人文学部 国際英語学科 ニュース

I personally think that one of the strengths of the curriculum at the Department of International English is the range of different classes available. There are so many different classes about language, culture, and beyond. This means that students can always find things to interest them. Moreover, in the 'Independent Study' course, students are able to plan, propose and then undertake a course of learning in an academic area that they are interested in, which adds flexibility and self-determination to an already rich range of choices.

(国際英語学科のカリキュラムの強みの一つは、様々な科目があることだと思います。言語、文化やそれ以外の様々な内容の科目があり、学生が興味がある分野を見つけることができます。さらに、3年次前期に開講される科目「インディペンデント・スタディ」では、学生が興味のある学問分野の学修と研究を自ら計画、提案、実行することができます。学生自身が興味のある学問分野を選択するため、科目の多様さに加え、柔軟性と自己決定力が必要となる科目です。)

In my own 'Independent Study' course, three students have been exploring challenging topics connected to social sustainability. Since each student has a very different course of study, I asked each of them to talk a little about what they are doing, and what motivated them to choose this area.

(GSEコースの3人の学生が履修している「インディペンデント・スタディ」では、持続可能な社会と関係が深いトピックを学生自身が選び、学修を進めています。学生一人ひとり、トピックが異なります。そこで、3人の学生に学修の進み具合や、研究分野を選んだ動機などを聞いてみたいと思います。)

First, we hear from MM, who has been researching and writing about the issue of tobacco.

(最初に、たばこの問題について学修を進めている、MMさんに話を聞いてみたいと思います。)

I have been studying the relationship between poverty and smoking from a variety of perspectives. I wondered why poorer people tend to smoke, and so I decided to investigate this topic. Despite high taxes on tobacco, and recent price increases, the smoking rate has not decreased. In addition, I have also learned that smoking rates in developing countrie are also high, and understanding this was another motivation for choosing this area of study. An advantage of the Independent Study course is the opportunity to study a subject that personally interests you. Also, you actually learn the skills of research and organization, resource selection, and note-taking.

(たばこと貧困の関係性について様々な面から調べています。貧困層の喫煙率が高いのはなぜなのかという疑問から、このテーマを調べようと思いました。たばこ税や、たばこ本体の価格が値上がりしているのにも関わらず、喫煙者率は減少していません。さらに、発展途上国での喫煙率も高いことがデータから分かっていますが、その理由はなぜなのかということも調べたかったため、このテーマを選びました。この「インディペンデント・スタディ」のいいところは、他の授業では学ぶことのできない、自分自身が興味のあるテーマを選び、学修できることです。さらに、自分で論文を探したり、たくさんある情報を使い、要約する力をこの「インディペンデント・スタディ」を通して身に付けることが出来ます。)

MM (1).jpg

MM hard at work: "you... learn the skills of research and organization, resource selection, and note-taking".

Next, we hear from SN.(次に、SNさんに聞いてみましょう。)

I have been studying animal ethics. In this learning, I focus on the rights not only for pets and companion animals but also animals such as livestock and fish. I am researching many aspects such as the historical background of animal ethics and philosophical views, so that I can understand the real situation deeply. The reason why I chose to study animal ethics is that I personally like animals very much and so I'm interested in their rights. I once volunteered at an animal shelter, which is when I started becoming more deeply interested. As a result I came to want to learn about the relationships between animals and human society. By taking the Independent Study course, I have been required to read long passages in quite difficult academic English every week. I think it will help me prepare for writing my graduation thesis. Also, getting accustomed to long sentences is important to develop better reading comprehension. You can take an active and positive approach to research when you have decided your own interest area. In the final class, I will make a presentation about how we can better protect animal rights in our society.

(私は動物倫理について研究しています。この授業では、私たちに身近なペットだけでなく、家畜や魚の権利にも焦点を当てています。たとえば、このトピックでは、動物倫理の歴史的背景、哲学的見解をリサーチすることで、現実の状況を深く理解することができます。私がこの「動物倫理」のトピックを選んだ理由は、もともと動物がとても好きで、彼らの権利に興味があるからです。一度動物シェルターでボランティアに参加したこともあり、動物と人間社会の関係について学びたいと考えていました。「インディペンデント・スタディ」で、私は毎週、学術論文の難しい長文英文を読む時間を持つことができました。これは、卒業論文を書く準備になります。そして、長文に慣れることは読解力を向上させます。自分の興味のある分野で研究するため、積極的に学修を進めることがをできます。最後のクラスでは、社会における動物の権利をいかに保護するかについてプレゼンテーションを行う予定です。)

SN.jpg

SN has developed an interest in animals.

Finally, we hear from RS.(最後にRSさんの学修の様子です。)

I have been studying women's rights, with a focus on sexual harassment and abuse. In the Independent Study course, I have been examining measures taken against these problems, and have worked to understand the reality of this situation. Last year, in a different class, I learned about these issues for the first time. At that time, I learned about the case of Shiori Ito, who is a journalist in Japan, and I have been interested in women's rights since then. In the Independent Study course, students can plan out and undertake their own learning. Also, since we engage directly with many academic articles, our English skills will increase. In addition, since later on during our third year, we will start to write for our graduation thesis, we are learning important skills. In the final class, through the sexual harassment issue, I will give a presentation about how to better protect women's rights in Japan, with a focus on sexual abuse.

