人文学部 国際英語学科 ニュース

The first-year GSE students are getting settled into life at HJU, and also getting used to a program with classes taught in English.

国際英語学科GSEコースの1年生も広島女学院大学での生活になじみ始め、英語で学ぶ授業にも慣れてきたようです。

GSEdisccussion&presentation2.jpg

During their four years of study in GSE, the students will take classes with a wide variety of content, ranging from social and cultural themes to political and economic issues. In the GSE program, the students are very active in using their English in classes - planning projects, carrying out research, making presentations, and discussing issues. So, how do the GSE students get prepared for such active use of English in their classes?

4年間のGSEの学びの中で、学生は社会や文化、政治や経済に関するさまざまな問題に取り組みます。GSEでは学生は授業でとても積極的に英語を使用します。たとえばプロジェクトを立て、リサーチを行い、プレゼンテーションを発表し、議論を交わします。このように英語で活発に活動するために、GSEの学生はどんな準備をするのでしょう?

GSEdisccussion&presentation1.jpg

One of the ways is through the skills classes that GSE students take during their first year of study. One of those classes is Discussion & Presentation. The main aim of this class is to ensure that students develop the confidence to take part actively in discussions and have the ability to make smooth and coherent presentations.

GSEの1年生はまず英語の技術を向上させるための授業の一つである"Discussion & Presentation"を受講することで力をつけます。この授業の狙いは積極的にディスカッションを行う自信をつけ、スムーズで首尾一貫したプレゼンテーションを発表できる技能を身につけることです。

GSEdisccussion&presentation4.jpg

In Discussion & Presentation, students take part in weekly discussions. Our first theme is about education in which the students discuss the value of study abroad programs. During the course, the students improve their ability to give opinions and agree and disagree with their classmates. They also learn a lot about the world (and about their classmates, too). The atmosphere is very friendly, but the students also work hard.

この授業では学生は毎週ディスカッションを行います。最初のテーマである「教育」について、学生たちは海外留学の価値についてディスカッションを行いました。授業を通して、学生は自分を意見を述べ、クラスメイトの意見に対する賛成や反対を述べる英語力を向上させていきます。学生たちは世界について(そしてクラスメイトのことも)多くを学びます。授業の雰囲気はとても和やかですが、学生は熱心に勉強します。

GSEdisccussion&presentation3.jpg

Students make regular mini-presentations. Very quickly, they become better and better at making short and clear presentations. Each student is different. Each student has her own personality. So, each student makes presentations in her own unique way. However, all the students gain the confidence to make informative and interesting presentations on a variety of topics.

ミニ・プレゼンテーションを行うことで、学生はとても早いスピードで簡潔でわかりやすいプレゼンテーションを行うことができるようになっていきます。学生はそれぞれユニークで、それぞれの個性があります。そのため、それぞれの学生が自分なりのユニークな発表をします。しかし、どの学生もさまざまなトピックについて興味深いプレゼンテーションを行う自信を身につけるようになります。

It is amazing to see how GSE students become confident in discussing and presenting their ideas, both on and off campus, during their four years at HJU.

広島女学院大学の4年間の間にGSEの学生たちは、授業内でも授業外でも驚くほどディスカッションやプレゼンテーションが巧みになっていきます。

  • LINEで送る

4月19日(木)と20日(金)にグリーンピアせとうちで人文学部国際英語学科のオリエンテーションキャンプを実施しました。

オリエンテーションキャンプとは、オリキャンリーダーが1年間かけて作り上げた企画を通して、新入生に先生方、そして新入生同士の交流を深めてもらうものです。

2018internationalenglishorientationcamp1.jpg

外レクでは運動会のように積み上げた箱を落とさないように運んだり、玉入れをしたり、ダンスをリーダーと一緒に踊って、多くの人と交流を深めてもらいました。

2018internationalenglishorientationcamp2.jpg

2018internationalenglishorientationcamp3.jpg

内レクでは、世界遺産に関するクイズや讃美歌クイズ、ピンポン玉をスプーンなどでバランスよく運ぶレースなど、たくさんのミニゲームを行い、グループの結束を深めてもらいました。

