国際教養学部 国際教養学科 ニュース

社会系アーカイブ

2017年度アジア・アフリカフィールドワークの渡航先は、広島女学院大学では初のアフリカ、ザンビア共和国です。
国際教養学科から3・4年生6名が参加しています。
(※2018年度からは生活デザイン学科地域デザインにおいて同様のフィールドワークを行います。)

学生による6・7日目の研修内容のレポートです。

***********

9月1日
ザンビア滞在6日目はローワーザンベジ国立公園へ向かい、サンセットクルーズを楽しみました。

ローワーザンベジ国立公園はザンビアの南東部に位置し、ザンベジ河沿いにある国立公園です。

午前8時頃、ローワーザンベジ国立公園へ向かうため首都ルサカを出発しました。最初は舗装された道路でしたが国立公園に近づくにつれ、地面むき出しのデコボコ道が続きました。砂埃のなか、体を揺すられ到着したのは出発から6時間後の午後2時頃でした。

そして午後4時、私達は船に乗り込み、ガイドの方と一緒にザンベジ川をクルージングしました。
水しぶきを上げながらザンベジ川を進んでいくとゾウの群れを見つけました。木の枝をしならせ葉を食べるゾウや水を浴びるゾウなど、自然の中でのびのび暮らす姿を間近で見ることができました。
動物を観察しているうちに日が沈み始め水面に映る夕日と木々の影が美しく、アフリカの自然の素晴らしさを肌で感じました。
Day6-7 P1-r.jpg

9月2日
ザンビア滞在7日目は待ちに待った野生動物観光を体験しました。
Day6-7 P2-r.jpg
国立公園では、インパラやクドゥ、ゾウやカバ、バッファロー、ウォーターバックなどたくさんの動物を見ることができました。
Day6-7 P3-r.jpg
そして、幸運にもライオンも見ることができました。
ライオンは寝ているとまるで大きな猫のように見えてとても可愛かったです。
Day6-7 P4.jpg
川沿いを進んでいたときに、車のタイヤが砂に埋もれるというハプニングにも遭遇しました。
砂から脱出するために全員で車を押すという思い出に残る出来事もありました。
Day6-7 P5.jpg
帰り道には、子連れのゾウと遭遇したときには、母親のゾウが子供を私から守ろうとし、威嚇のために大きな鳴き声をあげました。
とても驚きましたが、貴重な鳴き声だと思い運がいいと感じました。

今日は一日、朝早くから慣れない凸凹道を進み続けました。
国立公園では、日本の動物園ではなかなか見ることができない自然な動物の姿を見ることができ、貴重な経験になりました。
そして、知らない動物を知る機会になったり、日本ではなかなかないハプニングに遭遇するなど思い出がたくさん出来、素敵な1日を過ごしました。

3年 福島友紀、渡邉愛梨
***********

幸いにも、全員大きく体調を崩すことなく、ザンビアの自然や文化を思う存分楽しんできました。
明日は最終日のレポートをお届けします。

引率 伊藤千尋

バックナンバー
アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート③
アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート②
アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート①

次の記事
アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート⑤(最終)

  • LINEで送る

2017年度アジア・アフリカFWの渡航先は、広島女学院大学では初のアフリカ、ザンビア共和国です。
国際教養学科から3・4年生6名が参加しています。
(※2018年度からは生活デザイン学科地域デザインにおいて同様のフィールドワークを行います。)

学生による5日目の研修内容のレポートです。

***********

8月31日
ザンビア滞在5日目は、主にマーケットの観察とザンビア大使館訪問を行ないました。

午前中に、シアボンガという町にあるマーケットへ足を運びました。
このマーケットでは、日用品から食料まで、地元住民の生活を支えるものが様々売られています。
実際に、散策をしながら、現地の人々の生活の様子を垣間見る事ができ、貴重な体験となりました。
ザンビア人女性が身に着けるチテンゲと呼ばれる布を買った際には、買値交渉ができ、日本にはない文化に触れる事ができました。

