人間生活学部 児童教育学科 ニュース

高大連携事業アーカイブ

10月14日(水)、山陽女学園高等部子ども教育コースとの高大連携事業の一環として、高校1年生が本学に訪れ、見学や模擬授業を体験しました。
日頃から大学生にも行っているように、十分なコロナ感染予防策を講じて実施しました。

まずは、森保学科長が、児童教育学科の説明を行いました。

DSCN0746.JPG

保育士、幼稚園教諭、小学校教諭等の資格取得に関する説明に加えて、子どもチャレンジラボ(子どもと関わるボランティア活動)や卒業生が保育の現場で活躍する様子について紹介しました。

DSCN0750.JPG

また、4つの小グループに分かれて、ピアノ練習個室、ML教室、体育館、保育実習室等の施設を見学していただきました。ML教室には、一人一台の電子ピアノがあり、備え付けられたモニターに映る教師の模範を目の前で見ながら弾くことができます。

DSCN0751.JPG

DSCN0752.JPG

次に、三桝先生による模擬授業「折り紙で子どもとコミュニケーション」を受講していただきました。

DSCN0759.JPG

子どもが大好きな折り紙を使って、指人形を作り、顔を描いて、作った指人形を用いてストーリーを考えました。

DSCN0762.JPG

それぞれの指人形に愛着をもった高校生の笑顔があふれていました。

DSCN0766.JPG

また、パイプオルガンのある荘厳なチャペルを見学し、最後には地上4階、地下1階建で、28万冊の蔵書を誇る本学の図書館を見学し、図書館職員の説明を聞きました。

DSCN0770.JPG

次回は、広島女学院の敷地内にあるゲーンス幼稚園の見学を予定しております。

高校生の皆さんに、幼児教育、児童教育の魅力を感じていただけたらと思います。

  • LINEで送る