人間生活学部 児童教育学科 ニュース

幼稚園実習アーカイブ

3月10日に、2021年度の初等教育実習(幼稚園実習・小学校実習)に向けてのガイダンスが開催されました。

IMG-4654.jpg

対象の学生は、実習園・実習校に提出する書類の作成・提出方法の説明を受けました。

また、今年度に実習を経験した4年生(小学校実習:川邊愛美さん、幼稚園実習:山本若菜さん)から実習の報告とアドバイスがありました。

IMG-4655.jpg

先輩は、

「担当の先生に積極的に質問をする、子どもたちと積極的に関わるなど、先生側からと子ども側の両方の視点をもって学ぼうとする姿勢が必要」

「事前オリエンテーションで配属希望クラス・学年があれば伝えるとよい。配属が決まったら、発達段階の確認や学習内容の確認をして指導案作成につなげるとよい」

「事前指導の授業で実習日誌の記入ポイントを修得しておくと、保育に参加している時に大切な場面を捉えることができた」

「授業・保育実践してみると導入が大切だということに気づいた」

「板書指導を受けたり、板書計画を立てると、児童に分かりやすい板書ができるようになった。漢字の書き順を確認しておくことも必要」

など、実体験から振り返ってアドバイスをしていました。

IMG-4656.jpg

全体でアドバイスを受けた後の個別相談では、先輩が記録した実習日誌を見ながら、質問に答えていました。先輩が記入した日誌から実習の様子が鮮明に想像でき、自分が何を準備していけばよいのかが明確になりました。

このように、児童教育学科では実習前に心配の募る後輩の気持ちを、先輩たち、教員が支えています。

★児童教育学科の学生がシャレオ大学生コンサートに動画配信で参加しています。

 空にかかる虹を心に思い描きながら聴いてください!

 https://www.youtube.com/watch?v=zmrQpkq0qiI&t=7s

  • LINEで送る

9月2日(水)より、児童教育学科2年生の初等教育実習Ⅰ(幼稚園実習)が始まりました。

初めての幼稚園実習で実習前は不安なことがたくさんありましたが、
実習が始まって子どもたちと一緒に遊び、子どもたちの笑顔をたくさんみると、
「楽しい」「たくさん経験して学びたい」と思うようになりました。

写真1.jpg
〈子どもたちと関わり、優しく微笑んでいる2年生〉

子どもたちへのかかわりが上手くできず、「どのように言葉をかけたらよかったのかな」と悩むことがたくさんありますが、
その都度、実習園の先生から「このようにするといいよ」と、ご助言をいただいています。
幼稚園教諭としての言葉の選択や伝え方のバリエーションを、経験を重ねながら身につけていきたいと思っています。

写真2.jpg
〈実習生の言葉に、耳を傾けている園児〉

遊びの部分実習では、自分で立案・準備した遊びを実践しました。
指導案をご指導いただき、何度も修正し、教材を準備するのは大変でしたが、
予想どおり実践できて、子どもたちから「楽しかった」「もう一回やりたい」という言葉を聞いた時、幼稚園教諭の仕事のやりがいを感じることができました。

このように、一喜一憂する幼稚園での実習ですが、自分のやりたい職業に一歩近づいていることを実感しています。

写真は、広島女学院ゲーンス幼稚園での実習の様子です。

本学を卒業して1年目の先生が、4歳児クラスの担任をしています。
在校生の将来(幼稚園教諭)を実現した姿として、実習生の見本になってくださっていました。

写真3.jpg
〈今年から担任として働いている卒業生〉

この間まで学生だった先生の姿も、その姿から学ぶ在校生も、活き活きと輝いていました。

※一時的にマスクを外しています。

  • LINEで送る
9月2~13日に、2年生が初めての幼稚園での実習(初等教育実習Ⅰ)を経験しました。
初日は緊張してあっという間に1日が終わりましたが、少しずつ慣れてきて、子どもたちと関わることが楽しくなってきました。
大学の授業で「子どもたちが発する言葉に対して丁寧に耳を傾けることが大切」ということを学んでいましたが、実際に行って子どもたちの思いを受けとめることは難しいことが分かりました。
DSC02468[1].jpg
また、保育の一部を担わせていただく「部分実習」も行いました。幼児が理解できる言葉を選び、活動に興味を持つことができるように伝えることを意識しました。上手くできたこと、上手くできなかったことがあり、自身の保育技術の課題が明らかになりました。
DSC02572[1].jpg
今回の実習で明らかになった自己課題を克服するため、大学での授業で学んだり、さまざまな活動に取り組み、4年生での2回目の幼稚園実習につなげたいと思います。
  • LINEで送る