人間生活学部 児童教育学科 ニュース

授業紹介アーカイブ

「まん延防止等重点措置」の適用を受け、児童教育学科でも一部の対面授業を除いて遠隔授業が再開したところです。
受験生のみなさんや成人を迎えたみなさんをはじめ、予定が急変してつらい思いをしている人も多いと思いますが、心を落ち着けて、身近な人たちと一緒に頑張っていきましょうね。児童教育学科一同、今一度感染防止に努めて支援していきます。

さて、今日は12月に行われた授業の紹介をします。
本学では4年生が教職課程における学びの集大成として「保育・教職実践演習」が位置づけられていて、4つのクラスに分かれて学んでいます。
これまでの教職課程で学んだことを振り返りながら、クラスごとに、様々な活動を通して実践力を磨き、現在の自分自身の課題を明確にするとともに、職業生活に向けての自信と意欲を高めています。

211101_jidou_1.jpg
保育指導案発表の様子

211101_jidou_2.jpg
3歳未満児の保育用教材1

211101_jidou_3.jpg
3歳未満児の保育用教材2

これまでの実習での経験を生かして部分実習の指導案を作成し、一部実演を行いながら発表し、工夫されている点や改善点等についてクラスでディスカッションしました。
子どもの姿をふまえた上での望ましいねらいの立て方や、そのねらいを達成するためにはどうすればよいか、そして、子どもに伝わる言葉かけや安全面の配慮等、皆で真剣に議論し、アイデアを出し合いました。具体的な保育技術や対応の仕方だけでなく、幼児教育・保育において何を大切にすべきか、それぞれの保育観についても互いに見つめ直し、保育者として現場に立つための自信をうとともに、現在の自分の強み・弱みや課題も見つかり、現場に出るまでに磨いておきたいことも明確になりました。

211101_jidou_4.png
小学校模擬授業の様子

211101_jidou_5.jpg
4クラス合同授業

本学非常勤講師であり、広島女学院ゲーンス幼稚園で長く園長職を務められたご経験もお持ちの、外部講師・菊野秀樹教授より、就職に向けての心構えの講義を受けました。
4月から幼児教育・保育の現場に立つ学生は、幼児の心のありようの実際についての理解を深め、保育者としての心構えを確かなものにすることができ、また、4月から小学校教諭となる学生は、幼児期の学び・育ちの実際についての理解を深め、幼保小連携の在り方への示唆を得ることができました。そして、一般就職をする学生も含め、全員が、メンタルヘルスを保ちながら息の長い職業生活を送っていくための心の持ちようについて、それぞれにヒントを得ることができました。


保育・教育をめざすみなさん、女学院大学の児童教育学科で一緒に学んでみませんか?
只今、特待生入試、一般選抜入試前期日程、大学入学共通テスト利用入試A日程の願書受付中です!
入試日程について知りたい方はコチラ
  • LINEで送る

今週から対面授業に移行し、体育館にも学生の元気な声と笑顔が戻ってきました。「子どもと遊び」の学習では、まず体ほぐしの運動をし、心と体をリラックスさせました。続いて、幼児が楽しめる運動遊びの場について、班で話し合ったり実際に試したりしました。約1カ月後の発表に向けて、どのような運動遊びの場ができるか楽しみです。

今日の授業の振り返りです。

久しぶりの対面ですごく新鮮でした。最初はグループの人と話せるか不安だったけど自己紹介や体を動かしながらコミュニケーションをとっていくことで仲が深まっていったなと感じました。来週も楽しみです。

幼児の遊びの場作りを班で協力して考えました。幼児が興味を持ってくれる環境を作るために、まずは幼児の立場になって考えようと思いました。また子どもが安全に楽しく遊べる道具は何があるかななどを考えました。

実際に自分達で遊ぶ環境を作るのは意外に難しいことだと気づきました。子どもになったつもりで遊んでみて簡単か安全かなど考えるのは大変だし、どんな力を身につけてほしいのかに結びつけるのも大変だなと思いました。

211020_jugyou1.jpg

(写真)平均台とボールとフープを使った楽しい運動遊びの場を、みんなで考えています。

211020_jugyou2.jpg

ホームページを見ている在学生のみなさん、高校生のみなさんなら、どのような道具を使って、どのような運動遊びをつくってみたいですか。「子どもと遊び」の授業でワクワクするような運動遊びの場を創っていきましょう!

  • LINEで送る

児童教育基礎セミナーⅡという授業は、1年生の必修科目で「子どもの表現」「子どもの造形」「子どもの伝承遊び」で構成されるアクティヴな授業です。担当教員3名のオムニバス授業なので、教員の専門性を活かした内容を展開することができます。

授業がハイフレックス型(同じ内容の授業を、対面とオンラインで同時に行う授業方法)になったので、対面で受講したり、遠隔で受講したりとスタイルは様々ですが、手や身体を動かし、頭で工夫しながら楽しい体験活動を行うことを通して、幼児教育や学校教育の実践者として必要な知識及び技能を身に付けています。

ふりつけ考案中.jpg子供と表現 .jpg山の音楽家.jpg

【写真:「子どもの表現」より"山の音楽家をリズムや身振りで表現"】

子供の造形.jpgクリスマス人形制作中2.jpgクリスマス人形制作中.jpg

【写真:「子どもの造形」より"クリスマス人形を粘土で創ろう"】

伝承遊び説明.jpgプレイ開始.jpg

皆でピース.jpg

【写真:「子どもの伝承遊び」より"ボール運び鬼"】
※撮影時に近寄っています。

みんなでいろいろな鬼遊びをしました。「ボール運び鬼」では、仲間と協力して攻めることで、得点する学生が多くいました。
作戦を考えて攻めるよさや、仲間と共に運動する楽しさをしっかりと味わい、それらを様々な場面で子どもたちに伝えてほしいと願っています。


児童教育学科では、自分の「好奇心」から始まった自分の「好き」で受験できる「自己アピール入試」があります。ぜひ、自分の「好き」を育ててください。

自己アピール入試の詳細は こちら

公募制推薦入試受験者のために、10月10日(日)に対策講座を準備しています。面接講座はすべての受験に役立ちます。

公募制推薦入試対策講座(事前予約制)の詳細は こちら

  • LINEで送る