広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 大学からのお知らせ
  3. 環境保全プロジェクトが「ひろしま県民活動表彰」をいただきました!

大学からのお知らせ

2017年03月23日お知らせボランティアセンター

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

環境保全プロジェクトが「ひろしま県民活動表彰」をいただきました!

毎年恒例になった「たちまち全員集合実行委員会」(事務局は広島県環境県民局県民活動課)と「ひろしま県民活動表彰」表彰式が、2017年3月17日(金)広島市中区の合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ)で開催されました。

県民活動表彰とは、広島県内で自主的な社会貢献活動(非営利活動)を展開し、社会的課題の解決に特に顕著な功績があった団体に与えられる賞です。NPO部門、企業部門そして学校部門に分かれ、本学は学校部門で表彰されました。

s-写真①.jpg

当日はそれぞれの分野の受賞団体が活動内容のプレゼンテーションをし、来場者の投票により一団体に知事賞が授与されます。本学からは環境保全プロジェクトの古家愛三さん(国際教養学科3年)、渡邉愛梨さんそして沖野七海さん(同 2年)が、大勢の来場者の前で熱のこもったプレゼンテーションをしました。

s-写真②.jpg

表彰に先だって、「たちまち全員集合」(*「たちまち」とは広島弁で「とりあえず」という意味。)というグループ交流の場と時が持たれました。このイベントは社会的課題に取り組んでいる多様な主体(企業、大学、NPO等)が、お互いの活動を知るため「たちまち」集まろうというもので、県内33の事業所や企業、大学で活動をしているグループが会場にブースを構えて展示、来場者に説明をします。参加者同士で情報と名刺を交換し今後の活動に役立てる機会になっていますが、ブース展示で説明をしていた学生も、急きょ作成した名刺を慣れない手つきで他のグループの方々と交換しています。ブース担当だった山本祐華さん(国際教養学科2年)は、初めて経験する名刺交換に戸惑いながらも「学外のいろいろなグループの方とお話できてとても刺激になりました」と話していました。

s-写真③.jpg

残念ながら、本学は次点となり県知事賞は逃しましたが、企業やNPOの代表に伍して堂々としたプレゼンテーションやよく練られた構成に対し来場者の絶賛をいただきました。

s-写真④.jpg

参加した学生たちにとって今後学生生活を送る上で大きな自信となる、貴重な経験をした1日でした。
これからもがんばってくださいね!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE