人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

授業アーカイブ

220623_lab_1.jpg

 管理栄養学科では今年から、専門分野を学ぶ楽しさを1年生から体験できる、本学科オリジナルの実践型授業である『栄養チャレンジ・ラボ』が開講されています。

 1年生は、脳科学の視点から、食行動やおいしさを感じる仕組みを探求する「脳科学ラボ」、食育活動を通して食の大切さを伝え、人と関わる喜びを体験する「食育ラボ」、食品開発の基礎を学び、魅力あるモノ作りに挑戦する「食品開発ラボ」の、3つのうちから1つを選んで受講します。

 今回紹介する「食品開発ラボ」では、管理栄養士・栄養士をめざす学生が、食品加工や衛生管理、食品の評価方法について学び、各自が想定する対象者に合わせた食品を開発しようとしています。食品開発を通じて、食べる喜びを伝えることを最終目標としています。「食品開発ラボ」の、4月から現在までの様子をレポートします。

220623_lab_2.jpg

 4月の初めから、「食品の加工と開発」、「衛生管理とHACCP」、「対象者に合わせた食品」、「物性の測定と官能評価」についての講義がありました。その内容をもとに開発食品のテーマを考えていた5月23日、いよいよ調理科学実習室に入ることになりました。

220623_lab_3.jpg

 1年生にとっては、はじめての体験になることばかりでした。白衣をしっかり着て、検温と爪のチェックを受け、手指消毒をし、調理用に新しいマスクに付け替えます。

220623_lab_4.jpg

 この日は服装(白衣、調理靴、調理帽)の正しい身に着け方や調理室でのマナー、衛生チェックの方法などを、まず学びました。この知識をふまえて、今後、対象者を想定しての色々なテーマでの試作をしていくことになりました。次回は、基本となるパウンドケーキの作り方を学びます。

220623_lab_5.jpg

 5月30日、基本のパウンドケーキを、実際に調理器具や設備を使い、皆で手を動かして作ってみました。はじめて使う器具も多かったのですが、調理台の清掃も含めて班員で分担し、なんとかやりきりました。

220623_lab_6.jpg

 翌週の6月6日には、パウンドケーキ作りの経験をもとにして、テーマ設定、企画・立案を行ないました。その後、必要な材料の種類や分量を決定し、現在試作を続けています。

220623_lab_7.jpg

 回を重ねるうちに、徐々に手際もよくなり、衛生管理にも心配りができるようになってきました。

220623_lab_8.jpg

220623_lab_9.jpg

 テーマにしたがって、色々なパウンドケーキができてきました。
 改良が進み、心に思う対象者の方々に、届けられるものになるといいですね。

  • LINEで送る

①オリエンテーション.jpg 入学式が終わり、1年生から4年生までオリエンテーションが行われました。
1年生(左上)には特に、履修や単位について、詳しい説明がありました。大学では自分自身で時間割を作り、受ける授業を登録します。いろいろなことを自分で管理していく生活になります。
2年生(右上)では実験・実習が多くなり、3年生(左下)では学外臨地実習も始まります。新たな学期を迎え、気持ちも新たです。
4年生(右下)にとっては、いよいよ最終学年の始まりです。卒業記念パーティー委員や、アルバム委員も決めました。

②写真撮影.jpg 1年生のオリエンテーションでは、4年生のオリキャンリーダーたちが、4月15日に学内で開催されるオリエンテーションキャンプのしおり用に、1年生の写真を撮ってくれました。オリキャンリーダーたちも、彼女たちが1年生の時には、写真を撮ってもらっています。

③オリキャンリーダー.JPG

 最後に、1年生の写真撮影に来てくれたオリキャンリーダーたちの集合写真です。今年も、新入生のお世話を買って出てくれています。とても頼りになり、お手本になる先輩たちです。今年もよろしくお願いしますね。

 管理栄養学科の新学期は、たくさんの笑顔とともに始まっています。

  • LINEで送る

220407_nhp_1.jpg

 2022年4月5日、縮小形式ではありましたが、保護者の方々にもお越しいただいての入学式が開催されました。管理栄養学科には64名の新入生が加わりました。

220407_nhp_2.jpg

 入学式が執り行われる一方で、4年生は別室で国家試験模試を受験しました。春の日差しの中、校舎内で解答に集中しました。これは、新入生のみなさんの3年後の姿です。

220407_nhp_3.jpg

 新入生はランバスホールでの入学式の後、学科プログラムへ。移動先の教室では、まず、各先生方と助手の先生方の自己紹介がありました。正面に写っている5名が助手の先生方です。頼りになります。

220407_nhp_4.jpg

 続いて、今年の1年生から受講できる3つのチャレンジ・ラボの説明がありました。
 まず『脳科学ラボ』(食べる行動を、脳神経科学の視点から考える)については、担当の石長先生、野間先生、土谷先生、吉廻先生を代表して石長先生がお話されました。わくわく感が教室に満ちました。

220407_nhp_5.jpg

 次に『食品開発ラボ』(食べる物を、対象者のニーズに合わせて加工製造する)については、担当の村上先生、佐藤先生、妻木先生、近藤先生を代表して妻木先生がお話されました。「食べる喜び」の大切さや、ラボの具体的なアプローチについて語られました。

220407_nhp_6.jpg

 最後に『食育ラボ』(食べる大切さを、食育を通して多くの人に伝える)については、担当の下岡先生、渡部先生、市川先生を代表して渡部先生と市川先生がお話されました。ラボの活動について漫談風に語られ、楽しさが伝わってきました。

220407_nhp_7.jpg

 私たちは、みなさんの大学生活を心から応援しています。

  • LINEで送る
  • 1
  • 2