国際教養学部 国際教養学科 ニュース

今夏、アメリカ人の映像作家 カイル・ホイットニー氏が、映画"Under the Mushroom Clouds(仮題)"の撮影で来広されました。国際教養学科GSEメジャー4年生の中島さんが撮影に立ち会い、通訳をしました。

アメリカ人映像作家、被爆者の声を世界に!

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-PeacePark-r.jpg

夏休みに、ホイットニー氏の通訳として、10名以上の被爆者にお会いしました。

「生死は紙一重だった。」「一生脳裏から離れない光景を見た。」「被爆証言をした夜は眠れない。」「今も悪夢で夜中に飛び起きてしまう。」

私達が何となく通り過ぎている町のあちこちに被爆者の悲しみの思い出が詰まっている事がわかりました。お会いした皆さんは、今も心と体の痛みに耐えながらも、生かされている事に感謝し、将来の目標に向かって今日も笑顔です。

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-Hiroko-r.jpg
【Hiroko】

アメリカではホイットニー氏が被爆者の声を拾う事に批判もあり、同行予定だったスタッフも急きょ来日を取りやめました。猛暑の中、機材を一人で抱え「お会いできて嬉しいです。」満面の笑顔が印象的でした。

完成後、広島国際映画祭出品予定です。

国際教養学科GSEメジャー4年 中島美幸

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-inside hifukusho-r.jpg
【被服廠にて, Military Supplies Factory】

Translating for hibakusha (atomic bomb survivors) was an eye-opening experience. I had the privilege of translating for Mr.Whitney, an American filmmaker working on a documentary, which allowed me to learn about the experience of hibakusha. Their stories of life and death inspired me to think deeply about their experience, and learn about how they are still suffering.

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-interviewing-r.jpg

For example, on the morning the A-bomb was dropped, the truck meant to take Iwao to the center of the city for work never came, so he survived. Despite his guilt, he still works to educate people about what happened.

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-Iwao-r.jpg
【Iwao, Hiroko(successor), Mr.Whitney and I, at okonomiyaki shop (owner of this shop were atomic bomb orphans)】

Kazuko was severely burned and lay motionless on the ground. She was mistakenly picked up by a truck that collected corpses after the bombing because they thought she was dead. Her life has not been easy, but I was impressed by her generosity and commitment to giving back to the community.

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-kazuko-r.jpg
【Kazuko and I】

And Lee's life was saved when he got off the tram one stop before the bomb hit, so he survived. In interviewing Lee I found that he has persisted despite discrimination against him for his past.

translating for Mr.Whitney, an American filmmaker-Lee-r.jpg
【Lee and Mr.Whitney】

All of these stories show a slight difference that divided their fate between life and death. Meeting over ten hibakusha for this project completely changed the way I see hibakusha and Hiroshima city. Regardless of their harsh experience and old age, all of them were cheerful and energetic. They inspired me to see things differently, and understand the true experience of hibaksha and how active they are in society. Each part of the city we pass by is filled with hibakusha's traumatic memories, but I learned that their lives include so much more.

GSE 4th year, Miyuki Nakashima

  • LINEで送る

8月11、12日の2日間でITC という英語だけで活動を行う合宿を行いました。

ITCは Intensive Training Course of English の略です。今回で第4回になりました。

ITC4th-1-r.jpg

1日目はWho Am I?という芸能人の写真やアニメキャラクターの名前を当てる活動、Song Transcriptionではカーリー・レイ・ジェプセンの曲を聞き取り、Fruit Basket、The Game of Telephone (伝言ゲーム)、Para-comics、映画のあらすじを元にして続きの話の劇をするSkit Wannabe、Secret Friendsを行いました。Skit Wannabeは恋愛ものを題材にしていたのでとても盛り上がりました。

ITC4th-2-r.jpg

2日目はLoud Speakerでは落語についての対話文を聞き取り、Pictionaryでは動物を扱ったクイズ、Discussion、最後にSpeechを行いました。

ITC4th-4-r.jpg

初日の朝はとても緊張していましたが、時間が経つにつれみんなリッラクスして活動を楽しんでいました。

ITC4th-3-r.jpg

皆さんの次の参加をお待ちしています!

  • LINEで送る

8月16日から29日まで、国際教養学科GSEメジャーの「Global Village Field Experience」がベトナムで実施されました。14日間で、5つの都市・地域を訪れました。
現地での研修の様子を、地域ごとに5回に分けてGSEメジャー1年生 折本さんがレポートします。

**********

13日目~14日目 ホーチミン

28日。朝、ダナン空港を出発し、ホーチミンに移りました。その日は、戦争の博物館に行くチームと美術館に行くチームに分かれて行動しました。私は美術館に行くチームに入りました。ところが美術館が閉館日だったため、予定を変更して、ホーチミン市の博物館に行きました。ベトナムに住む動物の生態系についての展示や、地理学的なベトナムの特徴、そして紀元前からのベトナムの歴史をたどる展示など、展示の内容は多岐にわたり、ベトナムについて幅広く知ることが出来ました。夜は夕飯を食べながら、それぞれのチームが行った博物館での気づきや感想を共有しました。

最終日の29日。HCMC国際大学の学生とチームを組んでスカベンジャーハントをしました。ホーチミンは、高くて新しいビルが立ち並ぶ大都市でした。

ホーチミン 真新しい高層ビル-r.jpg

本通りにありそうなお洒落なカフェでお昼ごはんを食べたり、有名なホーチミン氏の像を見たり、Ben Thanhという大きな市場でお土産を購入しました。

ホーチミン氏の像-r.jpg

途中でジュースを買うために立ち寄ったファミリーマートでは、コアラのマーチなど日本でもお馴染みのお菓子が売られていました。

ベトナム最後の夜は、フィールドワークの時に同じグループで行動を共にしていたベトナムの学生が何人か集まってくれて、ささやかなフェアウェルパーティーをしました。

HCMC国際大学の学生たちと-r.jpg

その後、深夜の飛行機に乗り、翌30日の昼に無事広島へ戻りました。

今回のフィールドワークを通して、私たちは実際に自分の目で見て、自分の耳で聞き、自分の手で触れ、知見を広げることが出来ました。また色々と鍛えられ、そして大切な仲間を作ることが出来ました。日本を出て初めて気づいたことも多く、ベトナムでの14日間で得たことを、これからの学びに繋げていきたいと思います。

GSEメジャー1年生 折本鞠香

バックナンバー
Global Village Field Experience ベトナム研修レポート④~チャム島
Global Village Field Experience ベトナム研修レポート③~ホイアン
Global Village Field Experience ベトナム研修レポート②~ダナン
Global Village Field Experience ベトナム研修レポート①~フエ

  • LINEで送る