人間生活学部 児童教育学科 ニュース

11月10日(日)に幼児教育心理学科と児童教育学科の学生が企画運営をした森のようちえんの活動(今年度第4回目)が開催されました。

ひろしま自然学校のフィールドの森(北広島町)を利用し、地域の親子が参加するイベントで、今年度最後の回でした。

今回のテーマは「もりのうんどうかい」です。くまさんから運動会の招待状が届き、みんなで参加することにしました。

DSC03017.jpg

一つめの種目は「きのみボックス」。拾って集めたどんぐりやまつぼっくりなどをどんどん箱に入れます

DSC03043.jpg

二つめの種目は「もりの〇×クイズ」。クイズに正解すると次に進めます。

三つめの種目は「しんぶんしはこび」「きのみはこび」。新聞紙に落ち葉を貼り、体の前面にくっつけて走ったり、親子で新聞紙の上にどんぐりを乗せて運びました。

DSC03127.jpg

お昼は豚汁とおにぎりをみんなで食べました。森の中は寒かったので、豚汁が心も体も温めました。

DSC03150.jpg

そして午後は、「きのみボーリング」「紙粘土工作」「ビニール袋凧揚げ」をしました。

DSC03177.jpg

活動を終えて、振り返りをしました。

DSC03197.jpg

10月22日に下見をして詳細な計画を立て、準備してきました。しかし、実際に運営してみると考えが及んでいないことがありました。また、進行の時間を気にして、子どもたちの「もっとやりたい」の声に応えることができないことがありました。参加者のみなさんが楽しく活動できるように、今回気づいたことを来年度に活かしていきたいと思います。

  • LINEで送る

2年生の児童教育基礎セミナーⅡの授業では、3つのグループに分かれてゲーンス幼稚園での観察実習を行います。今年度も幼稚園を訪れ、子どもたちと朝の活動を共にしました。

園長先生から、園の生活に加わる際の心得や子どもたちとかかわる際の姿勢などを教えていただき、登園後の自由遊びに加わりました。

保育室では、絵本を見ながら会話をしています。

DSC02621.jpg

砂場横のテーブルでは、たくさんの料理が並べて食事会をしています。

DSC02801.jpg

ぼうけんのもりでは、木の枝をのこぎりで切ろうと力を振り絞っています。

DSC02944.jpg

一緒に遊んでみると、子どもたちが何に興味をもっているのか、何を楽しいと思っているのかが分かりました。また、幼稚園の先生方の子どもたちとの関わり方から学ぶこともたくさんありました。

一度に複数の子どもたちから異なる遊びに誘われて困りました。子どもたちの意見が異なった際、上手に仲立ちすることができないという経験もしました。

どのように子どもたちと関わるとよいのか。大学に戻り、観察実習の振り返りをすることで、学びを深めていく予定です。

  • LINEで送る
小学校教育実践研究

第11期をむかえている「小学校教育実践研究会」では模擬授業を行いました。

小学校教育実践研究会では曾川昇造先生に指導をいただいておりますが、曾川先生には「幼児教育心理・児童教育学会講演会」(12月14日(土)14:30-16:00・本学ヒノハラホール5F)において「児童教育学科『小学校教育実践研究会』での学び-小学校教員採用試験【正規合格率99.6%】の実績」というタイトルで講演を行っていただくことになっています。

今回は、算数の模擬授業を行い、「めあて」を「96÷2.4の計算の仕方を考え、説明しよう」としました。先生役の学生は一所懸命、児童役の学生に授業をしました。

DSCN4583.jpg

グループで問題の解き方を考えさせる机間指導の場面では、教師役の学生は膝をつき、児童役の学生と同じ目線になり、「もっと別の方法はないかな?」と声掛けをして、話し合いの支援を行いました。

DSCN4588.jpg

先生役の学生が模擬授業を終える度に、神野正喜先生(広島大学附属小学校元副校長)も直接指導を行い、成果と課題を明確にしています。

DSCN4565.jpg

11期生は全員合格を目指し、研究会で一所懸命勉強しています。

  • LINEで送る