人間生活学部 児童教育学科 ニュース

第10期生(3年生)の「小学校教育実践研究会」が始まりました。
曾川昇造特任教授(元呉市小学校校長:専門「算数科教育」)・神野正喜教授(元広島大学附属小学校副校長:専門「小学校国語科教育」)の指導の下、10期生も先輩方を見習って、学習指導案作成・模擬授業・1次試験対策など、日々励んでいます。
今回は、国語の模擬授業を実施し、発問・ワークシート・板書・字形・机間指導・発声・所作など、多くのことを学びました。

jidou-jissenkenkyukai.nov.3.jpg

jidou-jissenkenkyukai.nov.1.jpg

jidou-jissenkenkyukai.nov.2.jpg

特に分かりやすい発問に関して教材研究を深め、模擬授業を行いました。

jidou-jissenkenkyukai.nov.5.jpg

jidou-jissenkenkyukai.nov.4.jpg

jidou-jissenkenkyukai.nov.6.jpg

この研究会で、仲間と励ましあいながら各々が目指す「理想の教師像」に近づくために前向きに取り組んでいます。

  • LINEで送る

11月3日、イベント型森のようちえん活動「森の妖精くらぶ」(広島県こども夢基金活動助成事業)の運営を本学科の学生が担当しました。
今回の活動は、森に住むこびと「ノーム」がいつも楽しんでいる遊びをする
という設定でした。子どもたちは森で遊び方が記された巻物を持ったノームを探し、つの遊びを楽しみました。

jidou-morino.nov.2.jpg

jidou-morino.nov.3.jpg

jidou-morino.nov.1.jpg

今年度最後の活動を終えた学生たちは、「イベントの運営にあたっては、企画案を出し合ったり、教材の準備をしたり、一緒に活動する団体と連絡をとったりと多くのことをする必要がありました。よりよいものを作り出すために、
みんなで協力することが大切だと経験を通して気づきました」と振り返りました。

参加されたお子様の保護者は、「学生のみなさんが遊びを企画してくださり、子どもはもちろん私も楽しく森で過ごすことができました。子どもは家に帰ってからも、森で遊んだことを話していました」とおっしゃいました。

  • LINEで送る

児童教育学科では、後期の科目に「学校インターンシップ」を開講しています。
本授業は、近隣の牛田小学校に行き、先生方から小学校教育の概要をお聞きしたり、先生方の授業の参観を行ったりするものです。
今回は、登民夫校長先生と、指導教諭の福永佳栄先生から、小学校教諭の仕事の具体的な内容ややりがいについて伺いました。

jidou-schoolinternship.nov.1.jpg

jidou-schoolinternship.nov.2.jpg

jidou-schoolinternship.nov.3.jpg

jidou-schoolinternship.nov.4.jpg

「学校インターンシップ」を通しての学生の感想を紹介します。

「登校長先生のお話を伺い、「私は生まれ変わっても小学校の先生になりたい」という言葉と、ペスタロッチの「私の涙は彼らの涙とともに流れ、私の笑いは彼らの笑いを誘いました」という名言の紹介に感銘を受けました。また、登校長先生が「授業前には子供を知的に興奮させる教材研究をすること」「子供ができなかったことが、できるようになること」「子供が下校した後、教室の机を整えたり黒板を綺麗にしながら1日を振り返ること」の3つがやりがいであるとおっしゃったのが印象深く胸に刻まれました。指導教諭の福永先生からは、「3月にクラス全員の子供が、自分は先生からひいきにされていたと思うこと」が目標で、その目標を達成するために、子供と分け隔てなく接し、毎日発行する学級通信に良いことをした子供を紹介するというお話を伺い、将来、自分もそのような先生になりたいと強く感じました。「クラスの子供は自分の鏡であり、自分が元気でないと子供も元気でなくなる」というお話も小学校教諭の責任の重要性を考えさせられました。今回、プロフェッショナルであるお二人の講話を受け、「学び続ける姿勢とコミュニケーション能力」を大学時代に身に付けたいと思いました。」

  • LINEで送る