人間生活学部 児童教育学科 ニュース

地域連携活動アーカイブ

10月6日(日)に、幼児教育心理学科と児童教育学科の学生が企画運営をした森のようちえんの活動(今年度第3回)が開催されました。ひろしま自然学校のフィールドの森(北広島町)を利用し、地域の親子が参加するイベントです。

朝の活動は秋の森の洋服作りです。森を散策しながら木の実や秋の色に変化した葉っぱを拾い、ビニールの服に付けていきました。

DSC02678.jpg

途中の広場で、作った服を披露するファッションショーを行いました。

DSC02712.jpg

午後の活動は、ヨウシュヤマゴボウの色水遊び、ダンボールそり滑り、どんぐり雨を楽しみました。

DSC02741.jpg

DSC02724.jpg

活動を終えて、スタッフ全員で活動の振り返りをしました。

DSC02749.jpg

今回の経験から、活動の計画を立てる時に、主活動のみでなく、その前後の時間の過ごし方も考えておく必要があることに気づきました。また当日は、参加者の子どもたちの様子をみながら計画していたことを変更させるなど、臨機応変に対応することが必要だとういことを学びました。

次回(11月10日)も、本学の学生が企画運営します。

  • LINEで送る

国立江田島青少年交流の家では、施設にある水晶山の裾野一帯のフィールドを「忍者の森」と称し、そこで幼児が楽しく体を動かしながら遊べるフィールドや遊具を整備することにより、当施設の特色を生かした幼児向け活動プログラムの開発が進められています。

施設の職員の方から、将来、幼児教育に携わる広島女学院大学の幼児教育心理学科の学生に設備整備のアイデアを出してほしいとの話をいただきました。

幼児教育心理学科の青山ゼミ(体育系ゼミ)では、森の幼稚園として有名な広大附属幼稚園に視察に行き、幼児期の子どもが楽しめる設備についてアイデアを出し合いました。また、スポーツ科学Ⅰの授業において、1年生にもアイデアを出してもらいました。

DSCN0160.jpg

国立江田島青少年交流の家に行き、自分たちのアイデアについてプレゼンテーションを行ったところ、施設の方はぜひ取り入れさせていただきたいとおっしゃって下さいました。

講義形式で学ぶことも大切ですが、実践的に学ぶことも大切にしています。

DSCN0180.jpg

  • LINEで送る

ひろしま自然学校のフィールドの森(北広島町)で開催されるイベント型森のようちえんに、児童教育学科の学生がボランティアで参加しています。

8月31日に、今年度第2回の活動が行われました(第1回は雨天で残念ながら中止)。

子どもたちが来場する前にスタッフミーティングをして、今日の活動の内容や関わり方について打ち合わせをしました。その後、参加した子どもたちやその保護者の方々と森を散策しながら、「この葉っぱは長い」「これはさんかく」とさまざまな大きさや形の葉っぱを集めました。

DSC00030[1].jpg

途中の広場に着くと、集めた葉っぱで葉っぱのじゃんけんをしました。「お姉さんの葉っぱより小さい葉っぱ、ありますか?」小さい葉っぱを持っている人は「勝ち」です。

DSC00065[1].jpg

活動を終えて、今日の活動の振り返りをしました。

DSC00077[1].jpg

今回のボランティアの経験から、子どもたちへの自然物に興味を持つことができるような教材の作成や言葉のかけ方について、学ぶことができました。

次回(10月6日)は、本学の学生が企画運営します。

  • LINEで送る
  • 1
  • 2