広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 大学からのお知らせ
  3. あぶら麩丼を学食にて提供ー仙台名産あぶら麩を食べて東北を応援しよう!ー

大学からのお知らせ

2017年11月10日お知らせ地域連携センター

あぶら麩丼を学食にて提供ー仙台名産あぶら麩を食べて東北を応援しよう!ー

牛田商店街で取り組まれていた「仙台名産あぶら麩を食べて東北を応援しよう!」という活動を広島女学院大学で受け継ぐことになりました。

食育サークルが提案した「あぶら麩丼」※が、本日、学食「アイリスキッチン」で提供されました。
あぶら麩の香ばしさやうま味を生かした丼メニューです。

あぶら麩を積極的に食堂に取り入れ、産地と繋がることで、復興を応援することができます。皆さんも食べて被災地を応援しましょう!

今後、毎月11日(土日の場合は直前の金曜日)に370円で販売されます。

CIMG80351.jpg
あぶら麩丼

IMG_64481.jpg
食育サークルの学生

※本学管理栄養学科の科目「地域連携食育セミナー」で牛田から東北を応援する活動に賛同し、食育活動の一環として宮城県の特産「あぶら麩」を使ったメニューを2016年に考案しました。

現在は、サークル活動として、牛田学区社会福祉協議会「福祉のまちづくりプラン」プロジェクトに参加し、活動を応援しています。