人間生活学部 児童教育学科 ニュース

学会アーカイブ

児童教育学科では、学生と教員による幼児教育及び児童教育に関する学術的研究を行うことを目的として、幼児教育心理・児童教育学会が組織されています。

2007年度に新設された「幼児教育心理学科」の学生と教員により設立された「幼児教育心理学会」は、2018年度に新設された「児童教育学会」とともに、学生が主体となって企画・運営を行っています。学会の主な活動は、年2回の講演会の開催、研究会の紹介と支援、学会誌の発行など多岐にわたっています。現在第11号まで発刊されておりますので、第11号の記事について紹介します。

日々記.jpeg

2019年度の前期には『これからの保育とその展望~良い土壌になろう!』というテーマで、全国保育士会会長の上村初美先生をお招きして講演会を開催しました。そして、後期には『「小学校教育実践研究会」での学び-小学校教員採用試験正規合格率96.6%の実績-』というテーマで、元公立小学校校長の曽川昇造先生をお招きして講演会を開催しました。学会誌にはこのような講演会の内容や、学科の研究会「子どもチャレンジラボ」の活動、保育所・施設実習、幼稚園実習、小学校実習の報告など、1年間の学生の日々が綴られています。

もちろん、学会誌の編集は、学会員である児童教育学科の1~3年生が中心となって行います。最新号の12号は、年度末に発行されますので楽しみにしていてください。

学科の研究会「子どもチャレンジラボ」では、子どもと関わる様々なボランティア活動が実施されています。子どもチャレンジラボについて紹介した以下のポスターもぜひご覧ください。

412323eaabe82676da94345bc5267358.jpg

児童教育学科に興味のある方は、2021年3月20日(土・祝)春のオープンキャンパス(現在のところ対面実施予定)にお越しください。工事が終わったきれいなキャンパスでお待ちしています。

  • LINEで送る

12月14日(土)、幼児教育心理・児童教育学会で講演会を開催しました。

講演会のメインタイトルは「『小学校教育実践研究会』での学び-小学校教員採用試験正規合格率96.6%の実績-」でした。

DSCN5224.jpg

講演会は2部構成で、第1部は、児童教育学科元特任教授の曾川昇造先生を講師に迎え、「生まれ変わってもなりたい小学校教員の魅力」というテーマで、38年間の小学校教員生活で体験した、他の職業では得られない魅力的な出来事や児童・保護者との関わりについてお話しいただきました。

DSCN5234.jpg

第2部は、本学科1期生で、現在は小学校教諭として勤務している、久都内由美先生(広島市立広瀬小学校)と野村奈那先生(広島市立竹屋小学校)、山内遥奈先生(広島市立観音小学校)から、「小学校教員になるまでとなった後」というテーマで、「小学校教育実践研究会」での学びや実際に小学校の教員になってからの「やりがい」について語ってくれました。

IMG_8422.jpg

当日は、本学学生以外にも、高等学校教諭、高校生、保護者、小学校教諭などたくさんの方々に講演を聴いていただきました。

また、講演会終了後の茶話会では、講演者による小学校教育にまつわる体験談などを伺い、大変貴重な時間を過ごすことができました。

DSCN5288 (1).jpg

DSCN5289 (1).jpg

  • LINEで送る

幼児教育心理学会/児童教育学会では、本学元特任教授の曽川昇造先生を講師に、下記の要領にて2019年度秋季講演会を開催します。

本学児童教育学科の小学校教員養成を目的とする研究会、「小学校教育実践研究会」の活動や指導の実際、教員採用試験合格実績についてお伝えする講演と、公立の小学校教員として活躍する本学科卒業生の座談会の2部構成です。

小学校教員志望の高校生、学校関係者のみなさま大歓迎です。ぜひご来場くださいますようご案内申し上げます。
(入場無料 事前申込不要)

テーマ

児童教育学科「小学校教育実践研究会」での学び

日時

2019年12月14日(土) 14:30~16:00(14:00~受付開始)

プログラム

第1部 14:30~15:15

講演 「生まれ変わってもなりたい小学校教員の魅力」

講師 曽川 昇造氏
広島女学院大学人間生活学部児童教育学科元特任教授・呉市立小学校元校長。安芸郡・呉市で小学校教員として勤務。専門は算数科。現在、広島女学院大学非常勤講師。

学校は「ブラック」になっている・・・と言われますが、本当でしょうか。私は、もう一度生まれ変わっても、「小学校教員」になりたいと願っています。
本講演では、私の38年間の小学校教員生活で体験した、他の職業では得られない魅力的な出来事や児童・保護者との関わりについてお話ししたいと思います。また、2009年度から広島女学院大学で始めた「小学校教育実践研究会」についてもお話しします。これは、小学校教員の養成を目的とする研究会ですが、小学校教員採用試験【広島県・市】正規合格率96.6%という実績を上げていますので、その活動理念や指導の実際もお伝えします。

第2部 15:20~16:00

座談会「小学校教員になるまでとなった後」

本学科の「小学校教育実践研究会」で学び、小学校の教員になった3名の卒業生がフリートークでお話しします。入学前に考えていたこと、在学中の必勝勉強法や、学科の教員と学生との関係、チームワークのよさなど、小学校教員採用試験正規合格率96.6%の実績の理由について話します。そして、実際に小学校の教員になってからの「やりがい」に関して語ります。

場所

広島女学院大学 ヒノハラホール5F(広島市東区牛田東4-13-1)

※駐車場には限りがございますので、公共交通機関をご利用ください。
 アクセスはこちら

お問い合わせ

広島女学院大学児童教育学科 戸田浩暢 082-228-0386(代)

チラシ

講演チラシをご覧ください。

  • LINEで送る