人間生活学部 児童教育学科 ニュース

学会アーカイブ

6月29日(水)に、2022年度の春季児童教育学会総会と講演会が催されました。
総会の議事内容は、2021年度活動報告や2022年度活動計画、決算予算及び役員の承認などがありました。

220629_gakkai_1.png
学生による進行

220629_gakkai_2.jpg
学生役員

続いて春季講演会として、筒井勝彦監督の「こどもこそミライ」という映画を上映しました。
1・2年生、3・4年生に分かれ、一堂に会して鑑賞しました。
保育士、幼稚園教諭、小学校教諭をめざす学生にとって、3つの保育の姿を率直に伝えるドキュメンタリー映画は、心動かされる体験になりました。

220629_gakkai_3.jpg
映画の一場面

また、映画鑑賞後には、筒井監督に遠隔からトークタイムをとっていただき、感想を伝えたり質問に答えていただいたりしました。

220629_gakkai_4.png
筒井勝彦監督

120人以上の学生から寄せられた感想文から、一部感想を紹介します。


複数の幼稚園の特色ある取り組みをリアルな視点から観察することができる映画で、とても多くのことを学ばせていただきました。1番印象に残ったのが円になって心のもやもやを互いに話し合う様子で、保育者は子どもの話の展開や発言をさり気なくサポートしていて、それだけでも高度なことなのに、時には子どもだけで話すよう促すその大胆さに感銘を受けました。(3年)

子どものミーティングがあることで、子どもどうしで相手の気持ちを考え合うことができ、自分の気持ちを言葉にしようとすることで、様々な思考力を養えると思った。 また、障害のある子どもも、そうでない子も共に支えながら成長することで、偏見や差別がなくなり、温かい心が育っていくと思った。(2年)

子どもたちにどう育ってほしいかを大人が押し付けるのではなく、子どもが主役で子どもの姿ありのままを受け止められる人になりたいと思いました。また、禁止ばかりするのではなく、活動をすることで子どもたち自身で危ないところの判断をできるようになることが大切だと思いました。(1年)


児童教育学会の学生は、場所の確保、機材の準備、座席指定などの会場設営及びちらしやポスターの制作などの広報活動、司会や機器操作、監督や情報管理職員とのやり取り、当日の司会原稿や配布物、学会誌編集等の役割を果たして、また一つ大きく成長した姿を見せてくれました。

220629_gakkai_5.jpg
役員と学科教員

これからは3年生が主体となって秋の講演会を創っていきます。

  • LINEで送る

児童教育学会は、学科の学生・卒業生・教職員が、幼児・児童に関する研究を行うことを目的としている学会で、毎年講演会や研修会、学会誌の発行などを行っています。
3年生、4年生の学生役員を中心に、1年生、2年生も企画運営に参画し、先生方や各課、外部とのやりとりにも関わって企画運営の実践力を鍛えています。

今年度の学会講演会は、6月29日(水)に前期の講演会として映画『こどもこそミライ』の自主上映会を行うことになりました。
上映後には筒井勝彦映画監督によるトークタイムも設けられています。
今回は学会員限定の参加ですが、オフィス・ハルを通して、各団体で鑑賞可能です。下の写真は、映画のプレスシートより、映画の内容を紹介したものです。

220606_jidou_1.png
写真①映画の内容

220606_jidou_2.png
写真②解説

220606_jidou_3.jpg
写真③学生の作成したちらし

映画について、より詳しく知りたいかたはこちらをご覧ください。
https://kodomokosomirai.officehal.net/

現在、29日の学会講演会に向けて、リハーサルができるように準備を整えているところです。
映画上映後の学生レポートも発信しますので、楽しみにしていてください。

  • LINEで送る

1月26日(水)16:30~18:00、「AI時代の保育・教育に向けて」と題しまして、本学桐木建始教授の最終講義(「教育心理学b」)が行われました。
当日は当該授業の履修生を含む本学学生に加えて、本学教職員、そして卒業生と、約220名が対面もしくはオンラインにて参加しました。

まず桐木教授はご自身の学問的ルーツである認知心理学と行動主義の異同を軸に、その「長い過去と短い歴史」である心理学史における位置づけおよび保育・教育における「人間観」や「保育・教育観」の異同についてお話しされました(行動主義:環境を重視した「教える」保育・教育、認知心理学:子どもの主体性を重視した「支える」保育・教育)。
また、本学の元学長であり心理学研究者である今田寛先生と桐木教授および広島女学院大学との関わりについても紹介され、幼児教育心理学科(現:児童教育学科)の立ち上げの経緯についても話していただきました。

さらに、桐木教授の学問的ルーツを下敷きにしてスタートし、2008年から学科にて継続的に取り組んでこられた、 算数が苦手な小学生の学習を支援する活動「学習カウンセリング」についても紹介されました。学習カウンセリングは、「学習の自立」をめざす「技術的・認知的側面」と「算数が好きになること」をめざす「情意的側面」から構成されているとのことでした。

220131_jidou_1.jpg
写真)広島女学院大学の学習カウンセリングについて

そして、「AI時代の保育・教育」として、認知心理学のAIとの関りおよびAIによるディープラーニングの「威力」と「問題」(AIプロブレム)について指摘されました。このようなAI時代における難しい状況の中で、「創造性」:いわゆる「変わった子」、「不思議な子」を大切にすること、「批判力・表現力」:子どもの主体性を尊重するとともに、大人が適切な環境を整備することが「AI時代に求められること」であり、それらを追究すること通じて「知的多様性のある社会」を実現することを提唱されました。

220131_jidou_2.jpg
写真)AIがもたらすと考えられる社会的影響について

最後は、「社会的交換理論」の「互恵性規範」を援用され、桐木教授の大学教員としての教育観を培う土壌になった沖縄のCMを紹介されながら「その子のために力を尽くせば、必ず答えて(成長して)くれる」ことを信じ、保育・教育にあたることを私たち後進に望むメッセージとして残され、講義は締めくくられました。

220131_jidou_3.jpg
写真)花束と記念品の贈呈

220131_jidou_4.jpg
写真)最終講義を運営した、児童教育学会役員とともに

桐木先生、31年間、大変お世話になりました。


児童教育学会副会長の大瀬戸さん(3年生)は、「1年生の頃から学習カウンセリングでお世話になった桐木先生を、中心となって送ることができてよかった。」と話していました。また、送別の言葉を伝えた石田さん(4年生/在学生代表)は、「卒業論文にあたっては、常に学生のことを気にかけ、手を差し伸べてくださる桐木先生に大いに救われてきました。個人のペースに合わせて一緒に考え、学生の意思を尊重し、丁寧な添削をしていただきました。」と感謝の気持ちを伝えていました。学科教員一同、このような「大学人」をめざして頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

  • LINEで送る