(私はこの授業で女性の権利について学んでおり、特に性被害について学んでいます。「インディペンデント・スタディ」では、各国の性被害に対する政策を考察して、現在の女性の権利の実態について学んでいます。私は昨年、授業で女性の権利について初めて学ぶ機会がありました。その際にジャーナリストの伊藤詩織さんの性被害の事件を知り、女性の権利について興味を持ちました。「インディペンデント・スタディ」では、学生が自分で学びたい社会問題を選び、授業計画を立てます。また、英語の学術論文を読みながら理解を深めていくので、英語力の向上にも繋がります。3年生後半からは卒論を書き始めるので、論文を読むことに慣れることもできます。この授業の最後には、性被害の問題を通して、日本の女性の権利をどうすれば守っていけるのかということについてプレゼンテーションを行おうと考えています。)

RS.jpg

RS researching women's rights.

Well, thank you so much to these students for sharing their experiences, motivations, and for giving us all some ideas about what the benefits of Independent Study are. As I said, I think HJU, in offering students the chance to plan and pursue their own learning, adds flexibility, and student empowerment to an already rich and varied range of classes. I have been impressed with the progress of these three students, and they deserve much credit. Maybe you will be interested in Independent Study in the future!

(3人の学生の皆さん、自身の研究テーマを選んだ動機や、「インディペンデント・スタディ」の利点などについて教えてくださり、ありがとうございました。最初に述べたように、広島女学院大学には多様な専門科目があるだけでなく、学生自身が学修計画を立て、学びたいことを追究し、柔軟性を持ってさらに可能性を広げられる学びの場もあります。3人の学生の成長と学修状況については目を見張るものがあります。「インディペント・スタディ」に興味が湧いてきましたか?ぜひ、「インディペント・スタディ」で自分の興味のある学問分野を研究してみませんか?)

  • LINEで送る

In this article, we hear from 4th year GSE student NM. She took part in the August 6th Peace Memorial Ceremony. Of course, this is a very important and challenging time for many people in and beyond Hiroshima. As I am certain many of you saw, either live or by video, the speakers had some important and thoughtful words to help us reflect.

(広島女学院では、毎年8月6日に平和祈念式を行います。式典では在学生代表が追悼のことばを述べ、今年はGSE生のNMさんがその役を務めました。広島だけでなく世界の平和にとって重要なこの日に、自ら志願してこの大役を務めたNMさんに当日の様子と想いを聞きました。)

The event was held in a hall, as a result of the current circumstances. It was, of course, held in a safe environment, with strict social distancing. The prayer ceremony was held to commemorate those who died in the atomic bomb and their bereaved families, as well as to convey an understanding and respect to all hibakusha (those affected by the atomic bombing of Japan). As the ceremony began, a farewell hymn was played; we did not sing, but rather, etched the song into our hearts. Following this, Rev. Sawamura offered heartfelt prayers, with biblical extracts to help us reflect. Then, President Minato offered, as a ceremonial address, a powerful message in memory of those who lost their lives. This message contained a solemn reminder of our strong wish to abolish nuclear weapons from our world, and I deeply agreed with her words and ideas. President Minato also explained what happened when the bomb was dropped, which was, while painful to hear, the unavoidable truth. After this, the alumni ceremony was held. Then, as a representative of current students at Hiroshima Jogakuin University, I gave my speech. After I finished, there were other hymns and songs, which further added to the atmosphere of profound thoughtfulness and reflection. Rev. Sawamura then reaffirmed the themes of his speech and prayers, after which we moved tot he graves of the victims off the bombings, and offered flowers in respect and remembrance.

(今年の祈念式典は新型コロナウイルスの状況の配慮があり、ホールで行われました。出席者との社会的距離も十分に保たれ、安全な環境の下で行われました。この式典は、原子爆弾でお亡くなりになられた方々やそのご遺族に対しての追悼、そして被爆者の方々へ平和の思いを伝えるために行われました。初めに送別の讃美歌、405番が演奏されましたが、参列者は歌わずに、心にその歌詞を刻みました。その後、広島女学院大学宗教委員長の澤村先生がお祈りの言葉と聖書の一節を述べられました。続いて湊院長が式辞として、お亡くなりになられた方々を追悼する力強いお言葉を語られました。そのメッセージの中には核兵器廃絶を強く訴える想いが詰まっていました。私も核兵器廃絶についてスピーチに綴っていたので、院長のお考えに深く賛成しました。さらに、原子爆弾が落とされた時の状況も説明され、胸が痛くなる話ではありましたが、それが実際に起こった事だと自分自身に言い聞かせました。同窓会長による式辞が続き、その後私のスピーチがあり、大学生らしく精一杯想いを込めて想いを伝えました。私のスピーチが終わった後、讃美歌が流れ、再び澤村先生による祈りの言葉が述べられました。最後に、全てのスピーチや演奏が終了した後、私たちは原子爆弾で亡くなられた方々の遺骨が納められているお墓に移動し、献花をしました。)

B Sawamura.jpg

Rev. Sawamura Delivers Prayers

D Paying Respects.jpg

Flowers are Offered in Respect and Remembrance.

