人間生活学部 幼児教育心理学科 ニュース

小学校教員をめざしてー小学校教育実践研究会での学び
小学校教育実践研究

教員採用試験まで一ヶ月を切った現在、仲間とともに励まし合いながら、試験に向けて最後の追い込みをしています。週末に開催された研究会での模擬授業の様子と、数学の特別講座の感想を掲載します。

図形の問題は今回改めて解くことで自信が付きました。規則性の問題はもう一度勉強して解けるようになりたいです。講師の先生の教え方が分かりやすくためになりました。先輩の後に続き、絶対に小学校の先生になります。【谷尾咲紀:4年生】

一つの解き方だけでなく、他の解き方も覚えておくと、実際に試験で問題に挑戦するとき役に立つと実感しました。講師の先生が丁寧に教えてくださり勉強になりました。後、少しで採用試験ですが、後悔しないよう全力で残りの時間を頑張り抜きます。【新原桃香:4年生】

とても分かりやすい講義でした。角度の解き方など、忘れていたこともあったので、もっと復習しなければならないと思いました。文字を使って問題を解くことが苦手なので、今からしっかりと勉強していきます。【竹内花織:3年生】

幼児教育心理学科では「小学校教育実践研究会」に所属した卒業生のうち、91.5%が正規の小学校教諭(広島県・市)として活躍しています。

youshin-jissennkennkyuukai.6.23.1.jpg

youshin-jissennkennkyuukai.6.23.3.jpg

youshin-jissennkennkyuukai.6.23.2.jpg

  • LINEで送る