人間生活学部 児童教育学科 ニュース

小学校就職支援アーカイブ

今年度の広島県・市小学校教員採用次試験では、臨時採用のOGを含めて13名が受験し、13名全員が合格しました(追記:11/24 卒業生1名の合格が判明し、14名となりました)。
合格率は「100%」。昨年度同様、児童教育学科は小学校採用試験の高い合格実績を達成しています。

9月から、3年生(第12期生)の「小学校教育実践研究会」が学内で始まりました。3年生も先輩方を見習って、学習指導案の立案・模擬授業・1次試験対策などを行い、頑張っています。

DSCN5979.JPG

前回の「小学校教育実践研究会」では、「平行四辺形の面積」の教材研究を深め、自ら作成した学習指導案を元に模擬授業を実施しました。

DSCN5968.JPG

DSCN5943.JPG

DSCN5955.JPG

DSCN5954.JPG

DSCN5976.JPG

模擬授業後は、曾川昇造前特任教授・神野正喜教授・戸田浩暢教授・青山翔専任講師の4人の先生から、丁寧なアドバイスがありました。より良い算数の授業づくりについて学ぶことができました。

4月から教壇に立つ、4年生合格者のみなさん、臨時採用から正規採用になった卒業生のみなさん、本当におめでとうございます。後輩もその後に続くよう、学科全員で子どもたちのために頑張ります。

卒業生のみなさん、躓いた時、悩んだ時にも、大学に足を運んでください。卒業生の集まる場や、経験豊かな先生方と話せる場を準備して待っています。

  • LINEで送る