人間生活学部 児童教育学科 ニュース

学校インターンシップアーカイブ

共通テストでは全国の高校生が新しい生活様式と折り合いをつけながら受験勉強に挑んだことと思います。それぞれの道で笑顔を咲かせる春が来ることを心待ちにしています。本当にお疲れ様でした。

さて、感染が拡大しているため、広島女学院大学では一部の試験などを除いて現在遠隔授業を行っています。今回は11月に行った授業の紹介です。

後期の科目「学校インターンシップ」で、広島市立牛田小学校校長の宅見政子先生から、「教師について(印象深い先生・こんな先生に担任をしてもらいたい・教師の価値とは)」「学級経営(集団づくり)について」「授業について(覚えている授業内容)」「人間力について」など興味深い話を伺いました。

DSCN6049.JPG

宅見校長先生は、学生に「先生になりたい」と心に灯を付ける講義をしてくださいました。

DSCN6059.JPG

DSCN6064.JPG

DSCN6056.JPG

DSCN6052.JPG

次に、学生の感想を載せます。

講演の中に児童に対する接し方が細かく話されていてとても勉強になった。また、小学校の算数の問題を考えて、「小学校の算数だからできる」と安易に考えていたけれど分かったつもりになっていた。その「分かっていたつもり」を本当の意味で児童に分からせることが、授業力が高い先生にはできるのだと気づき、そのような先生を目指したいと思った。

今回、宅見校長先生に来ていただき、どんな先生になりたいのかを明確にすることができました。分かりやすくて夢中になる授業をするために、ゲーム形式で実施するなどが良いと分かりました。時間をかけるのでは無く、時間を決めて子どものメリハリをつけていくことを私もしていこうと思います。

宅見校長先生の講話で、教師の価値や夢中になる授業とはどういうものか、そして人間力について教わりました。中でも夢中になる授業とは、「①自分の伸びが分かる②分かっていないと実感できる③逆転現象が起きる」ことだとおっしゃっていて、なるほどと納得しました。

学級経営と授業は両輪であるということになるほどなと思いました。授業づくりをどれだけ頑張って準備しても子どもたちが楽しんでくれないと意味がないなと思いました。この先生には敵わないなと思わせることが大事だと聞いて、私も自慢できることを1つでも見つけようと思いました。

DSCN6066.JPG

 〔学校インターンシップ・宅見校長先生と一緒に〕

授業「学校インターンシップ」は、「小学校の今」と関わる魅力を備えています。

  • LINEで送る
学校インターンシップ

1年次後期の科目「学校インターンシップ」で、広島市立牛田小学校の指導教諭(先生を指導する立場の先生・広島市に2名しか在籍していません)の福永佳栄先生から、模擬授業を通して、小学校教諭に求められる資質・能力や授業づくりのポイント、学級経営のコツ、プロフェッショナルとしての小学校教諭の在り方などについて伺いました。

DSCN5982.JPG

DSCN6026.JPG

福永先生は、普段の授業を擬似的に体験させながら、学生に深く考えさせる素晴らしい講義をしてくださいました。

DSCN6010.JPG

DSCN5988.JPG

学生の感想を紹介します。

「教師がどんな人であるかっていうのが模擬授業をうけてみてわかった気がした。小中高の時はなんにも考えずに、授業を受けていたけど教師がどんなことをしているかというのを聞いて、大変だけどやりがいもあるということが分かった。」

「今回、私たちが色んな学年になって実際の授業を受けて教師とは何なのかを改めて知る機会になりました。児童の興味を引き出す様な教材を用意したり、それぞれの教科で問題を出したりして、児童たちが出来る部分と出来ない部分を見つけ出し、1つ1つの児童の行動を見逃さないということが分かりました。」

「私は"学校で学ぶ意味"を感じる授業をすることの大切さを学ぶことが出来ました。『グループになることで、自分の思いを伝えやすくする』『問題を子どもが見出し、授業で解決していく』など、先生は子どもたちが対話的に、主体的に学んでいくことが出来るように、資料を提示したり、様々な発問をしたりして、工夫をされていることが分かりました。」

「今回の模擬授業を受けて、とても楽しい授業だと率直に思いました。そして、授業に入る際、いきなり本題に入るのではなくひと工夫することで、子どもが自ら進んで学びたいと思うようになり、45分間飽きずに授業を受けることができることが分かったので、将来クラス担任を受け持った時に試してみようと思いました。」

DSCN5996.JPG

*広島市立牛田小学校には本学のOGが2名勤務しており、福永先生から、「非常によく頑張っています」と評価していただいています。

DSCN6030.JPG

-----

福永先生、私たちの学科に現場の空気や、授業の在り方について教えていただき、本当にありがとうございました。
目指すモデルを提示していただいたことで、学生たちの意欲もますます高まったと思います。
これからも素敵な先生になれる学生を、学科総力を尽くして育てていきたいと思います。

学科から高校生や卒業生、社会の方々へ送る"オンラインエール"

https://www.hju.ac.jp/faculty/life-design/cep/news/cat118/

学科インスタグラムも楽しんでください。連弾やダンス公開中!

https://www.instagram.com/child_jogakuin_u/

  • LINEで送る

児童教育学科では、後期の科目に「学校インターンシップ」を設定しています。

この授業では、広島市立牛田小学校に行って、小学校教育の概要や教員として求められる資質・能力に関わる話をお聞きしたり、授業参観をします。西田直樹教頭先生と、指導教諭の福永佳栄先生から、小学校教諭の仕事の具体的な内容や求められる力について伺いました。

DSCN4716.jpg

学生の感想を紹介します。

「牛田小学校のお二人の先生のお話を聞き、私が小学校で勤務するという夢を、具体的に想像できるようになりました。小学校の先生になる、という志が前よりももっと大きくなったような気がします。小学校の教室に入るのは8年ぶりでしたが、私が小学校のころと変わらず、テニスボールのついた机、椅子があり、わくわくしました。教科書の内容は変わっても、小学校の教室の独特な雰囲気は変わらないのだろうな、と思いました。」

「西田先生のお話を聞いて、大学生の間に人間力を上げようと思いました。将来に向けて今できることをしたいです。先生のおっしゃった①ストレスを溜めない術の取得、②言葉遣いを磨くこと、③スケジュール管理、をできるようになって大学を卒業すると決めました。また、小学校の授業の教材研究は大変だと知りました。新任の時期は、常にチャレンジ精神や向上心を持ち、自己研鑽に努めることが重要だと気づきました。「担任の先生の色は子供たちに影響する」と聞いて、子供たちにとっての担任の存在は大きいとわかりました。

福永先生のお話を聞き、小学校教員は、クラスを引っ張っていく者としてのプロ意識が必要だと学びました。子供たちをよく観察し、責任感をもち、一つのクラスの担任として毎日を過ごすことが大切です。私も福永先生のクラスの一員になりたい、と思いました。教科書通りただ授業をこなすだけでなく、福永先生のオリジナル授業をすることで、子供たちはついていくのです。小学校教員になったら、いつもプロ意識を忘れず毎日を過ごしたいです。「クラスの子は担任の鏡」という言葉が心に残りました。福永先生のクラスを卒業した子どもの日記はすばらしく、難しい四字熟語を多用しており、子供は過去にどういう指導をされたかで変わってくるのだと、改めてわかりました。」

「今回、牛田小学校で活躍されている先生方から、貴重なお話が聞けて、普段の授業では学べないことを学べました。次回の授業観察がとても楽しみです」

DSCN4666.jpg

  • LINEで送る
  • 1
  • 2