人文学部 国際英語学科 ニュース

This semester most of our classes have been conducted online due to the coronavirus situation. This has been a very different experience for the students and teachers in our department. We have all had to get used to doing things in a new way and I think we have all noticed some things that have been a bit of a challenge. However, on closer reflection, there are some very positive things to come out of our unusual teaching/learning situation. We decided that it would be a good idea to get a better idea from some KEG teachers about their online classes. Here is what Yumiko Isobe (KEG Department Chair), Bobby Dormer (GSE course head), and John Herbert had to say.

(今学期、新型コロナウィルスの影響によりほとんどの授業が遠隔で行われました。このような形式で授業を行うことは、国際英語学科の学生にとっても教員にとってもこれまでにない経験です。新しい授業方法に慣れるには難しさもありましたが、振り返ってみるとこれまでの普段の指導/学修にはない利点があることも気づきました。そこで、国際英語学科の三名教員(磯部祐実子(学科長)、Robert Dormer(GSEコース担当)、John Herbert)に遠隔授業の良さについて聞いてみたいと思います。)

John3rdYearSeminar.png

JH's Google Meet session with students for Academic Research ("Zemi").

Q1. How have you been conducting your online classes?(どのように遠隔授業を行っていますか?)

YI: Google Classroomで資料(GoogleスライドとGoogleドキュメント)を配信して授業を行っています。どの科目でも、毎授業学生には資料を読む前に必ず事前準備を行ってもらいます。その日の授業内容に関するトピックを調べたり、それまでの経験を振り返るアンケートをGoogle Formで行ったりすることで、授業内容にも入り易くなると考えています。また、学生はオンデマンドで資料を読むだけでは単調な作業になる恐れがあるため、スライドに音声を入れる、また関係する他の動画や画像を見たり、資料を読んだりした上で、自分で考え、それをワークシートにまとめるというアクティビティを組み込んでいます。そうして学生から出てきた意見や疑問をまとめ、さらに教員のコメントを加えた資料を次の授業時に配信し、学生と教員で意見を共有する場を設けるようにしています。

RD: I have been using a combination of email, instant messaging, Google Sites, and Google Meet. I would certainly say that I have been grateful that we are living, working, and studying at a time when there are so many digital resources! As other teachers have mentioned, YouTube is a great resource, and I often use cloud-based shared documents to enable students to collaborate and also to provide real-time feedback. I've been deeply impressed with the flexibility and the speed with which students have adapted to new technologies and new ways of working.

(Eメール、チャット機能、Google Site、Google Meetを適宜組み合わせて行っています。これほどデジタル化した生活環境、職場・学修環境が整っていることを本当にありがたく感じます。また、YouTubeを使ったり、クラウドで資料を共有して学生たちが共同作業行ったり、教員がリアルタイムにコメントをしたりもします。こうした新しい技術や学修方法に関する、学生の適応力や修得の速さにも非常に驚かされます。)

JH: I have used Google Classroom as a starting point for all my classes. For two of my classes, 比較文化学 I and 人文学入門, I have used slides, recordings of my voice, and video clips from YouTube for illustrative purposes. The students have completed tasks (often with worksheets) and I have given them feedback on their written ideas and opinions. For all my other classes, I have met with students on Google Meet, and we have been able to have class "face to face" with thought-provoking discussions and some excellent student presentations. It has been so great to have face-to-face contact with students.

(すべてのクラスでGoogle Classroomを使用しています。受講者の多い「比較文化学I」と「人文学入門」という科目では、学生たちはスライドを読み、さらに録音した講義内容の説明を聞き、また実際の例を示すためにYouTubeの動画を視聴するようにしています。学生は、大抵の場合配布したワークシートを使って課題を行います。さらに学生からの考えや意見に対してフィードバックを行なっています。他の少人数の科目では、Google Meetで「対面」の授業を行ってきました。学生たちは各自でまとめた意見をもとに活発なディスカッションを行い、優れたプレゼンテーションを行っています。直接学生の顔を見て授業を行えるのは、改めて素晴らしいことだと感じています。)

Q2. What have been the positive points from your perspective as a teacher?(教員として遠隔授業の利点は何だと考えますか?)

YI: 普段の教室での授業では、学生は時間的な制約や、個々の性格によって十分に自分の意見が述べられないこともありますが、オンデマンド方式の授業方法であれば、多くの学生がより自由に自分の意見を率直に述べ、共有する場が持てることが教員にとっても利点だと考えます。特に、納得のいくまで資料を読み返して理解した上で、さらに自分自身で積極的に調べた上でまとめた学生の考えを知ることができるのは、教員としても刺激になります。

IMG_0691.jpeg

Google Classroomのチャット機能で、学生はクラスメートと意見を共有したり、教員もコメントをしたりすることができます。

RD: I think the positive parts are being able to connect directly with the students. Of course, learning in an online environment will have some differences to a physical classroom, and each has its own unique benefits. However, and the credit for this is entirely owed to the students, through a positive open-minded approach and a willingness to try and learn new things, each class has become smoother and more effective as the semester has progressed. One thing I've learned is that students have a broader understanding of resources and types of media available on the internet. So, in the future, I aim to allow more open-ended assignments: instead of telling them to read or watch a specific resource, sometimes I will be asking them to see what they can find for themselves. Young people nowadays have grown up in the middle of a technological revolution, so perhaps we shouldn't be surprised as teachers that they have already accumulated so much digital literacy! I think this semester has also underscored how valuable the smaller classes at HJU are. Small classes mean more time for each student to think, formulate, and share. One thing is for certain, we are all finishing the semester with greater confidence, skill, and speed at using computer-based learning tools!

