人間生活学部 幼児教育心理学科 ニュース

熊本地震の被災地に手作りおもちゃを送りました‒第2弾‒
地域での活動

災害支援サークルHATCHは、熊本地震で被災した子どもたちや子どもの保護者が、ホッと笑顔になるひと時のために、14種類17点の手作りおもちゃを制作し、熊本県保育協議会保育士部会が主催する「保育士村」に送っています。7月27日に2回目のおもちゃの送付を行いました。

youshin-hatch-july1.jpg

第1回目に届けたおもちゃは、子ども達からも、そして「保育士村」の保育士さん達からも評判がよく、「楽しめた!」「ありがとうございます!」という感謝のお声を頂きました。

今回第2回目は、夏を楽しめるおもちゃを多く取り入れたのが特徴です。

youshin-hatch-july3.jpg   youshin-hatch-july2.jpg  

youshin-hatch-july4.jpg

震災後、ようやく住民の生活水が使えるようになった状況の為、プール遊びを控えるよう通達が出ている自治体もあります。そのような中、「保育士村」では、プール遊びが出来ない園児たちに思いっきり水遊びを楽しんでもらうために、夏休み特別編として川遊びが企画されています。私たちが熊本復興への気持ちを込めて作ったおもちゃが、子どもたちの夏を少しでも楽しく彩ることを願っています。

  • LINEで送る