人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

 広島女学院大学の管理栄養学科では、管理栄養士になることを強く望む学生は、全員管理栄養士国家試験を受験します。学生の思いを尊重し、ともに人格を醸成することを日々の目標に、学生のやり遂げようとする姿勢を最後まで支援します。国家試験に向けて、管理栄養学科では前年度の国家試験翌日から、第1回目の模試が始まります。本日は、来年2月まで続く、4年生の『国家試験模試』についてレポートします。

20220628.1.jpg

 模試では、午前に2時間25分、午後に2時間40分という長時間にわたって合計200問を解答します。まず管理栄養士養成課程主任の土谷先生から、試験の心構えや解答上の諸注意の説明があり、問題と解答用紙が配布されます。その後、時間を守っての試験時間となります。解答用紙へのマークや、自己採点のための問題用紙への解答記入などを、真剣に行ないます。本番を想定して、時間の感覚を体得し、実力を発揮できるように訓練することが大切です。解答を終えたら、マークや解答記述をしっかりチェックし、正しい解答ができているか、自己採点を正しく行なう準備ができているかを見直します。
 管理栄養学科では、ほぼ毎月、このような模試が実施されます。そして、卒業研究を終えた12月以降は約2週間ごとに、国家試験前まで行なわれてゆきます。

20220628.2.jpg

 試験を終了すると、次は自己採点の時間となります。まず、教室のパソコンで自分の解答を入力します。入力を終えたら、解答データを持って助手の先生のもとに向かい、データ解析と結果の印刷をしていただきます。ここで、今日の模試についての思いを打ち明け、先生方から励ましの言葉をいただくことも多いです。

20220628.3.jpg

 結果を印刷していただいた後、課程主任の土谷先生のもとに向かい、結果を報告します。この場で、まず課程主任面談があります。今後の学修についての、個々の状況に応じた指導が行われます。たとえ目を背けたいような結果であったとしても、ともに確認して対策を練ることで、現状を受け容れられるようになり、今後の指針が見えてきます。
 学生はその後、所属ゼミの先生に結果を報告し、再度面談の時間を持ちます。今後の学修生活や自身の課題について具体的に話し合い、これからすぐ着手することを決めます。

 夏を迎えました。成長の季節です。
 皆でがんばってゆきましょう。

  • LINEで送る

220623_lab_1.jpg

 管理栄養学科では今年から、専門分野を学ぶ楽しさを1年生から体験できる、本学科オリジナルの実践型授業である『栄養チャレンジ・ラボ』が開講されています。

 1年生は、脳科学の視点から、食行動やおいしさを感じる仕組みを探求する「脳科学ラボ」、食育活動を通して食の大切さを伝え、人と関わる喜びを体験する「食育ラボ」、食品開発の基礎を学び、魅力あるモノ作りに挑戦する「食品開発ラボ」の、3つのうちから1つを選んで受講します。

 今回紹介する「食品開発ラボ」では、管理栄養士・栄養士をめざす学生が、食品加工や衛生管理、食品の評価方法について学び、各自が想定する対象者に合わせた食品を開発しようとしています。食品開発を通じて、食べる喜びを伝えることを最終目標としています。「食品開発ラボ」の、4月から現在までの様子をレポートします。

220623_lab_2.jpg

 4月の初めから、「食品の加工と開発」、「衛生管理とHACCP」、「対象者に合わせた食品」、「物性の測定と官能評価」についての講義がありました。その内容をもとに開発食品のテーマを考えていた5月23日、いよいよ調理科学実習室に入ることになりました。

220623_lab_3.jpg

 1年生にとっては、はじめての体験になることばかりでした。白衣をしっかり着て、検温と爪のチェックを受け、手指消毒をし、調理用に新しいマスクに付け替えます。

220623_lab_4.jpg

 この日は服装(白衣、調理靴、調理帽)の正しい身に着け方や調理室でのマナー、衛生チェックの方法などを、まず学びました。この知識をふまえて、今後、対象者を想定しての色々なテーマでの試作をしていくことになりました。次回は、基本となるパウンドケーキの作り方を学びます。

220623_lab_5.jpg

 5月30日、基本のパウンドケーキを、実際に調理器具や設備を使い、皆で手を動かして作ってみました。はじめて使う器具も多かったのですが、調理台の清掃も含めて班員で分担し、なんとかやりきりました。

220623_lab_6.jpg

 翌週の6月6日には、パウンドケーキ作りの経験をもとにして、テーマ設定、企画・立案を行ないました。その後、必要な材料の種類や分量を決定し、現在試作を続けています。

220623_lab_7.jpg

 回を重ねるうちに、徐々に手際もよくなり、衛生管理にも心配りができるようになってきました。

220623_lab_8.jpg

220623_lab_9.jpg

 テーマにしたがって、色々なパウンドケーキができてきました。
 改良が進み、心に思う対象者の方々に、届けられるものになるといいですね。

  • LINEで送る

日本福音ルーテル広島教会で毎月 第2・4火曜日に開催される「るうてる食堂クレヨン」にボランティアとして参加しました。

「るうてる食堂クレヨン」は子どもも大人も誰でも食べに来ることができる食堂です。一緒に食べることで心の栄養補給ができる空間になっています。

5月24日(火)は管理栄養学科食育サークルのメンバーに1年生の有志を合わせて8名が活動しました。この日はハンバーグと豆ごはん、スイカ、アンデルセンからいただいたパンもありました。

220601_syokudo_1.jpg

約150名の来場者で、とても忙しい活動になりましたが、先輩ボランティアの皆さんから教えていただきながら、盛り付けや食器洗浄のお手伝いを頑張りました。終了後には次回実施に向けてよりよい食堂運営にできるように反省会が行われました。活動を振り返って、一人ひとりが感想を発表する機会をいただきました。

220601_syokudo_2.jpg

220601_syokudo_3.jpg

子どもたちや保護者の方が楽しく食べておられる様子を見て、食べることの楽しさを共感できる充実した時間になりました。

220601_syokudo_4.jpg

食育サークルではこれからも継続的に活動を続けていきたいと思っています。子ども食堂に興味のある方は一緒に活動しませんか。

  • LINEで送る