(直接学生と繋がることができることです。もちろん、遠隔授業と教室での対面授業は異なるもので、それぞれに利点があります。遠隔授業の成功の鍵は学生の主体性にあると考えます。前向きに視野を広く持ち、新しいことを学ぶことへの貪欲さが必要になります。彼女たちのそうした姿勢のおかげで、学期が進むにつれて徐々に各クラスの運営も良くなってきています。それとともに気づいたのが、学生はインターネット上の様々なツールやメディアに関しての多くの知識を持っているということです。したがって、今後も教員が指定した特定の資料を読んだり見たりするのではなく、学生自身で材料を見つけ、それをもとに課題を行うような自由な方式を取りたいと考えています。若い世代は最新のテクノロジーの進歩の真っ只中で成長してきことを考えれば、学生たちがインターネットの利用方法、それに伴う注意すべき点やマナーなどに精通しているのは当たり前のことですよね。また、今学期は本学の少人数性の良さを特に感じることができた学期でした。少人数性だからこそ、一人ひとりの学生がより時間をかけて考え、意見を述べて共有することができます。今学期を無事に終えようとしている今、コンピューターを使うことで新たなスキルを得て、迅速に対応することができ、自信を感じています。)

JH: Personally speaking, the first thing that comes to mind is that I now know how to use several new forms of technology. I can also use many of these in future to cut down on the amount of paper that gets used in my classes - so, a small victory for the environment. I also think that students have really grown in confidence with using different forms of digital technology. I have been impressed with the way the students have adapted to the new class style, and in the long run, I think they will look back on this experience and realize just how much they learned.

(個人的には、新しいテクノロジーを使えるようになったことが収穫です。こうしたツールは今後の対面授業でも活用し、紙の使用量を減らし、環境問題にも微力ながら貢献したいと考えています。学生に関しても、様々なデジタル・ツールを使いこなす自信がついたのではないかと考えます。新しい授業スタイルに学生たちが順応していく柔軟性には目を見張るものがあります。いずれ彼女たちがこの経験を振り返った時、多くのことを学んだということに気づくのではないでしょうか。)

Dormer.png

RD's Google Meet session with students for Academic Research ("Zemi").

So, all three teachers have experienced a variety of positive aspects to the online teaching system being used by teachers in KEG. Each teacher has used different methods and believe they have gained some valuable experitise. They also believe that, in the long term, students will have learned many important life skills.

(ご紹介した三人の教員は皆、遠隔授業に関する様々な面を評価しています。それぞれ独自の方法で学生の指導にあたり、得たノウハウは得難いものです。それと同時に、学生たちも生きる上での重要なスキルを獲得できたことでしょう。)

  • LINEで送る

高校生の皆さん、ようやく夏を感じられるようになってきましたが、この夏は大学の授業を受講してみませんか。

広島女学院大学では、毎夏「オープンセミナー」と題して、高校生の皆さんに大学の授業を受講してもらい、さらに授業の内容で興味を持ったテーマについてリサーチを行う、大学での学びを一足先に体験してもらう機会を設けています。国際英語学科では、二つのセミナーがあります。「英米文化ふしぎ発見!」と、今年初めて開講する「Brush up your English〜英語力を磨く〜」です。コロナウィルス感染症の影響で今年は遠隔での実施になりますが、各教員は対面授業と同じように高校生の皆さんに楽しんでもらえるよう、現在授業の資料や動画づくりの準備を行っています。

各セミナーの紹介動画をぜひご覧ください。

「Brush up your English〜英語力を磨く〜」

「英米文化ふしぎ発見!」

この動画に登場していない教員にもセミナーの面白さについて聞いてみました。

二つのコースで「英語力 for life」を担当する教員からのメッセージです。

航空業界に就職するとしたらどんな種類のお仕事があるのでしょうか。ざっと数えただけでも15種類以上もあります。この授業では、中学高校で学んだ英語が航空業界の様々なシチュエーションで用いられていることを実感してもらうために、客室乗務員(CA)やグランドスタッフ(GS)になったつもりで機内や空港内でのアナウンスにチャレンジしてもらいます。

他にも、食、ファッション、映画、生活など、身近なトピックを通して、英語と文化について発見してもらえるような内容です。このセミナーで日常生活や将来のキャリアに活かせる英語を学び、さらに英語に興味を持ってもらえるはずです。