2018internationalenglishorientationcamp4.jpg

先生レクでは、先生方の話を聞いて、クイズに挑戦し、先生方の事をより知ってもらう事ができました。

2018internationalenglishorientationcamp5.jpg

オリエンテーションキャンプに関することは全て、学生だけで考え、実施しています。これは広島女学院大学のオリキャンの特色とも言えます。
このオリエンテーションキャンプを通じて沢山の人と出会い、1年生も4年生もキャンプの後で大学で会うと楽しく話すことができます。
他学年との関わりが少ない大学生活で、素敵な先輩、後輩と出会えることは、本当に良い経験となります。

オリキャンリーダーとして「新入生に楽しんでもらう最高のオリキャンを作る」という同じ目標を持った仲間と活動できたことは、私たちにとってかけがえのない時間です。そして、当日「楽しかった!」と言っていただけることが、オリキャンリーダーをやって本当に良かったと思える瞬間です。
もちろん大変なこともあります。しかし、それ以上に得るものが多いこの活動は、私たちが大学生活で1番力を注いだことの一つだと胸を張って言えます。

2018internationalenglishorientationcamp7.jpg

オリキャンリーダー 曽我部友菜、内堀遥

  • LINEで送る

イギリスのマンチェスターで実施される国際教養学科の「海外英語教育インターンシップ」。(※2018年度開設される国際英語学科「海外研修Ⅱ」に引き継がれます。)

この研修では、1か月に渡りホームステイをしながら語学学校で英語を学び、現地の小・中学生に英語で日本語・日本文化を教える経験をします。

研修の様子を4回シリーズで紹介します。最終回は、小・中学校でのインターンシップのレポートです!

小・中学校でのインターンシップ

St Monica RC High Schoolにて

マンチェスター市内から北に位置する、St Monica RC High Schoolを3日間、訪問しました。

初日には、先生方の朝のミーティングに参加させていただきました。職員室には、先生方一人一人のデスクはなく、棚があるだけで、先生方が集まる談話室のような感じでした。

3日間とも授業観察をしました。国語や歴史、外国語の授業を見学しました。黒板ではなく、ホワイトボードで映像やスライドを用いて行う授業が一般的でした。どの授業にも、ペアワークやディスカッションが多いので、生徒たちは積極的でした。

St.Monica high school①.jpg

ワークショップの時間では、日本語を教えました。体を動かしながら日本語の挨拶を教えたり、日本の紹介をしながら簡単な表現を教えたりしました。

St.Monica high school②-r.jpg

St.Monica high school③.jpg

Navigation Primary Schoolにて

Navigation Primary Schoolという小学校を2日間訪問しました。元気の良いわんぱくな子どもたちがたくさんいました。

算数と国語の授業を見学しました。1クラスに複数の先生方が教えている授業もありました。

この学校では、日本語に加えて日本文化も教えました。福笑いや書道をしました。福笑いでは作った顔をまねし、書道では「日本」や「英国」など書いて、楽しく日本文化を体験していました。とても楽しんでくれたのですが、写真が撮影できなかったので、残念です。

Navigation primary school②.jpg

田中

この研修を終えて

事前に授業内で徹底した準備のおかげで無事研修を終えることができました!

このフィールドワークを通して、多くの異文化を直に経験しました。街に出かけるときやステイ先でのコミュニケーションなど、毎日が学びの時間でした。また、行動をする際には、自分自身で考えて判断しないといけないので、行動力を身につけることができたと思います。

現地の子どもたちに日本について教えることで、広島女学院大学での英語教育の学びをさらに頑張ろうとモチベーションが高まりました。

最後に、2人で力を合わせて、特に大きな問題もなく無事帰国できたことがなによりも嬉しいです。ありがとうございました。

中原 舞苗
田中 茉代

バックナンバー

研修③~エクスカーション~

  • LINEで送る