国際教養学部 国際教養学科 ニュース

8/22(月)から2日間、情報科学メジャーで実施したフィールドワークを紹介いたします。

今年は大阪科学技術館、象印記念館、パナソニック歴史館を見学して帰りました。

1日目 大阪科学技術館で 待ち合わせました。全員集合してから「体力測定用紙」をもって館内を見学して回りました。体力測定の装置の周りをぐるぐる回って測定しながら様々な展示がみられるようになっていました。

P1000244.jpg P1000249.jpg

放射線の話では原子力発電の方法や放射能についても学習できるようになっています。その他、新しいICTを利用したゲームなども展示があり、特にバーチャルのトランプなどで子供でも分かりやすい展示方法や説明になっていました。遊びながら学習と体験ができる技術館でした。「体力測定」の結果は、年齢で出力されました。

2日目は 象印記念館とパナソニック歴史館を見学しました。象印記念館ではマホービンの歴史を説明していただき、戦前から戦中戦後と技術がどのようにして継承されてきたのか、また進化してきたのかについてを聴きました。

P1000256a.jpg P1000268.jpg

マホービンの仕組みでは真空の実験装置が展示してあり、真空になるとボールや羽、紙などがどのような状態になるのか実際に目でみて確認することができました。

最近では有田焼とコラボして、旅館で利用されるポットなども作成されているということでした。特に最近では、個人で飲み物をもって歩く人が多くなっていますので、個人用のポットが開発されていました。

全体の説明ビデオも視聴して、最後に記念品をいただきました。タイマーかホワイトボードなどから選択してそれぞれが記念に持って帰りました。ありがとうございました。

最後に会社の前で記念写真を撮影しました。

最後はパナソニック歴史館でした。電気ソケットの開発から始まって、電気洗濯機、掃除機、テレビ、冷蔵庫、電子レンジなどど主に家電を開発してきました。その後、電動自転車や、コンピュータなども開発しています。ICT技術も含めて様々な技術を取り入れたパナソニックホーム(家)も建築して、最新の技術でIoTを取り入れた自宅を建築することもできるようになっています。多くの展示はビデオや実物展示でしたが、時間をかけて見学できるようになっていたり、スポットで展示物の前に立っているひとだけに音声が聞こえる仕組みなど、展示にも工夫と自社の技術が多数使われていました。歴史館だけあって、古い電気製品から新しい電気製品までの歴史を実際に見ながら学習することができました。

DSC_0365.jpg DSC_0369.jpg

最初に開発されたPCやビデオ機器の展示では、最近の機器に比較して大きいことに進化を感じることができました。

これらもすべてICチップの技術的な進化による小型軽量化が行われていることが実感できました。家電は見たこともないような古いものも展示してありました。初期の家電の様子が手に取るようにわかる展示内容でした。

最後に多くの情報はすべてビデオで選択して説明を受けることができるブースが用意されていました。時間があればすべてを見ていくと日本の家電製品やコンピュータの歴史がよく理解できることと思います。

2日間と短い間でしたが、新しい技術の展示を含めて電気製品の歴史も学習することができました。新しい技術や製品は、すべてこれらの古い歴史を経過して進化してきたものであることが理解できました。

  • LINEで送る

7月9日、国際教養学科・伊藤ゼミでは南区仁保地域を対象とした巡検を実施しました。
現場での観察を重視する地理学の分野では、学びのなかにも「巡検」と呼ばれる野外演習が多く取り入れられています。
今回は、「仁保におけるハワイ移民の歴史と地域社会の変化」と題した巡検を行いました。
巡検の目的は、1)広島におけるハワイ移民の歴史を、移民を送り出した社会・経済的背景や移動先での移民たちの生活から学ぶ、2)仁保周辺の土地利用の変化から地域社会の移り変わりを読み取る、の2点です。

まず、ハワイ移民資料館「仁保島村」を訪れました。
広島は「移民県」と言えるほどに移民を多く送り出した地域です。そのなかでも、南区仁保地域は、ハワイ移民を多く送り出した地域として知られています。
資料館では広島、ひいては仁保地域がなぜ移民を多く送り出してきたのか、その社会・経済的な背景を館長・川崎氏が丁寧に説明してくださいました。実際の移民の生活なども具体的なエピソードを豊富に語ってくださいました。
事前に論文を読んできたゼミ生たちも、資料館を訪れたことにより、理解が格段に深まった様子でした。
資料館の見学には、今年度ハワイFWに参加する管理栄養学科の学生も参加してくれました。

次に、仁保の海岸線の変化を観察しました。
ここでは「仁保郷土史会」を運営する地元の方々に案内をしていただきました。
旧海岸線の位置を現在の地図と照らし合わせながら、街を歩きました。

1111111.jpg

午後には、吉島ボートパークから雁木タクシーを利用し、川から仁保を観察しました。

埋め立てが進み自然海岸が失われた様子、山地の斜面において宅地化が進展してきた様子を川側から確認することができました。

2222222.jpg

33333333.jpg

巡検当日までにゼミ生たちは学術文献や資料を読み、ハワイ移民や土地利用の変化について学んできました。

実際に見たり、聞いたり、触れたりすることによって、資料だけではわからない地域に根づく人々の生活が見えてきたと思います。
後期のゼミでは、ゼミ生自らが企画した巡検を行う予定です。

  • LINEで送る

8月6日~12日に開催された第3回「広島イラン愛と平和の映画祭」のイベントにスパイサー先生と広島女学院大学の学生代表5名が参加しました。

今回学生が参加した8月8日には、イラン出身の著名な映画監督マズィヤール・ミーリー氏(代表作:『法の書』(2008年)『絵の中の池』(2012年))がイランにおける映画製作とその思考過程について講演をされました。2時間の講演では監督自身の映画製作における哲学やテーマ等についてお話しいただき、とても意義深い講演となりました。

その中でもジェンダー、家族、文化等様々なトピックを扱い、監督がイラン国内のみならず、国外の観客を魅了する作品をどのように制作しているのかという興味深い内容でした。

講演の後のQ&Aコーナーでは参加した広島女学院大学の学生から、イランでの映画の検閲、監督が映画のジャンルをどのように用いているのか、又、イランにおける女性映画監督の地位等の質問が出ました。

学生の質問に熱心に答えてくださったミーリー監督に感謝するとともに、このような機会を与えてくださった、津谷静子理事長及び田熊直子理事をはじめとする主催NPO法人モーストの皆さまありがとうございました。今回参加した学生たちは、映画製作に関わる監督の多大なる努力や苦労を知り、またイランの文化について今まで以上に学び大変充実した1日となりました。

11211.jpg  22232.jpg

  • LINEで送る