人文学部 国際英語学科 ニュース

国際英語学科の特色の一つである、CSP(キャリア・スタディ・プログラム)の中から、今回は関谷先生が担当するティーチンググループの取り組みを紹介します。

関谷先生のCSPグループは、英語を教えたり、子どもたちと関わることに興味を持つ学生が集まっています。授業では英語を学ぶ様々な活動を自分たちの手で作り、先生役として他の受講生に指導する体験をします。このような授業は通常、模擬授業と呼ばれ、上級学年になってから行いますが、なんと1年生から経験してしまうのです。しかも、活動を始める前に10, 9, 8 ...とカウントダウンをし、0になったらその後は活動が終わるまで一切日本語の使用が禁止になります。

実際の活動内容は多岐にわたり、Song Transcription(歌の書き取り)、Loudspeaker(ディクテーションとシャドーイングを組み合わせたグループ活動)、Discussionなどを行います。例えば、Song Transcriptionであれば、他の受講生(生徒役)の興味が持ちそうな歌は何か、機材の準備はどうするか、わかりやすく見やすいワークシートはどう作るか、活動中はどうやって英語で指示をするか、などなど、考えるべきことはたくさんあります。

...とここまで書くとかなりハードな授業だと思うかもしれません。でも、大丈夫です。なぜならこの授業にはもう一つの特色があるからです。海外生活や授業づくりの経験がありやる気にあふれた上級生が「先輩」として参加、模範となって引っ張ってくれるのです。

実際の活動場面をご紹介します。

Song Transcriptionの活動

英語の歌の歌詞を書き取る活動。先生役は活動の仕方を説明したり、難しい個所のヒントを出したりと英語を使って頑張っています。

CSPteaching2018-1.jpg

Paracomicsの活動

一人一人が写真を与えられ、他人に見せないようにして描写し、ストーリーに合うように順番を並び替える活動。写真を描写する以外にも、グループメンバーとストーリーの順序を考えるためにやり取りします。活動はすべて英語で行われます。

CSPteaching2018-2.jpg

最後に、受講生の古本みのるさんの感想を紹介します。

私の選んだ教職のCSPでは、先生が授業を教えるという受け身の形では無く、私たちが先生役になるという能動的な授業です。授業内容を事前に準備するなど、実際に先生の立場を経験することができ、将来の進路に役立ちます。さらにカウントダウンをした瞬間から、英語のみを話すので、様々な表現を学ぶことができます。これからもCSPを通し、進路の実現に向けて具体的なイメージを掴んでいきたいと思います。

ぜひ、これからも頑張って自分の将来の進路に役立ててほしいと思います。

  • LINEで送る

2月下旬から3月上旬にかけて実施予定の「海外研修事前指導」の保護者説明会を行いました。留学先のアメリカ、カリフォルニア州の大学での学びの一環として、現地の学生に対して日本文化紹介のプレゼンテーションを行うため、8つのグループに分かれ、プレゼンテーション発表を行い、保護者と学生、教員、職員で投票を行い、上位2グループが現地で発表できるという選抜も行われました。どのグループがアメリカで発表できるのでしょうか?!

IMG_0061.jpeg

保護者説明会では、まず引率教員である戸田(慧)先生と関谷先生による研修内容の紹介が行われ、その後、庶務課の榎課長及び国際交流センターの宇根課長より緊急連絡体制や緊急時の安否確認サービスの連絡などが行われました。

IMG_0063.jpeg

その後、8つのグループによる日本文化紹介プレゼンテーションの発表が行われ、各グループが工夫を凝らした発表を行いました。発表内容は広島の地理、食文化、工芸品、広島弁、原爆ドームと千羽鶴などです。声の大きさや内容の面白さ、分かりやすさやPowerPointの見やすさなども審査の対象となりました。学生たちはこの日のために事前に教員と一緒に発音や文法などを修正し、練習を行ってきました。緊張している学生もいましたが、どのグループも練習の時より格段に上達していました。

IMG_0105.jpeg

DSC_1566.jpg

投票の結果、写真のグループ5と6が圧倒的支持を得て選ばれました。アメリカでも楽しく分かりやすいプレゼンテーションができるよう、これからも練習を行う予定です。出発まであと少しですが、安全に研修を行えるよう、大学教員、職員一同、全力でサポートしていきます。

  • LINEで送る
英語系

December and January may both be cold months, but for the senior-year GSE students, they are quite different experiences. In December, tensions can build up as the thesis submission deadline approaches. Last-minute changes are being made, spelling mistakes seemingly appearing out of nowhere, and submission rules being carefully scrutinized. For the GSE students, this is the culmination of almost two years of studying research theory and skills, planning, researching, and writing.

12月と1月は寒さの厳しい季節ですが、4年生にとってはとても重要な時期です。12月に、GSEコースの4年生は差し迫る卒業論文の締め切りに緊張しながらも、最後の論文チェックを行い、スペルミスがないかどうか確認し、論文が提出ルールに一致しているかを確認します。卒業論文は2年間のリサーチや学修の集大成だといえます。

Picture A.png

In January, senior GSE students meet with their supervisors and second readers to defend their thesis. This can be nerve-wracking, but is also an opportunity to talk about their motivations, research experiences, and the main findings of their work. Another important event is when the GSE students present their thesis to their juniors at a 'mini-conference'. This is real win-win, as it means they can share their work, but also their juniors can get a better idea of the challenges and opportunities that await them. One of the many strengths of the GSE course is that students can really follow their own passions by choosing research topics from across the humanities and social sciences.

1月には指導教員と副査による卒業論文の審査が行われます。4年生にとっては緊張の高まる瞬間ですが、自分の研究の目的やリサーチの経験、発見などを伝える貴重な機会です。また、GSEの4年生は3年生に向けて卒業論文の内容を発表する「ミニ・コンフェレンス」を行います。これは4年生にとってお互いの研究を共有できるだけでなく、3年生も自分たちが来年行う研究のためのよいアイデアを得ることができる機会です。学生が強い情熱を持って人文科学や社会科学の問題に取り組んでいる点がGSE生の強みの一つです。

Picture B.png

Because GSE students have so many different kinds of courses, study abroad, and volunteer opportunities, it is not surprising that their thesis topics are so varied. Haruka Kunitake researched and wrote about urban-rural inequality in China, stemming from her study in Economics, and also her experience travelling to China as part of a China-Japan friendship delegation in 2018. Mizuho Sugiyama talked about her work on indigenous land rights issues in Mindanao, Philippines. This connects to many of her courses, and also her volunteer work in Philippines. Melissa Yukari Kuwahara shared her findings on the problem of blood diamonds in Sierra Leone, a topic in which she became interested during Issues in the Modern World.

GSEコースではさまざまな授業や留学、ボランティアなどの機会が多くあるため、卒業論文のテーマも多彩です。國武春花さんは中国の都市と地方での格差について調査し、実際に中国に行った経験を活かし、経済学の観点から卒論を執筆しました。杉山瑞穂さんはフィリピンでのボランティアの経験に基づき、ミンダナオ島における伝統的所有地の権利の問題を扱いました。桑原メリサゆかりさんは "Issues in the Modern World"という授業を通じて興味を持ったシエラレオネの紛争と深く関わるダイヤモンドの問題、いわゆる「ブラッド・ダイヤモンド」について卒論を執筆しました。

Picture C.jpg

Three very different topics, and three very different personal stories. However, one thing that is absolutely similar among these students is the quality of their work. This is entirely down to their hard work and determination. When they leave us, they will be missed, but I am certain that as they all enter their new jobs, they will be a great success.

それぞれ異なるテーマを扱っていますが、いずれもその研究の質の高さでは共通していました。これもまた、3人の努力の結果です。卒業してしまうのはさびしいですが、新しい仕事の中でもきっと素晴らしい結果を残すことができると思います。


Picture D.jpg

  • LINEで送る