらに飛躍していってもらいたいと思います。そして、またいつかサンディエゴに戻ってホストファミリーとの再会を果たして欲しいと思います。

C38304A6-EAB6-4649-AF27-A079D83DE7C0.jpeg

バックナンバー

[8]:ロサンゼルス観光とホストファミリーと過ごす最後の休日(13、14日目)

  • LINEで送る