In my speech, I talked about how the world thinks of nuclear weapons, and about Setsuko Thurlow, a graduate of Hiroshima Jogakuin University who was a victim of the atomic bombing. I also reflected on what is being done about this issue now, about how there are fewer people who were affected by the bombing, as well as the impact of the coronavirus in the world right now and the importance of our surviving it.

(私のスピーチでは、主に世界が核兵器についてどのように考えているのか、広島女学院大学を卒業され、また原子爆弾の被害者である私たちの先輩、サーロー節子さんが現在、世界に向けてどのような活動をされているのか、原子爆弾の被害にあった人々が実際に減少している事、そして新型コロナウイルスが世界に与えている影響と今の状況を世界で乗り切るために大切な事について話しました。)

4 NM.jpg

NM Gives Her Speech.

The following is an extract from NM's speech(NMさんの追悼のことばを紹介します。実際には日本語でスピーチを行いましたが、英語訳も併記します。):

"今から3年前、国連で核兵器禁止条約が採択され、現在、39か国が批准国となり、残り11か国の批准によって条約が効力を持つことができます。ここまで達成できたのも、サーロー節子さんが世界平和について強く語り継がれてきたからではないでしょうか。(中略)今年は新型コロナウイルスという世界を脅かすウイルスが蔓延していますが、この状況は、お互いを助け合い、協力し合い、思いやる大切さを私たちに教えているのではないでしょうか。" 

(Three years ago the United Nations adopted The Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons (TPNW), and now 39 countries have ratified the treaty, with 11 more countries' ratification needed to bring it into effect. Isn't this because of the words about world peace of Setsuko Thurlow? [...] The recent coronavirus, which threatens the world, is widespread this year, but doesn't this also teach us about the importance of working together, of cooperating?)

I think it is crucial to think about what actions we can take to prevent the reoccurrence of the tragic event that took place 75 years ago. As I mentioned, that each year we see fewer of those people touched by those events is sad. The reality is that there will be not as many people in the future to talk about the misery of atomic bombs. In order to prevent their stories from being forgotten, I think the young people of Hiroshima should stand up, take action, and create change.

(今から75年前に起こった悲惨な出来事を二度と起こさないために、今私たちができる事を考える時間がとても大切だと思います。先ほど述べたように、時が進むにつれて原子爆弾で亡くなった人々の数が減少してきています。その悲しい現実から、これから未来で原子爆弾の悲惨さについて語る事ができる人が僅かになることが予測されるでしょう。それを防ぐためにも、私たち若い世代が広島人として立ち上がり、アクションを起こし、受け継いでいくべきだと思います。)

DSC_0025_0.jpg
A Solemn moment of Thought and Reflection.

I am sure everyone will join me in thanking NM for her efforts, as well as to everyone else involved in this important event.
(私たちも今回の祈念式でのNMさんの言葉を受け止め、この式典の開催に関わった全ての人に感謝したいと思います。)

  • LINEで送る

国際英語学科の教員、戸田慧先生の著書、『英米文学者と読む「約束のネバーランド」』(集英社新書)が8月17日に出版されました。

『週刊少年ジャンプ』で連載された人気漫画『約束のネバーランド』を、イギリス児童文学やイギリスの歴史や文化との関係、そしてキリスト教やユダヤ教などとの結びつきといった観点から読み解いた考察本です。漫画の画像や、文学、文化に関連する写真などをふんだんに取り入れてあるので、楽しみながら英米文学や文化のことを学ぶこともできます。

Webp.net-resizeimage.jpg

もともと『約束のネバーランド』の大ファンだったという戸田先生。これまで「英語児童文学」の授業などでルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』やJ.M.バリーの『ピーター・パン』の説明をする時に、漫画『約束のネバーランド』との関係についても紹介してきました。本書はその授業の内容をさらに発展させて書かれたものです。例えば、第1章では『不思議の国のアリス』や『ピーター・パン』、『指輪物語』のようなイギリス児童文学と、『約束のネバーランド』の中にちりばめられたさまざまなモチーフやキャラクターの関連性に注目しました。漫画の中に隠された意味について読み解くだけでなく、『不思議の国のアリス』に登場する白ウサギや帽子屋などの不思議な住人たちが、一体何を象徴しているのかを明らかにするなど、イギリス児童文学に関する一歩踏み込んだ考察も行っています。

Webp.net-resizeimage.jpg

この第1章の内容を、8月23日(日)の本学オープンキャンパスで模擬授業「イギリス児童文学と『約束のネバーランド』」として紹介予定です。漫画を読んだことがある方はもちろん、英語で小説を読み、イギリスの文化について学びながら物語の意味や象徴について考える大学の授業がどんなものか興味のある方は、ぜひ参加していただきたいです。お待ちしています!

◆オープンキャンパスの詳細・申し込みはこちら

  • LINEで送る