広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 学部学科・大学院
  3. 人間生活学部 幼児教育心理学科

人間生活学部 幼児教育心理学科

学科概要

子どもの発達・成長・心理について幅広く学べる心理学をベースとしたカリキュラム。
幼児教育に関する広い視野を修得します。

将来の方向を自由に選べる
保育士、幼稚園教諭、小学校教諭、心理学系など、めざす分野や資格を自由に選択できます。1つに絞らず、複数の資格をめざすことも可能です。
小学校教員の資格取得も
小学校教員希望者には少人数制で、受験を徹底サポート。合格率80%以上の高い教員採用実績を誇っています。
心理学をベースに学ぶ
幼児・児童の成長をサポートするために不可欠なのが、理論の基礎となる心理学の知識。心理学に関する多くの授業を通して、子どもの心の発達を理解します。

4年間の流れと学び

1年次

心理と教育の基礎知識を修得

心理学をベースに子どもについての理解を深めると同時に、一般教養科目を幅広く学びます。幼児教育の専門基礎科目や、将来に向けての免許や資格に共通する知識の授業もあり、基礎力を身につける1年です。

2年次

実習が始まり、実践力を磨く

保育士、幼稚園教諭の専門科目が本格的に始まり、小学校教員に関わる授業もスタート。幼稚園実習もあり、実践力を磨きます。多彩な学びを通して、自分の適性を確認し、将来像を描きます。

3年次

専門性を深め、実践力を応用

具体的に実習の現場で通用する応用力を身につけ、保育実習、施設実習など実習と実践を重ねます。教育・保育・心理の現場により近づいた専門の学びを通して、自立した専門家をめざします。

4年次

4年間の学びの総まとめ

進路に応じて教育実習、カウンセリング実習、保育実習、幼稚園実習、施設実習があり、4年間のまとめとして、卒業研究にも取り組みます。将来、教育実践を展開できる総合的な力を身につけます。

学びのPOINT

POINT1

学内の幼稚園で1年生から保育現場の実際に触れる

学内にある、広島県で最も伝統のあるゲーンズ幼稚園と幼大連携。1年生から多彩なプログラムで実践的な学びを深めることができます。
POINT2

活発な学科独自の研究会・ボランティア活動が16種

学科内に16のボランティア・研究会を開設し、学内外で、幼児・小学校教育に必要な実践的な能力を高めています。
POINT3

実践重視の徹底した指導で受験対策も万全

小学校教員や公立の保育士をめざす学生のための受験指導では一人ひとりをしっかりサポートし、その成果は高い合格実績として表れています。