人間生活学部 児童教育学科 ニュース

小学校実習アーカイブ

 児童教育学科4年の越智こころさんが呉市立豊小学校で教育実習をさせていただきました。豊小学校は呉市豊町久比(大崎下島)にある全校児童36名の小規模校です。海の近くに立地する真新しい校舎で、「夢いっぱい 感動いっぱい 笑顔いっぱい ~ふるさとを愛し,共に生きる~」という教育目標のもと、児童たちは伸び伸びと勉学に励んでいます。
 実習生の越智さんは、家族的な雰囲気の中で多くの先生方から丁寧なご指導をいただきながら、密度の濃い実習を行っていました。3・4年生の複式学級に配属され、6月期の今回は観察実習と教材研究を中心に行い、9月期に授業実習を行う予定です。

教頭先生・越智実習生・校長先生.JPG

 実習指導をしてくださった3・4年担任の重舎なつめ先生の授業を拝見しました。複式学級では、教室の前方に4年生5名、後方に3年生4名のスペースが設けられており、それぞれの学年が別の教科を同時に学習していました。参観時には3年生が外国語活動(英語)、4年生が国語の授業を行っており、重舎先生は両方の学年を頻繁に行き来しながら授業を展開しておられました。各学年には教科ごとに学習リーダーが決められており、学習リーダーの児童は先生が他の学年を担当されている間に先頭に立って学習を進めていく役割を担っています。学習リーダーは先生の指導にしたがって責任をもって学習をリードしており、主体的な学習態度を育成する上で効果をあげているように感じました。

3年生授業(重舎なつめ先生).JPG

4年生授業(重舎なつめ先生).jpg

〔教育実習を終えて―4年:越智こころ〕
 豊小学校では複式学級も、そうでない学級も学習リーダーを中心に自分たちで授業を進めており、常に主体的に学習に取り組む児童の様子が印象的でした。先生方は児童の発言や机間指導の際の様子をよく把握され、児童の実態に即した学びの深まる発問をされていました。また、1年生から6年生までの全体の繋がりを意識し、見通しを持った指導をされており、とても勉強になりました。大好きな母校で、児童や先生方に恵まれ、温かい雰囲気の中で教育実習をさせていただけたことを本当に幸せに思います。毎日新しい学びや発見があり、実りのある2週間でした。9月の教育実習では、授業をさせていただくことになっています。今回の実習での学びを大切にし、良い授業ができるようしっかり準備し、努力していきます。


小学校の先生に興味がある人は、ぜひ本学のオープンセミナー13を受講してください。教育学に詳しい教員や、元校長先生、現場経験20年以上の教員が待っています。

セミナー13 小学校での学び

受講申し込みはこちら

  • LINEで送る

3月10日に、2021年度の初等教育実習(幼稚園実習・小学校実習)に向けてのガイダンスが開催されました。

IMG-4654.jpg

対象の学生は、実習園・実習校に提出する書類の作成・提出方法の説明を受けました。

また、今年度に実習を経験した4年生(小学校実習:川邊愛美さん、幼稚園実習:山本若菜さん)から実習の報告とアドバイスがありました。

IMG-4655.jpg

先輩は、

「担当の先生に積極的に質問をする、子どもたちと積極的に関わるなど、先生側からと子ども側の両方の視点をもって学ぼうとする姿勢が必要」

「事前オリエンテーションで配属希望クラス・学年があれば伝えるとよい。配属が決まったら、発達段階の確認や学習内容の確認をして指導案作成につなげるとよい」

「事前指導の授業で実習日誌の記入ポイントを修得しておくと、保育に参加している時に大切な場面を捉えることができた」

「授業・保育実践してみると導入が大切だということに気づいた」

「板書指導を受けたり、板書計画を立てると、児童に分かりやすい板書ができるようになった。漢字の書き順を確認しておくことも必要」

など、実体験から振り返ってアドバイスをしていました。

IMG-4656.jpg

全体でアドバイスを受けた後の個別相談では、先輩が記録した実習日誌を見ながら、質問に答えていました。先輩が記入した日誌から実習の様子が鮮明に想像でき、自分が何を準備していけばよいのかが明確になりました。

このように、児童教育学科では実習前に心配の募る後輩の気持ちを、先輩たち、教員が支えています。

★児童教育学科の学生がシャレオ大学生コンサートに動画配信で参加しています。

 空にかかる虹を心に思い描きながら聴いてください!

 https://www.youtube.com/watch?v=zmrQpkq0qiI&t=7s

  • LINEで送る
小学校実習

幼児教育心理学科4年生の清水あやかさんが、母校の三次市立十日市小学校で初等教育実習を行い、9月14日(月)に「3年い組」で研究授業をしました。

DSCN5807.JPG

「3年い組」は、担任の先生の丁寧な指導で学習規律が整っており、明るく活発で温かな雰囲気のクラスです。
当日は、古本宗久校長先生も研究授業の授業観察をされました。

研究授業の単元は、国語科「きせつの言葉③秋のくらし」の第2時で、めあては「身の回りで見つけた秋で文しょうを作ろう」が提示されました。

DSCN5796.JPG

導入では、前時のまとめを写真で振り返らせながら、学習の想起をさせ、関心を高めていました。
授業の前半は主に一人で考える時間が設定され、清水さんは机間指導で個別の働きかけを熱心に行っていました。

DSCN5799.JPG

後半は、グループ学習で、各自の書いた文章を回して読みあい、付箋に感想を書かせていました。

DSCN5804.JPG

最後のまとめでは、数人の児童に発表をさせていました。清水さんはしっかり練られた学習過程にそって一生懸命授業を行い、児童も日頃から培われた真面目な学習態度で、最後まで真剣に授業に取り組んでいました。

研究授業後の懇談で、清水さんは、「母校で教育実習ができて幸せです。古本校長先生や指導担当の先生をはじめ、全ての教職員が優しく指導してくださり、本当にありがたいです」と、感謝の言葉を述べていました。

  • LINEで送る