過去にこのセミナーを受講し、本学に入学した学生たちも、授業の内容はもちろん、教員の雰囲気を知ることができたととても満足しています。

OSflyerWebNews_n.png

遠隔授業ということで心配もあるかもしれませんが、ウェブを通して質問を受け付けたりと教員がサポートをしますので心配はありません。

夏休みも高校での授業があったり、遠出をすることが難しいこの夏は、ぜひこのオープンセミナーを受講し、英米の文化を知り、英語力をあげるコツを学び、自宅で大学での学びと海外の文化を体験してみて下さい。
高校3年生だけでなく、高校1、2年生も参加可能です。

申し込みは、8月4日(火)まで。オンラインでも申し込みが可能です。以下のリンク先で詳細を確認して下さい。
https://www.hju.ac.jp/examination/os/

一人でも多くの学生の皆さんがセミナーを通して文化や英語への興味をさらに高めてくれると嬉しいです。

  • LINEで送る

University life is an important stage for all of us. As a teacher, one of the happiest, and saddest times is saying goodbye to the 4th year seniors when they graduate. In this series of articles, I have asked some of the GSE graduates who are now working to speak about their new lives, about their jobs, and to give some advice to current students. This time, A.K. has been kind enough to share some of her wisdom and experience!

(大学というのは、人生のうちでとても大切な時です。学生たちが卒業の日を迎え、"goodbye"を言う時は、教師として最も嬉しいと同時に、また悲しい瞬間でもあります。こうして旅立って言ったGSEの学生たちの卒業後の生活、仕事、そして学生たちへのアドバイスを紹介していきたいと思います。
まず第一弾として、この三月に卒業したばかりのA.K.さんに近況を報告してもらいます。)

First, and since Ayaka is using English in her new job, and since she improved her language abilities a great deal during her 4 years at HJU, I asked her for some tips on how current students can follow in her footsteps and improve their English.

(A.K.さんは大学在学中に大きく英語力が伸び、今英語を活かして仕事をしています。そこでまず、彼女に英語力アップの経験について聞いてみましょう。)

Ayaka Working (1).jpg

Ayaka K is now busy at work!

"I recommend doing daily assignments, studying for the TOEIC test by oneself, and as I mentioned, reading short passages aloud- which I especially enjoyed because I like actually speaking English. Also, I often listen to music and sing English songs, and watch movies and YouTube in English as part of my leisure time."

(毎日課題を行うこと、自主的にTOEICのための勉強をすることを勧めします。また、私は特に英語で話すことが好きなので、英語の文章を声に出して読むことも良いと思います。今でもプライベートな時間には、英語の音楽を聴いたり歌ったり、映画やYouTubeの動画を見て楽しんでいます。)


Next, I asked her about how current students can endeavor to work hard and improve themselves while at university.

(次は、大学在学中に一生懸命に取り組み自分自身を向上させる方法について聞いてみました。)

Ayaka Graduating (1).jpg

A very happy A.K. on graduation day!

"I suggest both volunteering and taking a part-time job. Through volunteering, I could learn diverse knowledge and ways of thinking. Also, because I had a part-time job, I could learn social knowledge such as flexibility. Also, I worked at a cram school part-time, so I could improve my English skills by teaching others."

(ボランティアも、アルバイトもどちらにも力を入れることを勧めます。ボランティアの場で、私は幅広い知識と考え方を得られました。さらにアルバイトでは、柔軟性といった社会性も養えました。塾講師として教える立場に立つことで、英語力を磨くこともできました。)

I was curious about how A.K. uses English in her new job, so I asked her about it.

(大学時代たくさんの経験をしたA.K.さんが、今どのような仕事に就いているか興味深いですね。)

"The section in which I am currently training in mainly domestic logistics, so I use Japanese more than English. However, we also do business with foreign-affiliated companies, so I have a chance to use English by giving support over the phone and through creating documents. Also, in the section of international logistics, there are lots of chances to use English because people always deal with international companies. So I will have a chance to use English more and more as I develop in my role. Having as good English ability as possible is definitely an advantage."

(今私が配属された部署は国内物流を主としているので日本語での業務が多いですが、外資系企業ともやりとりをしているので、文書作成や電話対応などで英語を使う機会があります。また、国際物流の部署では常に海外とのやり取りをしているので、英語を使う機会はさらに増すと思います。これから社内での役割が増すにつれ、英語を使うチャンスがもっと増えるだろうと思うので、高い英語力を持つことがきっと役に立つと考えています。)

Finally, some words of advice for high school students:

(最後に、高校生の皆さんにアドバイスを。)

"Try your best at everything. There are a lot of experiences which you can have as a university student. Don't judge a book by its cover and try something new, as often as possible. Try many different things actively, and you will grow as a person!"

(すべてのことに力を尽くしてみましょう。大学時代にはいろんなことが経験できます。見た目で判断せず、できる限り新しいこと、異なることに自らチャレンジしてください。そうすれば「人」として成長できます!)

Thank you to A.K. for her stories and advice! I look forward to hearing from other HJU graduates in the future!

  • LINEで送る