人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

メッセージアーカイブ

①サイズ変更.jpg 9月28日(木)の12時半から、管理栄養学科の溝口嘉範先生より「私と食品衛生」と題してのお話がありました。溝口先生は昨年度まで、岡山県の保健所で活躍されていた、食品衛生学や公衆衛生学分野の専門家です。この日は、この専門分野に進まれた経緯などを含め、ご自身の経験に基づいた学生へのメッセージをお話くださることになりました。

②サイズ変更.jpg

 お話では、子どもの頃から大学への入学、そして食品衛生監視員としての仕事をされていた期間での、ご自身のモチベーションの推移についても語られました。年齢とともに興味の対象が変わったり、取り巻く環境が変わったりする中で、モチベーションは一律に維持されてきたわけではなく、結構変動があったそうです。資格を所持されていたことで責任ある仕事を任され、多少の変動があっても、モチベーションが高水準に保たれていたとのお話を聴き、筆者(佐藤)も資格を持つことによる自信の力の大きさについて、再認識させていただいた次第です。本学では様々な資格が取得できます。学生さんたちも、気持ちが新たになったのではないでしょうか。

9d7e5e9ee32ce5fd87250eda7d8f496e_2.jpg

 お話の最後に、若い学生さんたちに、メッセージが贈られました。モチベーションが下がっているときは実はチャンスであり、チャレンジの時であること。資格を取ると周囲から認められること。知り合いが多いと、自分の能力以上のことができること。大学時代の友だちは一生の財産であり大切にすること。

 私たちには、目先のことにとらわれて、一喜一憂してしまうこともよくあると思います。この日のお話では、溝口先生ご自身の、これまでのモチベーション変動を図にして見せていただくことにより、下った後には、明るい上り坂があることを、現実のこととして捉えることができました。下がっている時はチャンスであり、チャレンジの時でもあるのですね。

④サイズ変更.jpg

 溝口先生、これからもよろしくお願いいたします。皆でチャレンジの日々を送ってゆきましょう。

  • LINEで送る

①サイズ調整.jpg 4月27日(木)の12時半から、管理栄養学科の実験実習助手である水落由香先生より「時間の使い方について」と題してのお話がありました。水落先生は、学生時代、空いている時間があると『もったいない』と思い、学内の食育サークルやオリキャンリーダー、部活に加えてアルバイトまで、1日の中に詰め込まれていたようです。すごい密度ですね。

②サイズ変更.jpg

 ところが、ある事情から今までの時間を削る必要がでてきました。そこで、何を削るかを思案したところ(今の水落先生であれば、アルバイトを削る選択をされるそうですが)、あろうことか、睡眠時間を削ってしまいました。その頃の平均睡眠時間は2~3時間になってしまっていたようです。結果として体調を大きく崩し、元の健康状態を取り戻すまでに、半年の時間を要したとのことでした。

 その経験を経て、父親の言葉である『無理はしてもいいけど、無茶はするな』を再認識することとなったそうです。『無理』は困難を承知の上で自分を高めるために行うことであって「実現が可能」な範囲のもの。『無茶』は度を越しており「実現が難しい」もの。体調を崩した時の水落先生は、『無理』と『無茶』の間の線引きが、うまく出来ていなかったのでした。

③サイズ変更.jpg

 今振り返って思うと、学生時代には、『自分のために使える時間』が多いことがわかります。学生の皆さんは、よく、たくさん学ぶこと、色んなことにチャレンジすること、旅行すること、などを勧められるでしょうけれど、これらはすべて、まとまった時間がないと出来ないことです。社会人になると、そのような時間を取ることは難しく、そのためには自分で意思をもって仕事に臨み、時間を捻出しないといけません。1つでも資格を取ろうとすると、その講習を受講するためには、時間もお金もかかります。学生の皆さんには、今の時間を、『好きなこと』や『やりたいこと』に、また、それらがないのであれば、それらを『見つけるための様々な体験をすること』に使うのがよいとのメッセージをいただきました。

④サイズ変更.jpg

 水落先生は、東京に行った際、有名なおにぎり屋さんに4時間並んで、その美味しいおにぎりを食べたとのこと。贅沢でとてもよい時間だったそうです。

 お話の中の、「時間の使い方は人それぞれ」、「あの時何もしなかった」は「もったいない」、との言葉が筆者の胸に残っています。使い方に自由度の大きい「時間」ですが、自分にとって贅沢と思えるような時間を繋げていきたいものだと思いました。

⑤サイズ変更.jpg

  水落先生ありがとうございました。皆の時間が輝いてゆきますように。

  • LINEで送る

先月(10月4日)の創立記念礼拝で管理栄養学科では廳 有里さんがゲーンス学術奨励賞を受賞されました。この賞は各学科の4年生1名に贈られる賞であり、廳さんはこれまで、非常に優秀な学業成績を収めるとともに、充実した学生生活を送られてきました。今日は、受賞者の廳さんに頂いたメッセージを掲載します。

No.1(サイズ調整).jpg

大学生活を振り返って

廳さんはこれまで、学業とサークル(表千家茶道部)を中心に、学生生活を送られてきました。よい思い出としては、1年生の時に表千家茶道部での茶会のお点前で、亭主と半東(はんとう)をどちらも出来たことだそうです。後のコロナ禍では、サークルやボランティアなど、取り組みたいと思っていたことが、なかなか出来ない時期が続きました。ボランティアも、1,2年生の頃はたくさん出来ていたのですが、それから以後はコロナ禍での制限がかかるようになりました。ただ、その状況の中でも、料理コンテストに応募するなど、友達とともに取り組み、楽しいことは多かったそうです。

No.2(サイズ調整).jpg

自身のこれからのこと

春からは給食委託会社に就職されます。『いつまでも健康的に過ごしてほしい』という人に対する思いがあり、特に働く世代に対してのアプローチをしていきたいとのことです。高校時代は調理師の勉強をしながら、特に美味しさを追求されていたのですが、日々の食生活を考えるうちに管理栄養士を目指すようになり、今は、『人が健康なままでいられる美味しい料理を作っていきたい』との思いがあるそうです。ずっと長く健康的にいてほしい、という人に対する強い思いが、廳さんの言葉の中にはありました。

221117_nh_gaines_3.jpg

後輩へのメッセージ

『どんどん挑戦していってほしい』とのメッセージを後輩の皆さんにいただいています。

「コンテストとかボランティアとか、(コロナ禍での制限があっても)いろんなことに挑戦してきたことが、4年生になったときに、やっていてよかったなという思いに繋がりました。旅行が好きなので、広島県以外の所にも行きたかったのですが、今できることを考えながら行動しました。今コロナだからと思わずに、できることにどんどん挑戦していってほしいです。」

廳さんとみなさんの思いが、明るく展開していく未来が見えます。
今できることに挑戦してゆきましょう。

廳さん、お話ありがとうございました。
受賞おめでとうございます。

  • LINEで送る