人間生活学部 児童教育学科 ニュース

オープンキャンパスアーカイブ

3月20日(土)に、新年度生に向けた春のオープンキャンパスが開催されました。感染拡大防止集中対策期間があけてから初めてのオープンキャンパスでしたが、保護者の方も含めて50人以上のたくさんの方にご来場いただきました。当日は万全な感染症対策のもとで開催されました。

児童教育学科のプログラムについて

学科紹介

まずは学科教員の加藤美帆先生から、学科紹介です。

学科の概要や特徴(学科教員が顧問を務めるサークル「子どもチャレンジラボ」がたくさん用意されていることなど)とともに、加藤先生が本学の卒業生であることから、自らの経験や思い出を踏まえた大学の学びの魅力について、熱く語られました。

入試説明

続いては、桐木建始先生から、入試制度についての説明がありました。

本学における入試制度の概要に加えて、本学の目玉の1つである「オープンセミナー入試」について、「一足早く大学での学びを体験でき、また友達も作れるので、安心して大学生活をスタートできること」などが魅力として語られました。

20210320OC-1.jpg
写真1 学科説明(加藤美帆先生)

休憩後、模擬授業「赤ちゃんの気持ちを読み取ろう」、学生実演「手遊び・リズム遊び」が行われました。

20210320OC-2.jpg
写真2 学生による模擬授業「手遊び・リズム遊び」左:桐木建始先生

模擬授業「赤ちゃんの気持ちを読み取ろう」

村上智子先生より、大学で行っている授業の一場面の紹介がありました。

模擬授業では、子どもの気持ちを読み取ることの大切さやポイントについて説明があった後に、子どもの姿(子どもが葉っぱに手を伸ばしたり、絵本を手に取ってページをめくる様子)を撮影した映像をもとに、行動の理由や子どもの気持ちを読み取る活動を行いました。

参加者の高校生のみなさんや保護者の方々とも意見交換を踏まえ、「手触りを確かめているんじゃないか」、「自分の気持ちを共感して欲しいと思っているのではないか」など、多様な読み取りを発表していただきました。

大変的確かつユニークな読み取りがあり、村上先生も感心していました。

20210320OC-3.jpg
写真3 模擬授業「赤ちゃんの気持ちを読み取ろう」(村上智子先生)

学生実演「手遊び・リズム遊び」 

動画が学科Instagramでアップされています。是非ご覧下さい。child_jpgakuin_u

childinsta.jpg

学科長でもある森保尚美先生の"音楽ゼミ"の学生たちによって、「キャベツのなかから」、「バスにのって」、「しゅりけんにんじゃ」の手遊び・リズム遊びの実演がありました。学生たちは、これまで大学や実習を通して得た学びや経験を踏まえて、元気いっぱいにパフォーマンスしました。

高校生のみなさんや、保護者の方々も呼びかけに応えてくださり、ダイナミックな手遊び・リズム遊びを行うことができました。

その後、高校生の皆さんからの質問コーナーが設けられ、Q「ピアノの練習はどうですか?」→A「無料のピアノレッスンがあるし、ピアノ室のピアノを使って、友達と励ましながら練習してます。」などのやりとりがなされました。

先輩として、やさしく、的確に学生たちも答えていました。

個別ブース

前回同様、多くの方に来場頂きました。フェイスシールドやアクリルパーテーションも設置して、飛沫防止対策もしっかり完備し、ブースを開設しました。なお、教員だけでなく、学生にも相談役として活躍してもらい、アットホームな雰囲気のもとで生活相談や履修相談がなされました。

作品展示

ホールでは、児童教育学科の学科内サークル「子どもチャレンジラボ」の紹介や、学生が授業を通して作った作品が展示されており、高校生のみなさんも熱心に観覧されていました。

次回は、新年度になり、2021年度第1回オープンキャンパスが6月20日(日)に開催されます。

たくさんの方々のご参加お待ちしています!

