人間生活学部 幼児教育心理学科 ニュース

幼児教育心理学会総会・春季講演会を実施しました
学会

7月15日(土)、幼児教育心理学会の2017年度総会及び春季講演会が実施されました。

総会では、2016年度の活動報告、決算、2017年度の新役員と予算が承認されました。
副会長の内田春香さんはじめ、総会をもって引退する3年生の役員の皆さん、長い間お疲れ様でした。

youshin-gakkai2017.1.jpg

youshin-gakkai2017.2.jpg

続いて、幼心学会の研究会を代表して、「こどものうた研究会」(顧問 森保尚美准教授)が活動報告を行いました。
「パイナポーズ」によるダンスに合わせて、会場に集まった全員がリズムに乗って体を動かしました。

youshin-gakkai2017.4.jpg

春季講演会では、柴田愛子先生を講師にお迎えし、「子どもっておもしろい! 保育はいい仕事」というテーマでご講演をいただきました。柴田先生は、幼稚園を退職したのち、OLを経験されたものの、やはり子どもの魅力がすてられず、再び幼稚園にもどり、その後「りんごの木」という保育の場を自ら立ち上げた保育者です。また、「こどものみかた」、「けんかのきもち」、「わたしのくつ」などの絵本をはじめ、多数の図書も出版されています。

youshin-gakkai2017.5.jpg

柴田先生によると、子どもを「どのように育てるか」というのは大人の視点であって、子どもは「どう育とうとしているのか」と視点を変えてみることが、保育の原点だそうです。それも、子ども全般ではなく、自分の目の前にいるその子どもが、今、どう思っているのか、それを評価するのではなく、何と思っているのか考えること、それが子どもの心により添うことであるといいます。言葉ではうまく伝えられない子どもの思いを、表情や感情表現、身体表現から考え、多分、この子はこう思っているのではないかという一言を子どもに代わって言えたとき、その子の心に添うことができるのです。

保育者になるとき、「これから出会うすべての子どもを好きになる」という覚悟を決めたという先生の言葉は、すべての学生の胸に響いたのではないでしょうか。

youshin-gakkai2017.3.jpg

当日は、幼稚園、保育園、こども園の方々にも多数ご来場いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

  • LINEで送る
舟入市民病院 七夕会ボランティア
イベント(学外)

7月7日の七夕の日、広島市立舟入市民病院の小児病棟で開催された七夕会にボランティアとして参加しました。

舟入市民病院では、入院中の子どもたちや保護者、高齢者の方を対象として、季節の行事を取り入れたレクリエーションを企画しておられます。昨年度のクリスマス会に引き続いて、幼児教育心理学科の学生6名が七夕会に参加しました。今回は、どのような出し物をするか、話し合いを重ね、ダンスの振り付けを考えたり、壁面を作ったりと授業の合間に準備をしてきました。

当日はあいにくの雨でしたが、季節の手遊びとして、「魚がはねて」、天の川をイメージして「ロケットペンギン」のダンスを参加者と一緒に楽しみ、最後に短冊に願い事を書いてもらいました。

次回は、クリスマス会に参加予定です。

youshin-tanabata1.jpg

youshin-tanabata3.jpg

youshin-tanabata2.jpg

youshin-tanabata4.jpg

  • LINEで送る
「バアバの子育て支援広場」(6月)が開催されました
学内行事

6月23日(金)に、広島女学院大学ヒノハラホールにて、今年度最初の「バアバの子育て支援広場」が開催されました。この広場は、未就園児とその保護者であれば、だれでも参加できる自由な遊び場です。本学の元教授と本学を卒業された元保育園園長の2人のベテラン保育者が、お母さん、お父さんからの相談に気軽に応じたり、ボランティアの学生がお子さんと一緒に遊んだり、のんびり、自由に親子が交流できる場として大学施設を開放しています。

r-IMG_3551.jpg r-IMG_3539.jpg

当日は、梅雨とは思えない好天に恵まれ、22組47名の親子が広場に遊びに来てくれました。きょうだい2人のお子さんを連れて参加されたお母さんは、「ふだん、下の子の世話でなかなか上の子とゆっくり過ごせなかったのですが、今日は、下の子を学生さんが見てくれたので、久しぶりに上の子と遊ぶことができました」とのことでした。子どもたちは広いホール内を探索したり、おもちゃで遊んだり、お母さんはおしゃべりの花を咲かせたりと、思い思いに時間を過ごしていました。

r-IMG_3573.jpg r-IMG_3580.jpg

この広場は、長期休暇を除いて月1回、金曜日に開催いたします。終了後は、ヒノハラホール2・3階学生食堂も利用できます。ぜひ、おいで下さい。

◆次回は、7月21日(金)9:30~11:00

◆お申し込み、問い合わせは、メール(kodomo@gaines.hju.ac.jp)にて、本文に参加希望日、お子さんの名前・性別を書いてください。駐車場を利用する場合は、「車利用」とお書き添えください。

  • LINEで送る
「よるのとしょかん」参加者募集終了のお知らせ
イベント

「よるのとしょかん―ぬいぐるみたちの大冒険」は、定員を超えましたので、参加者募集を終了させていただきます。
多数のお申し込みをいただき、ありがとうございました。

  • LINEで送る
小学校教員をめざしてー小学校教育実践研究会での学び
教育実践研究会

教員採用試験まで一ヶ月を切った現在、仲間とともに励まし合いながら、試験に向けて最後の追い込みをしています。週末に開催された研究会での模擬授業の様子と、数学の特別講座の感想を掲載します。

図形の問題は今回改めて解くことで自信が付きました。規則性の問題はもう一度勉強して解けるようになりたいです。講師の先生の教え方が分かりやすくためになりました。先輩の後に続き、絶対に小学校の先生になります。【谷尾咲紀:4年生】

一つの解き方だけでなく、他の解き方も覚えておくと、実際に試験で問題に挑戦するとき役に立つと実感しました。講師の先生が丁寧に教えてくださり勉強になりました。後、少しで採用試験ですが、後悔しないよう全力で残りの時間を頑張り抜きます。【新原桃香:4年生】

とても分かりやすい講義でした。角度の解き方など、忘れていたこともあったので、もっと復習しなければならないと思いました。文字を使って問題を解くことが苦手なので、今からしっかりと勉強していきます。【竹内花織:3年生】

幼児教育心理学科では「小学校教育実践研究会」に所属した卒業生のうち、91.5%が正規の小学校教諭(広島県・市)として活躍しています。

youshin-jissennkennkyuukai.6.23.1.jpg

youshin-jissennkennkyuukai.6.23.3.jpg

youshin-jissennkennkyuukai.6.23.2.jpg

  • LINEで送る