Day5 P1-r.jpg

Day5 P2.jpg

午後には、首都ルサカに戻りました。
ここでは、ルサカ郊外にある大きなショッピングモールに足を運びました。
この巨大なショッピングモールには、スーパーやカフェ、服屋など何でも揃っていました。
マーケットとは違い、客層は裕福な方たちが多いように感じられました。日本では想像することができなかったザンビアの新しい一面を感じる事ができました。

Day5 P3-r.jpg

Day5 P4-r.jpg

最後に日本大使館へ向かい、大使とお話させていただきました。
大使は私たちのために時間を割いて下さり、ザンビア経済の問題点や日系企業とザンビアの関わりなど広くお話してくださいました。
また、大使自身の外交官としての経験をふまえ、海外で活躍するために必要なことや心構えについてもお話していただき、とても貴重な時間となりました。
残りのザンビアでの滞在を楽しんで下さい、と励ましお言葉も頂き、大使館を後にしました。

明日は、ローワー・ザンベジ国立公園に向かいます。
後半も有意義な学びとなるよう、気を引き締めて活動して行きたいと思います。

4年 大江萌花
************

いよいよフィールドワークも後半に入ってきました。
明日も長距離移動が控えていますが、全員健康に気を付けてがんばります。

引率 伊藤千尋

バックナンバー
アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート②
アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート①

次の記事
アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート④

  • LINEで送る

2017年度アジア・アフリカフィールドワークの渡航先は、広島女学院大学では初のアフリカ、ザンビア共和国です。
国際教養学科3・4年生6名が参加しています。
(※2018年度からは生活デザイン学科地域デザインにおいて同様のフィールドワークを行います。)

学生による3・4日目の研修内容のレポートをお届けします。

**********

ザンビア滞在3・4日目も素敵な体験ができました✨

8月29日
3日目の午前には、現在ザンビアで国際協力の活動に携わる日本人の方にお話を伺いました。前日にお話を伺った商社の方とはまた違ったザンビアの捉え方を感じることができ、日本人としてのアフリカへの関わり方について、私たちの考えの幅が広がりました。

午後には、首都ルサカより車で約3時間、伊藤先生が調査をしている農村に移動し、お世話になりました。首都ルサカより標高が低いため気温も高く、育てられる穀物も違っていました。
村の家族からは温かいもてなしを受け、子供たちと日が暮れるまで遊びました。また、ザンビアの女性たちのファッションの一部である髪結いにも挑戦しました。

Day3-4 P1.jpg

Day3-4 P2.jpg

夜には、電気がない村で満点の星空を見ることができ、自然を体一杯に感じることができました。

8月30日
4日目には「Sleeping Cow」と名付けられたバオバブの木(牛が寝ている形をしているため)や現地の学校などを見学しました。

Day3-4 P3.jpg

また、生まれて初めて動物(ヤギ)の屠殺を見ました。お昼ごはんには、そのお肉をありがたく戴きました。

Day3-4 P4.jpg

夕方には村から車で約1時間のところにあるシアボンガという町に移動しました。大きな湖の湖畔にある小さいけれど賑やかな町です。

明日は地元の人が利用するマーケットに行く予定なので、より近くから現地の生活を学ぶことができそうです☀

3年 大上真依

**********

農村部の滞在は、日本では体験できないような新しい体験ばかりだったようです。
予定されている様々な活動に加えて移動時間も長く、特に農村部は暑かったため体力的に辛いときもあったと思うのですが、学生は思う存分ザンビアでの経験を楽しんでいます。
後半の研修でも、彼女たちが何を感じ、何に戸惑い、そこから何を得ていくのか、引率教員として楽しみで仕方ありません。

引率 伊藤千尋

バックナンバー
アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート①

次の記事
アジア・アフリカフィールドワーク 現地レポート③

  • LINEで送る