人間生活学部 児童教育学科 ニュース

学会アーカイブ

6月30日(水)、児童教育学会総会を開催しました。

今回も昨年に引き続き、コロナ禍にあるということで、例年総会と同時開催していた講演会の開催は見送りました。
また総会についてもGoogleMeetを使用し、オンラインによる遠隔形式で行い、約130名のリアルタイム参加がありました。また、議事の賛否はGoogleFormで表明することとし、実習中など参加できなかった人は後日資料を読んで、206名が回答しました。すべての議題が99%以上の賛同を得て、提案はすべて可決されました。主体的な参画をありがとうございました。

当日は、学会副会長である3年生の大瀬戸春菜さんのあいさつの後、議事に先立って、宗教委員の前田美和子先生にリードをいただきながら、児童教育学科教員であり、前児童教育学会長であった戸田浩暢先生を偲んでみんなでお祈りを捧げました。学科創設当時から共に歩んでこられた学会創立者・桐木建始先生と、戸田先生が注力されてこられた小学校実践研究会の現リーダーである土橋可鈴さんから、逝去された戸田先生へのメッセージが届けられました。

oosedo.jpg
kiriki.jpg

議事・審議事項は、議長に選出された学会役員(総務)の山本悠以さんの進行のもと、2020年度の活動報告、決算報告、2021年度の活動計画、予算案、新役員案が承認されました。児童教育学会の新役員には、コロナ禍で十分に呼びかけができない中でしたが、1年生からも立候補がありました。

3mei.jpg

報告事項は、学会誌『日々記』の発行について、学会役員(編集)の梶原利杏蘭さんより、刊行が遅れた第11号および刊行されたばかりの第12号について報告がありました。編集委員のみなさん、本当にありがとうございました。

kajihara.jpg

研究会の活動紹介は、「小学校ASOBI研究会」「絵本研究会」「野外活動研究会レイアロハ」「こどものうた研究会」など、本学科独自の活動である子どもチャレンジラボからコロナ禍でも工夫して開催された多くの報告がありました。

rabo_1.jpg

旧副会長の髙橋波花さんをはじめ、今回の総会を支えてくれた4年生の役員の皆さん、長い間お疲れ様でした。新副会長から旧副会長へ感謝の花束が贈呈されました。

hanataba.jpg

8.集合写真.jpg

学科全体の運営を担った、学会役員のみなさん、お疲れ様でした。
役員はまだ空きがありますので、興味のある人は3年生の大瀬戸さんか、役員の学生に声をかけてください。

  • LINEで送る

児童教育学科では、学生と教員による幼児教育及び児童教育に関する学術的研究を行うことを目的として、幼児教育心理・児童教育学会が組織されています。

2007年度に新設された「幼児教育心理学科」の学生と教員により設立された「幼児教育心理学会」は、2018年度に新設された「児童教育学会」とともに、学生が主体となって企画・運営を行っています。学会の主な活動は、年2回の講演会の開催、研究会の紹介と支援、学会誌の発行など多岐にわたっています。現在第11号まで発刊されておりますので、第11号の記事について紹介します。

日々記.jpeg

2019年度の前期には『これからの保育とその展望~良い土壌になろう!』というテーマで、全国保育士会会長の上村初美先生をお招きして講演会を開催しました。そして、後期には『「小学校教育実践研究会」での学び-小学校教員採用試験正規合格率96.6%の実績-』というテーマで、元公立小学校校長の曽川昇造先生をお招きして講演会を開催しました。学会誌にはこのような講演会の内容や、学科の研究会「子どもチャレンジラボ」の活動、保育所・施設実習、幼稚園実習、小学校実習の報告など、1年間の学生の日々が綴られています。

もちろん、学会誌の編集は、学会員である児童教育学科の1~3年生が中心となって行います。最新号の12号は、年度末に発行されますので楽しみにしていてください。

学科の研究会「子どもチャレンジラボ」では、子どもと関わる様々なボランティア活動が実施されています。子どもチャレンジラボについて紹介した以下のポスターもぜひご覧ください。

412323eaabe82676da94345bc5267358.jpg

児童教育学科に興味のある方は、2021年3月20日(土・祝)春のオープンキャンパス(現在のところ対面実施予定)にお越しください。工事が終わったきれいなキャンパスでお待ちしています。

  • LINEで送る

12月14日(土)、幼児教育心理・児童教育学会で講演会を開催しました。

講演会のメインタイトルは「『小学校教育実践研究会』での学び-小学校教員採用試験正規合格率96.6%の実績-」でした。

DSCN5224.jpg

講演会は2部構成で、第1部は、児童教育学科元特任教授の曾川昇造先生を講師に迎え、「生まれ変わってもなりたい小学校教員の魅力」というテーマで、38年間の小学校教員生活で体験した、他の職業では得られない魅力的な出来事や児童・保護者との関わりについてお話しいただきました。

DSCN5234.jpg

第2部は、本学科1期生で、現在は小学校教諭として勤務している、久都内由美先生(広島市立広瀬小学校)と野村奈那先生(広島市立竹屋小学校)、山内遥奈先生(広島市立観音小学校)から、「小学校教員になるまでとなった後」というテーマで、「小学校教育実践研究会」での学びや実際に小学校の教員になってからの「やりがい」について語ってくれました。

IMG_8422.jpg

当日は、本学学生以外にも、高等学校教諭、高校生、保護者、小学校教諭などたくさんの方々に講演を聴いていただきました。

また、講演会終了後の茶話会では、講演者による小学校教育にまつわる体験談などを伺い、大変貴重な時間を過ごすことができました。

DSCN5288 (1).jpg

DSCN5289 (1).jpg

  • LINEで送る