人間生活学部 管理栄養学科 ニュース

被災時に役立つ"袋レシピ"
食育サークル

このたび大阪北部の地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈りいたします。

管理栄養学科食育サークルでは、災害時でも、より安心・安全な食事をしていていただくためのレシピを考案しています。その中から、"袋レシピ"を紹介します。

食材が限られ、ライフラインが止まった非常時に「誰でも簡単に調理ができる」「野菜が摂取できる」方法である「ポリ袋調理」です。

ポリ袋を使うことで少ない水で調理ができ、食材にほとんど手を触れることもなく、洗い物も少ないので、節水時にも衛生的に調理できます。

家によくある食材を使い、主食、主菜、副菜のバランスよい食事を作る方法を紹介します。

温かくて美味しい、と感じられる食事で心が落ち着かれますことを祈っております。

※"高密度ポリ袋"を使用してください。スーパーで見かけるタイプの袋は、高熱に強いので調理に向きます。ジッパー付き袋は、低密度なので袋調理には使用できません。
※熱でポリ袋が溶けないよう、鍋の底にお皿を敷いておくと安心です。

袋炊きごはん
袋炊きごはん.jpg

袋炊き込みごはん
袋炊きこみごはん.jpg

切り干し大根のサラダ
切り干し大根のサラダ.jpg

袋蒸しパン
袋蒸しパン.jpg

りぼんサラダ
りぼんサラダ.jpg

災害に備えてーローリングストック術ー

災害に備えて、長期保存が可能な缶詰や乾物、レトルト食品などをご家庭で備蓄しておくことは大切です。しかし、購入したものの「実際に使用する機会がないまま期限が切れて捨ててしまった」という経験はありませんか?

月1回の行事食に、缶詰や乾物を取り入れることで、定期的に消費する「ローリングストック法」を紹介します。

備蓄品を非常食として別に保管しておくのではなく、鮮度を保つためにも日常の食事に美味しく取り入れる方法です。
日頃から缶詰や乾物の活用方法に慣れることができます。

冊子『食品ロスをなくす~ローリングストック術』

非常時への備蓄についての情報も掲載していますので、お役立てください。

  • LINEで送る