広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 就職・進路
  3. 内定者メッセージ

内定者メッセージ

学科から探す

周りの人を笑顔にする管理栄養士を目指して

人間生活学部 管理栄養学科

潮 ももこさん

内定先:四国明治株式会社

出身校:島根県立益田高等学校

管理栄養士の資格を活かすことができて、人とも関われる仕事につきたいと考え、食品企業を中心に就職活動を行いました。企業研究を進める中で栄養補助食品や流動食等を取り扱う「メディカル栄養部門」がこれからの社会には必要だと感じました。それだけではなく「対"人"であるから、人としての謙虚さを忘れてはいけない」との職員の方からの生の声が、私の「絶対ここで働きたい!」という気持ちを大きくさせました。栄養士としての専門的な知識を深めるなど学んでいくことは沢山ありますが、人の心に寄り添いながら周りを明るくできる管理栄養士を目指して頑張ります。
(2018年取材)

「楽しい」が生まれる授業をつくりたい

人間生活学部 生活デザイン・建築学科

大久保 舞さん

内定先:広島県 中学校教員(家庭科)

出身校:広島県立海田高等学校

自分の作った料理や作品を見せた時に相手から返ってくる反応が楽しくて、家庭科が好きになっていました。家庭科の教員を目指して、ゼミの先生から勧められた「教員採用試験2次対策講座」を受講するため東京アカデミーへ行きました。二つ返事で「行きます!」と言ったので、あまりのフットワークの軽さに先生は驚いている様子でした。流れに乗って与えられた課題をこなすことは私にとって決して受動的なイメージではありません。それは新しいことにチャレンジするきっかけになるからです。これからは、教育の世界に飛び込んで「楽しい」が生まれる授業をつくっていきたいと思います。(2018年取材)

大きなものを運ぶダイナミックな仕事に挑戦

国際教養学部 国際教養学科

髙山 千穂さん

内定先:日本通運株式会社

出身校:盈進高等学校

バンクーバーでワーキングホリデーをしていた時に、毎日港の近くを通るコンテナ船を見ながら、「コンテナの中には何が入っているのだろう」と考えていました。帰国後、都市文化や社会科学などの幅広い分野を学ぶ中で、海外へ輸送を行う会社があることを知り、グローバルな仕事に興味がわきました。自分は何がしたいのかを掘り下げることができたと思います。船や飛行機に関わる仕事、海外経験を生かせる仕事という2つの願いを叶えられるのが国際輸送だと考え、進路を決めました。一見して運び方がわからない新幹線のような大きなものを運ぶダイナミックな仕事がしてみたいです。これから自分の仕事に誇りをもって、向上心を忘れず働いていきたいと思います。(2018年取材)

一人ひとりを見つめ、寄り添うことのできる保育士に

人間生活学部 幼児教育心理学科

西原 瑠香さん

内定先:三原市職員(保育士)

出身校:広島県立三原高等学校

「先生が忍者になりきっているから子どもたちが楽しそうにしているのね!」私が実習中に指導の先生から言われた言葉です。子どもが大好きで、将来は保育士になるぞ!と思い日々の勉強に励みました。「保育」はただ単に⼦どもと接するのでなく、遊びを通して⼦どもの成⻑を支援することが求められます。絵本一つにしても子どもの発達に合わせて選択する等、4年間、その専門的な学びに保育の深さを実感しました。これからは、子どもたちに毎日の登園が楽しみになるようなクラスを作っていきたいです。(2018年取材)