広島女学院大学

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 学内ポータル
  • English
メニュー
  1. HOME
  2. 大学からのお知らせ
  3. 2019年度中国新聞キャンパスリポーター賞の優秀賞を本学学生が受賞!

大学からのお知らせ

2020年02月27日お知らせ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2019年度中国新聞キャンパスリポーター賞の優秀賞を本学学生が受賞!

2019年度中国新聞キャンパスリポーター賞の表彰式が、2020年2月22日(土)に中国新聞本社にて行われ、本学人文学部日本文化学科2年生の吉川晴香さんが優秀賞を受賞しました。
中国新聞キャンパスリポーターは、中国新聞社と教育ネットワーク中国が2008年から始めた取り組みで、学生が、在籍する大学のトピックスを取材・作成した記事が、中国新聞に掲載されています。

今回の受賞は、吉川さんが記事に取り上げたイベントが、図書館POP作り、平和学修、中国の学生との交流会など多岐にわたっており、吉川さんの情報収集能力の高さが評価されました。
おめでとうございます!

yoshikawa_1.jpg

吉川晴香さんのコメント

 自分の興味関心があるものを取材していたため、まさか受賞できるとは思っておらず、受賞の連絡をいただいた時は驚きの方が大きかったです。
 一番頑張ったことと思い入れが強いのは、6月、8月に取材した8・6平和学習プログラムです。6月と8月の2回の取材と、8月は3日間も取材させていただきました。そのおかげで、プログラム全体の雰囲気や学生たちの変化を感じることができました。活動を続けてきて、何度か取材することで慣れてきた分、取材時に緊張することが減りました。取材時間を楽しむ余裕が出てきたので、今が一番楽しいです。
 これからの目標は、キャンパスリポーターとしては、他学科の活動なども取材することです。日本文化学科だけでなく、大学全体の魅力などを発信できる人になりたいです。また、取材することで視野が広がるので、社会に出る前に色々なものを見て、感じて、自分の引き出しを増やしていきたいです。

yoshikawa_2.JPG


なお、本学では他にも多数のキャンパスリポーターが活動しており、学生ならではの視点で、大学の魅力を発信しています。
これからも、広い視野を持って、取材に取り組んでいってほしいと思います。

当日の様子は、2月23日付の中国新聞および教育ネットワーク中国のホームページでも紹介されています。
中国新聞 記事(2020年2月23日(日)掲載)
教育ネットワーク中国 記事(2020年2月26日(水)掲載)


(写真提供:一般社団法人教育ネットワーク中国

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE