人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

管理栄養学会は栄養科学に関する学術的研究を行うことを目的に、研究発表会や講演会などの事業を行います。会員は管理栄養学科の学生、人間生活学研究科専攻生、および教職員です。

この度の秋季講演会は、「めざせ健康長寿~生活習慣、栄養、遺伝子の視点から~」と題して、徳島大学大学院医歯薬学研究部の野間隆文先生にご講演をいただきました。

講演会(野間先生).jpg
講演会(会場).jpg

ご講演では、健康寿命の延伸について遺伝子の視点から詳しく教えて頂きました。生活習慣によって遺伝子の発現が整えられ、健康寿命が延伸するだけでなく、普段の生活習慣が遺伝子に作用し、次世代の子供たちの健康状態にまで関わることには、驚きました。

この度の秋季講演会では、一次予防に関わる管理栄養士として、食事を含めた良好な生活習慣をどのように推進していくべきなのか、改めて考える貴重な機会となりました。

  • LINEで送る

今年の夏も、管理栄養学科 妻木陽子准教授の主催による、食物アレルギーを持つ子どもとその保護者を対象としたデイキャンプを本学で開催しました。

daycamp2018-4.jpg

今年で10年目を迎える「食物アレルギーっ子のDAYキャンプ」。リピーター参加もあり、交流の輪が広がっています。

食物アレルギーは、食事制限など日常生活のなかで管理が必要な疾患です。小児での発症が多いため、患者だけでなく保護者のフォローや周囲の理解が求められます。

このデイキャンプの目的は、食物アレルギーに関する知識や情報提供を行うことと、参加者同士の交流の場を設けることです。

プログラムは、講演会、昼食、レクリエーション、おやつ教室、子育て交流会と盛りだくさん!食物アレルギーについて、家族全員で考えます。

デイキャンプで提供する昼食やおやつは、7大アレルゲン(卵、乳、小麦、そば、ピーナッツ、えび、かに)を全て除去した献立で、みんなが同じものを食べることができます。使用する食器や調理器具もすべてアレルゲン除去食材専用とし、通常の調理実習で使用するものと分けて管理しています。

daycamp2018-1.jpg daycamp2018-2.jpg

子育て交流会は、保護者同士が情報交換をし、それぞれが抱える悩みを打ち明け、共感できる場です。NPO法人や医師も参画することで、大学と地域と医療機関とが連携をとり、食物アレルギーに対して悩みを持つ方への支援体制を確立しています。

daycamp2018-3.jpg

デイキャンプの運営にあたって、昼食やおやつの献立作成をはじめ、レクリエーションの準備や会場の飾りつけ、会の進行などまで、妻木ゼミの学生が主体となって春から企画し、準備を進めました。将来、栄養士・管理栄養士をめざす学生が、食物アレルギーの子どもやその家族と触れ合い、患者や家族の気持ちを知ることができる貴重な教育の場となっています。

daycamp2018-5.jpg  daycamp2018-6.jpg

デイキャンプの詳しい内容と提供された献立レシピについては下記をご覧ください。

食物アレルギーっ子のDAYキャンプ2018レポート.pdf
食物アレルギーっ子のDAYキャンプ2018レシピ.pdf

  • LINEで送る
食育サークル

管理栄養学科食育サークルでは、災害時でも、より安心・安全な食事をしていていただくためのレシピを考案しています。その中から、"袋レシピ"を紹介します。

食材が限られ、ライフラインが止まった非常時に「誰でも簡単に調理ができる」「野菜が摂取できる」方法である「ポリ袋調理」です。

ポリ袋を使うことで少ない水で調理ができ、食材にほとんど手を触れることもなく、洗い物も少ないので、節水時にも衛生的に調理できます。

家によくある食材を使い、主食、主菜、副菜のバランスよい食事を作る方法を紹介します。

被災時も温かくて美味しい、と感じられる食事で心が落ち着かれますことを祈っております。

※"高密度ポリ袋"を使用してください。スーパーで見かけるタイプの袋は、高熱に強いので調理に向きます。ジッパー付き袋は、低密度なので袋調理には使用できません。
※熱でポリ袋が溶けないよう、鍋の底にお皿を敷いておくと安心です。

袋炊きごはん
袋炊きごはん.jpg

袋炊き込みごはん
袋炊きこみごはん.jpg

切り干し大根のサラダ
切り干し大根のサラダ.jpg

袋蒸しパン
袋蒸しパン.jpg

りぼんサラダ
りぼんサラダ.jpg

災害に備えてーローリングストック術ー

災害に備えて、長期保存が可能な缶詰や乾物、レトルト食品などをご家庭で備蓄しておくことは大切です。しかし、購入したものの「実際に使用する機会がないまま期限が切れて捨ててしまった」という経験はありませんか?

月1回の行事食に、缶詰や乾物を取り入れることで、定期的に消費する「ローリングストック法」を紹介します。

備蓄品を非常食として別に保管しておくのではなく、鮮度を保つためにも日常の食事に美味しく取り入れる方法です。
日頃から缶詰や乾物の活用方法に慣れることができます。

冊子『食品ロスをなくす~ローリングストック術』

非常時への備蓄についての情報も掲載していますので、お役立てください。

  • LINEで送る