  • LINEで送る

12月13日(日)に予定しておりました「2020年度広島女学院大学クリスマスオープンキャンパス」がコロナウィルス感染拡大に伴い中止となってしまいました。

オープンキャンパス参加にご予約・ご予定されていた高校生及び保護者の皆様には、大変申し訳ありませんでした。そこで、予定しておりましたプログラムの内容の1部をご紹介いたします。

児童教育学科「展示内容&授業」紹介動画です。
児童教育学科の魅力を知っていただけたらと思います。

クリスマスオープンキャンパス児童教育学科「授業紹介①:障害児保育」

https://youtu.be/YZDVamIl9oc

クリスマスオープンキャンパス児童教育学科「授業紹介②:子どもと遊び」

https://youtu.be/3Md-qF5jY0c

クリスマスオープンキャンパス児童教育学科「授業紹介③:保育内容(表現Ⅱ)」

https://youtu.be/JvJbmq42Re8


クリスマスオープンキャンパス児童教育学科「展示内容紹介」

https://youtu.be/EnWUCcKZSA8

クリスマスツリー.jpg

春のオープンキャンパスは3月20日(土)です。楽しい企画を準備しますので、今度こそぜひお越しください。学科教員はじめ職員一同心よりお待ち申し上げます。

  • LINEで送る

8月2日(日)に、対面・予約制によって、第3回オープンキャンパスが開催されました。

本学のオープンキャンパスに何度も来ていただいている方をはじめ、初めて来校頂いた多くの学生及び保護者の方々に感謝致します。ご参加いただきましてありがとうございました。

DSCN0637.JPG

まずは、湊学長から、広島女学院大学で学ぶ意義について、キリスト教主義に基づく女子大学で学ぶ良さという視点からお話いただきました。

DSCN0640.JPG

次に、山下学部長から児童教育学科を含めた学部の概要について紹介がありました。

DSCN0643.JPG

学科プログラムに移り、桐木先生からは幼稚園教諭一種免許状、保育士免許状、小学校教諭一種免許状の取得を目指したカリキュラムを中心に、児童教育学科の学びについて具体的な説明がありました。

さらに、児童教育学科の「プラスワンキャリア」という考え方について説明がありました。これは、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭の資格や免許を取得しながら、興味のあることを追究する態度を育成・重視する考え方です。将来の仕事として大学から就職までの道のりを1本に限定せず、多様な目標到達の仕方や多様な働き方があることを、卒業生の動画や写真で紹介しました。

今回は市役所、タレント、アナウンサー等で活躍する卒業生や、別の仕事を経た後に、小学校教諭の仕事に就いている卒業生の紹介や、保育・教育の専門的な知識を活かして起業した卒業生の紹介がありました。

DSCN0644.JPG

中村先生からは、10月25日(日)に行われる今年度から新しく始まった「活動評価型入試」の説明がありました。従来AO入試と呼ばれていた形の課題プレゼンテーションの課題発表も行われました。詳細はこちらでご覧ください。https://www.hju.ac.jp/news/2020/08/post-203.php

そして、休憩を挟んだ後、2つに分かれて心理学と教育学の2つの模擬授業を体験していただきました。

katou1.JPG

1つ目は、幼児教育分野から「"子どもに寄り添う"を考える」と題して、子どもに寄り添うということは具体的にどういうことなのかということを考える加藤先生の授業でした。子どもの表現の中には、大人が思った以上に想いがつまっています。そのことに想いを馳せることの大切さについて考えました。加藤先生の授業に興味がある人は、大学では「保育の心理学」などの講義を開講しています。また、オープンセミナー⑫でもこれらの内容を学ぶことが出来ます。

DSCN0653.JPG

2つ目は、児童教育分野から「小学校音楽科の授業を体験しよう」と題して、リズム模倣やカップスという活動を通して音楽を聴く、森保先生の鑑賞の授業でした。3密を避けて学習できる音楽活動として、今後において特に有用な手立てでした。

同じ音楽でも聴く人によって感じ方はいろいろです。音楽の魅力を共有して学級づくりに生かす一方で、音楽に内在する客観的な概念(リズム・旋律の動き)を聴き取る学習が小学校の教科学習であることがわかりました。

森保先生の音楽活動や、表現の授業に関心がある人は、オープンセミナー⑬や、活動評価型入試の実技(任意のピアノ曲か任意の歌唱曲)試験にチャレンジしてください。

展示.jpgkobetu.JPG

「発達心理学すごろく」、「学習カウンセリング」、「幼児の運動場づくり」、「こどもの歌研究会」、「幼児のおもちゃ作り」等の紹介があり、展示に訪れた方々はどの作品もじっくりとご覧になり、とても興味深いという声や、たくさんの質問をいただきました。

次回のオープンキャンパスは、夏の最終回・8月23日(日)です。ぜひ、オープンキャンパスに来ていただき広島女学院大学の魅力を感じていただけたらと思います。お待ちしています。

◆オープンキャンパス情報・予約はこちら

  • LINEで送る
  • 1
  • 2