国際教養学部 国際教養学科 ニュース

英語系アーカイブ

8月6日~12日に開催された第3回「広島イラン愛と平和の映画祭」のイベントにスパイサー先生と広島女学院大学の学生代表5名が参加しました。

今回学生が参加した8月8日には、イラン出身の著名な映画監督マズィヤール・ミーリー氏(代表作:『法の書』(2008年)『絵の中の池』(2012年))がイランにおける映画製作とその思考過程について講演をされました。2時間の講演では監督自身の映画製作における哲学やテーマ等についてお話しいただき、とても意義深い講演となりました。

その中でもジェンダー、家族、文化等様々なトピックを扱い、監督がイラン国内のみならず、国外の観客を魅了する作品をどのように制作しているのかという興味深い内容でした。

講演の後のQ&Aコーナーでは参加した広島女学院大学の学生から、イランでの映画の検閲、監督が映画のジャンルをどのように用いているのか、又、イランにおける女性映画監督の地位等の質問が出ました。

学生の質問に熱心に答えてくださったミーリー監督に感謝するとともに、このような機会を与えてくださった、津谷静子理事長及び田熊直子理事をはじめとする主催NPO法人モーストの皆さまありがとうございました。今回参加した学生たちは、映画製作に関わる監督の多大なる努力や苦労を知り、またイランの文化について今まで以上に学び大変充実した1日となりました。

11211.jpg  22232.jpg

  • LINEで送る

今年も夏に実施される国際教養学科の海外フィールドワークにむけての事前学習がはじまっています。

海外フィールドワークは、国際教養の必要性をまさに肌で感じることができる貴重な体験です。
昨年度のイギリス研修について担当教員のハーバート先生よりのレポートをご紹介します。

イギリスでの海外英語研修を終えて、9ヶ月がたちます。
イギリス人の私から見ると、学生のイギリス文化に対する気づきはとても面白いものでした。

古く美しいイギリスの街並み、雨ばかりの気候、食事が思ったより美味しく、とくにデザートは美味しかったこと、パブが社交の中心であること、色鮮やかで美しいイングリッシュガーデン、美術館が無料ですばらしいこと・・・イギリスに対してこのような印象を持つことは、いたって容易に想像がつくことです。


FW_British1.jpg

しかし、学生の気づきには新たな発見がありました。

有田瀬菜さんは、イギリス人がしょっちゅう「ありがとう」と言うことに気づきました。お客さんはどこでも店員に気さくに話しかけます。上田真菜さんは、イギリス人がとても親切だと言っていました。はたして「おもてなし文化」は日本のみの誇りで、イギリスに優るものなのか?と考えるようになりました。イギリス人がよく感謝を表すのを目の当たりにしました。

坪中南美さんと田中里奈さんは、イギリス人のユーモアセンスの高さに気づきました。彼女たちのホストファミリーはいつも冗談を言っていました。また、イギリスと日本のコミュニケーションスタイルの違いも知りました。イギリス人はすぐに自分の意見をいうし、ボディタッチで親密さを表します。

矢野瑞穂さんは、イギリス人の多くがアウトドアを楽しんでいると感じました。日本よりもっと歩いている人が多く、健康的なライフスタイルを過ごしている印象を持ちました。

FW_British2.jpg

参加した学生は、英語力向上のみならず、世界に心を開き視野が広がる、よい経験をしました。まさに「国際教養」を体感する研修でした。
今年の海外英語研修はアメリカで実施します。学生がどんな気づきを持ち、「国際教養」的な体験をしてくれるのか楽しみです。

John Herbert
2015年海外英語研修担当教員

  • LINEで送る

2016年2月12、13日の2日間に渡り、国際教養学会2015年度最後のイベントであるITCを行いました。ITCとはIntensive Training Course of Englishの略で、2日間すべての活動を英語で行う、という内容です。活動は人文館や、アイリスインターナショナルハウスで行い、そこで宿泊もしました。参加者はTA(teaching assistant)と英語教育メジャーの関谷先生を含み、全体で10人でした。参加者の皆さんは、日本語を話してはならない、というルールをしっかりと守っていました。最初は緊張して口数も少なかったですが、13日の解散式のころには笑顔であふれていました。

itc.jpgitc2.jpg

12日の活動内容は、アイスブレイク、活動のテーマソングを聞いて文字に起こしていくsong transcription、昼休憩は映画を見ながらご飯を食べ、それからword game、Timothy先生との活動、そしてメインであるスキット作成をしました。スキットでは各グループ、お題に沿って劇を一から作成しました。テーマはpure love(純愛)とlove affair(浮気)、両チームともアイデアを出し合い、どうしたらおもしろくなるか、セリフはどうするかなど考えつつ劇作成をしました。晩ご飯のあとの発表はお互いのスキットを見て参加者全員笑いにつつまれて終了しました。

itc3.jpgitc4.jpg

13日の朝、目が覚めた時からも英語です。英語であいさつを終え、最初の活動としてシャドーイングを行いました。何度も聞き、スクリプトを完成させている皆さんの顔はとても真剣で素晴らしいものでした。そして2日間の総仕上げの意味も込め、各自スピーチを作成しました。行きたい国、将来の夢、最近の出来事などお題はさまざまで、楽しみながら発表を終えました。最後は英語から日本語へ切り替えのカウントダウンをし、2015年度ITCを無事終了しました。2日間しっかりと英語に触れ、英語で自分の考えを伝えてきた参加者たちはまだ英語モードが続いており、日本語と英語を交えた2ヶ国語での昼食会を楽しみました。

今回、初めてITC活動の開催を試みました。アンケート結果によると、とても満足、と答えた参加者が80%でした。また、英語に対して改めて感じた事、もっと勉強しようと思った、日本語のすばらしさを改めて見直した、留学ではないけれどそういう気分になれて楽しかった、など主催者側にとってうれしい意見を多くいただくことができました。

これからも学生の皆さんにさまざまなイベントを提供していく予定なのでぜひご参加ください。 

itc5.jpgitc6.jpg

  • LINEで送る