人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

今年の8月18日(日)に「食物アレルギーっ子のデイキャンプ2019」を開催しました。

daycamp2019.JPG
このデイキャンプは、管理栄養学科 妻木陽子准教授の主催で、妻木ゼミの学生が中心となり、食物アレルギーを持つ子どもとその保護者を対象に開催。
今年で11回目となり、13家族・37名の方が参加して下さいました。

食物アレルギーを持つお子さんとご家族みんなで、レクリエーションや料理教室を行いました!

デイキャンプの詳しい内容と提供された献立レシピについては下記をご覧ください。
食物アレルギーっ子のDAYキャンプ2019レポート
食物アレルギーっ子のDAYキャンプ2019レシピ

  • LINEで送る
食育サークル

管理栄養学科食育サークルは、8月11日に早稲田公民館で開催された小学生・中学生を対象とした「親子肉ランチ料理教室」において、広島牛を用いたレシピを考案し紹介しました。

このレシピには、牛肉と野菜を合わせて摂取できるよう、野菜の調理方法に、蒸す、ゆでるなどを取り入れました。「韓国風おにぎらず」「肉!にく!レタスしゅうまい」「にら玉コーンスープ」の3品です。

IMG_20190811_122255.jpg

小学生・中学生とその保護者、合わせて28名もの多くの方々に参加をいただきました。

参加者の皆さんに調理方法の工夫や包丁の扱い方などの注意事項も盛り込みながら料理紹介を行いました。

IMG_20190811_104445.jpg

IMG_20190811_110127.jpg

グループに分かれて一緒に調理をした後、野菜のクイズを行い、子どもたちが大変盛り上がってクイズに参加してくれました。

IMG_20190811_123804.jpg

参加された保護者の方から、「有意義だった」「食肉の調理法などの知識を得ることができた。」等の感想を頂き、達成感を味わうことができました。

学生の感想を紹介します。

「日ごろ料理をしない子どもたちに、料理を楽しんでもらえてと同時に「いただきます」「ごちそうさま」の感謝の気持ちを伝えることの大切さを感じてもらえたので良かったです。この機会を通して、家でも料理の手伝いをしてもらえたら嬉しいです。」

  • LINEで送る
食育サークル

管理栄養学科食育サークルでは、7月13日(土)に日本赤十字社広島県支部 健康・栄養赤十字奉仕団が主催の炊き出しボランティアに参加し、被災地の皆様に昼食を提供しました。

昨年の7月豪雨災害で甚大な被害のあった坂町 平成ヶ浜中央公園応急仮設団地集会所において行われました。

食事中には卒業生である日本赤十字社広島県支部健康・栄養奉仕団の代表による夏バテ予防法やレシピ紹介を一緒に聞きながら、食を通した交流の時間を持たせていただきました。

今回は安田女子大学、広島工業大学の学生さんと合同でのボランティア活動でした。

CIMG4541.jpg

学生の感想を紹介します。

「他大学の方たちと連携し、2種類のそうめんを提供しました。夏に向けて食べやすく工夫がされていると好評で、私たちの活動でも取り入れたいと思いました。

また、移動釜を使用し、災害時にも対応できる調理方法について学びを深め、実際に、被災者の方々とお話ししながら喫食することができたので、良い経験となりました。」

CIMG4550.jpg

CIMG4547.jpg

平成30年7月豪雨災害から1年を迎えようとしています。しかし、いまだに災害の爪痕はいたる所に見られます。災害の犠牲になられた方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、皆様方の一日も早いご復興をお祈り致します。

CIMG4555.jpg

  • LINEで送る