広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 大学からのお知らせ
  3. ゲーンス幼稚園3月のファミリーディを 「環境保全プロジェクト」チームがプロデュースしました

大学からのお知らせ

2017年03月07日活動報告ボランティアセンター

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ゲーンス幼稚園3月のファミリーディを 「環境保全プロジェクト」チームがプロデュースしました

ゲーンス幼稚園では毎月園児とその保護者を交えて、野外活動を主とする特別プログラムを開催しています。今年度最後のファミリーディは、「環境プロジェクト」チームが企画・実施を担当しました。

朝、園庭に集合した参加者は約80組、200名以上(小学生含む)という盛況ぶり。歩くスピードに応じてイノシシチーム、うさぎチーム、かめさんチームに分かれ、幼稚園と大学の間にある林(通称「ぼうけんの森」)を一気に下りソフィア館の裏、牛田山の山道を登りました。

環境1.jpg

環境2.jpg

山の中腹にある竹林に着くと、リーダーの渡邉愛梨さん(国際教養学科2年)らで大きな竹を切り倒し参加者から大きな歓声があがります。そして高田園長も負けじと1本切られました。

参加者は用意された専用の鋸でさらに短く切っていきます。最初は子どもたちが中心になれない手つきで切っていましたが、しだいにお父さんお母さんに主役が移り始め、夢中で切っているお父さんもいました。それぞれが短く切った竹を持ち帰って午前の部は終了。

環境3.jpg

環境4.jpg

午後は、希望する家族がそれらを使っていろいろな竹細工やおもちゃを作ります。親子での作業を楽しみにされていた方が多かったのか、半分近い家族の皆さんが昼食後作業に取りかかりました。

環境5.jpg

環境6.jpg

あらかじめプロジェクトチームのメンバーが作ったサンプルを参考にしつつ、午前に引き続き親子で(ここでも保護者が主役でしたが)作業に没頭する様子が園庭中に展開します。3時半に終了のアナウンスがあり、作業を終えた参加者から順次家路につきました。

天気に恵まれあたたかい春の日差しの中、山歩きに作業と親子でたくさんのコミュニケーションをとりながら大きなトラブルもなく無事ファミリーディを終えることができたのは、プロジェクトチームの事前準備もさることながら、プログラムに理解を示し協力を惜しまなかった保護者の皆さん、ゲーンス幼稚園の先生方の見守りの賜物だと思います。深く感謝申しあげます。

イベント終了後、後片づけをしてチームメンバーはその日のうちに反省会を持ちました。浮き彫りになった問題を全員でシェアし、6月にある小学生約100人を集めて江田島で行う2017年環境保全プロジェクトに向けて、メンバー一同さらなるスキルアップをと気を引き締めていました。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE